プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

マダイの昆布締めと塩締め

先日釣ったマダイは、豊富なエサを喰っているのか、とてもコンディションがよかった。



マタイを三枚におろすとき、わしはまず両方の腹(下)側の尾部分に切り込みを入れる。
このとき触れる身質により美味いヤツが分る。

それは、フレッシュな柑橘類をサクッと切る感触に似ており、かつ、包丁で軽やかな脂を感じる。



今回のマダイも美味いヤツだと感じた。





持ち帰ったその日、マダイのカルパッチョをリクエストされたので、ちゃちゃっと調理

つい4、5時間前に絞められた魚体は、身が活かってぶりんぶりん
ただし、まだマダイの旨みが十分に出ていない状態なので、カルパッチョで喰うのは、ある意味正解である。








マダイのカルパッチョ



カルパッチョ



















さて、ここからが本題

今回は、マダイの「締め」の話
「絞め」ではなくて、「締め」の話である。







まずは、昆布締めから


昆布締めとは、魚の身を昆布で包んで旨みを身に移すとともに身を締める手法であり、少々身が緩い魚や旨みの少ない魚でも美味く喰うことができる。

もともと味の良いマダイを昆布締めにすれば、その旨みは一層増す。




その手法は2種類

ひとつは、サクにした身を昆布に包む方法
もうひとつは、切り身を昆布で挟む方法

これらの方法を、喰うタイミングで使い分ければよい。






今回は後者



水でさっと湿らせた昆布を広げ、ぱらぱらっと塩を振る。



昆布締め










その上に削ぎ造り状に切った身を並べ、上から昆布を重ねて挟む込む。
軽く重しをして冷蔵庫で約30分








出来あがった昆布締めは、まず刺身で



マダイの昆布締め重ね造り



昆布締め重ね造り1













程よく身が締まり、透明感が増しているのが分る。



昆布締め重ね造り2














山葵醤油もいいが、是非スダチ塩で味わって欲しい。

モチっとした食感と、控えめに感じる昆布の旨みが最高である。








さらにこいつを握ってみた。



マダイの昆布締め握り



昆布締め握り1














美味い!!












昆布締め握り2









口に入れた瞬間に悶絶しそうになった。



口の中で、イノシン酸グルタミン酸が暴れまわっている。
その味を正確に説明することなぞできない。

喰わなければ決して分からない味わいである。













次は、塩締め


以前、マダイは熟成に向かないと書いたことがある。

その理由は、熟成させて旨みを出す以上に身の緩みが勝ってしまう。
また、旨みが出きるのが他の白身の魚に比べて早いような気がする。
なので、刺身にするなら釣った翌日がベストで、それ以上の熟成は止めた方がいいと思う。


以前、北新地にある某寿司処の大将にそんな話をしたところ、塩締めを教えてもらった。






美味い話は皆で分け合うべきなので、その方法を紹介したいと思う。






まず、三枚におろした身の腹骨を剝き



塩締め1












皮付きのまま、やや薄めの塩水に約20分漬ける。



塩締め2










その後、塩水から取り出したら水分を拭き取り、ラップなどをせずそのまま冷蔵庫で約1時間晒して水分を飛ばす



塩締め4












水分が飛んで、やや表面が乾いた状態になれば、キッチンペーパーに包んでラップして冷蔵庫で熟成に入る。



塩締め3












3日間寝かせたものがこれ



塩締め5












指で軽く押してみると、しっかりした弾力で押し返してくる。
身の緩みや崩れはまったく無く、しっかりと締まっているのが分る。

問題は、旨みである。







早速、刺身に切り分けてみる。






マダイの塩締め重ね造り



塩締め重ね造り











これは、まずスダチを絞っただけでいただいてみる。








むぅ・・・













薄造りにもしてみた。



マダイの塩締め薄造り



塩締め薄造り1









こちらは、ポン酢でいただく。








むぅ・・・












塩締め薄造り2













美味い!!














いまだかつて、これほど美味いマダイの刺身を喰ったことがない。

塩で締めることによって、見事に旨みが閉じ込められている。
シコっとした歯ごたえとともに、咽るような旨みが襲ってくる。








美味い!!













元々コンディションのいいマダイに、ダメ押しの旨み注入
美味いのは当たり前である。

わしはいつも、大体の味を想像しながら調理しているが、今回はいずれも想像を遥かに超えた驚きがあった。




ただただ幸せである。



















おしまい・・・









次は青物が喰いたいなぁ
そろそろ真面目にジギングをしようか(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

激闘! 第1回鯛ラバ王決定戦の参戦記

第1回大阪湾タイラバ祭りに参加してきた。





1497510816788.jpg










このイベントは、大阪湾で活動するジギング船長達の発案により、大阪湾の釣りを盛り上げようと開催されたもの

発案者の某船長は、当初「人集まるやろか・・・」と心配していたが、そんな不安も吹き飛ぶほどの盛況で、170名の定員に対し、300名弱の応募があったという。


ここでも鯛カブラ人気の高さがうかがえる。






幸いにもそんなアツいイベントに参加することができたので、自分の戦いなどはさておき、その模様をお伝えしたいと思う。

少し長くなるが、参加された方は楽しい一日を思い出しながら
参加されなかった方も、参加したつもりになってご覧いただきたい。





受付は、4時30分からなので、4時過ぎに集合場所である泉佐野の食品コンビナートに到着

そこには、すでに大勢の参加者たちが集まって、受付を待つ列を作っている。



1受付














イベントに参加するボートも次々と集結



2ボート集結















わしの応援のためにチームがきのメンバーも駆け付けてくれた。



4チームがき



















そうそう、駐車場係の方が知り合いに似てるなぁ~と思っていたら・・・




OT夫婦やんけ!?



3OT夫婦
(スタッフとして駆り出され、何と夜中の1時半に家を出てこられたらしい。暑い中、お疲れさまでした)















5時30分、伊丹 章さんのMCで開会式がスタート



5開会式1





6開会式2














イベントルールは、マダイ1匹の長寸を争う。
検量のリミットは40センチ

入賞は、一般が1位から10位
レディースが1位から3位




開会式が終わり、それぞれが割り当てられたボートに乗り込んでいく



7乗り込み












わしらに割れ当てられたのは、マダイを釣らせたら大阪湾一と名高いミタチ丸さん



8ミタチ1












操船する御立船長は、釣りに対してとても厳しいらしいが、マダイの釣果を争うのにこれほど心強い船長は居ないだろう。



9ミタチ2

















そして、いよいよ出港


西へ、南へ
各船長は、それぞれ思い思いの海域に舵を切る。



10出港
(晴天だが、恐ろしい男が駐車場係に居たので油断は禁物)












ミタチ丸の船長が選んだのは、友ヶ島から淡路島まわり



船中で船長は、しきりに「今日は祭りやで、祭り」イベント性を強調してくる。
コンセプトは祭りなので、勝ち負けなぞ二の次だと言いたいのだろう。



わしは、アウェイの海域なので予防線を張ってやがるなと解釈

「ほんまに大丈夫かいな」と聞くと、「鯛の反応見つけて喰わしたらええんやろ!」と自信満々



よし、その心意気に任せよう。










ポイントは友ヶ島と洲本をのぞむ、水深50メートル前後

潮はそれほど効いておらず、あまりいい状況とはいい難い





それでも、開始早々にうっちゃんが掛けた



11うっちゃん













すかさず名手K野ちゃんも続く



12K野ちゃん














朝イチの時合いなのか、周りの船でもタモが出ている。








なかみっちゃん



13_20170724153924007.jpg















ぶちも続く



14_20170724153925de8.jpg














やや猫背で高い位置でロッド構える、特徴あるスタイルでおっちゃんも掛ける。



15_2017072415392781e.jpg















だーつーもやや小振りだが無事にキャッチ



16_201707241539281a2.jpg














バラし続きと苦戦していたAN会長もリミットメイク?



17_20170724153930078.jpg





















ん?

わしの釣果!?



その実力は23日に明らかになるので、是非わしの釣果と成績に注目いただきたい。
そうなれば、メーカーからがきカブラの製品化のオファーが来るかもしれないので、断る理由を考えなければならない。





もちろん食べごろサイズをサクッと確保している。



18_20170724153931505.jpg
















全員安打を達成するも、大型は出ず。

そうするうちに、「ナナマルが出た!?」とかと他船の状況も断片的に伝わってくる。
それでもミタチ丸では、他船の状況など気にせずに、黙々とマダイのアタリを捕え、黙々と数を重ねる。








そして、13時過ぎにストップフィッシング
14時の帰港に間に合わせなければならない。




帰港すれば、検量のリミットが50センチに上げられていた。

残念ながら、メンバーの最大が49センチで、検量に持ち込むことができなかった。





成績発表の前に、各メーカーさんからの豪華かつ多数の協賛品を分けあう大抽選会
ロッドやクーラーをはじめ、工夫された多様な景品を目指して皆でわいわいと盛り上がる。



19_201707241539333e1.jpg
















ぶちはしぶとくクーラーを仕留めよった。



20.jpg
















わしも気合を入れて臨んだが、びみょ~な景品に苦笑い



21.jpg

















その後、成績発表と表彰式







レディースの部 1位から3位の入賞者



22.jpg















一般の部 1位から5位の入賞者




23.jpg















最後に、このイベントのお世話いただいた、シーパラダイス伊賀船長からご挨拶いただき、イベントがお開き



24.jpg

















残念ながら、入賞には絡めなかったが、他船ではボウズの者も多数あったと聞く


一方、我らミタチ丸では、トップ7枚全員安打



25.jpg




















「だから祭りやって言うたやん、祭りやからみんな釣らなアカんやん」


サイズは選んで釣ることはできない。
しかし、数は腕も作用するだろう。




「数釣りやったら、ミタチの勝ちやなぁ~」

ダミ声の船長は、満足げな高笑いと共に加古川の海に帰って行った。











一見ビッグマウスに聞こえるが、確実にマダイを釣らせる御立船長の凄味に、思わず背筋が寒くなった。





















おしまい・・・









やっぱりイベントは楽しい。
いつもお世話になる船長
交流いただくチーム
お付き合いいただく方々
秋にはタチウオを狙って集まるという。
是非またお会いしたい(^^v

26.jpg

   
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



















鯛カブラに対するわしのこだわり

鯛カブラの話をしよう。


わしが初めて鯛カブラをしたのは30歳の頃、今から8~9年前になる。



当時は鯛カブラとはいわず、フラフラタイラバーなどと呼ばれていた。

タックルも今ほど充実しておらず、最初はジギングタックルを流用していた。
当然マダイなど釣れず、鯛カブラをすると聞いて嫌々やっていたのを思い出す。
なのでおもろいとも思えず、決して積極的にやりたい釣りではなかった。



鯛カブラがおもろいと思ったのは、それから暫くしてから。

鯛カブラ好きのアングラーと知り合い、よく釣れるからと誘われて香川県まで出かけてたのがきっかけ
いろいろと教えていただき、そのとおりにすればアタリが続いてそこそこ数も上げることができた。

また、アタリが出ても乗らなかったり、乗ったと思ってもバレたりと、鯛カブラならではのドキドキ感と、タモに入った瞬間の安堵感達成感の虜になった。


それから香川県や岡山県に通い、鯛カブラにのめり込むとともにスキルも徐々に高まった。




その頃から鯛カブラを自作するようになった。

わざわざ自作する理由は、既製品に比べて圧倒的に安価なのと、既製品に気に入ったものがないため


鉛のヘッドにスプレーで好みの色を塗り、ウレタンでコーティング
ネクタイは、ウレタンシートをカッティング
当時は専用パーツなど無かったので、接着剤を使ったり、セキ糸で結んだりと組み立てるのに苦労した。

また、大量に作り、気に入らなくてすべて作り直したりもした。

それでも、カラーやサイズを自由にカタマイズするのはとても楽しかった。



そうして出来上がったのが初代がきカブラ
半固定式Ver.Ⅰである。



当時は固定式か半誘動式がメインなので、遊動式は自作するしかなかった。

スイベルにネクタイ、スカートを付けて遊動式としたものがVer.Ⅱ





今や鯛カブラが大人気の釣りなのはご承知のとおり

各メーカーからは様々なもが販売されているとともに、ネクタイ、スカート、フックセット、ヘッドなどのパーツも充実
それらを自由に組み合わせれば簡単にオリジナルの鯛カブラを作ることができる。


しかし、それは自作ではなく組み立てただけ

別に組み立てを否定するつもりはないが、あくまでわしは自作にこだわりたい。
今や自作のアドバンテージは少ないが、それでもいろいろ試すのは楽しい。



パーツ















そして、がきカブラは完全遊動式Ver.Ⅲに進化を遂げた。



自作カブラ1












なぜ自作にこだわるのかと問われれば・・・

その答えは、釣れるから。
何よりも、市販品より釣れれば気分がいい




本当に釣れるのか・・・

その実力は23日に明らかになるので、是非わしの釣果と成績に注目いただきたい。
そうなれば、メーカーからがきカブラの製品化のオファーが来るかもしれないので、断る理由を考えなければならない。





















おしまい・・・












先日折れたイカメタルロッドのティップの修理が完了

ティップ修理

折れた部分を詰めてトップガイドを付けようかと思ったが、そうなればロッドが嫌になるのは明らか
気分よく使いたいので、修理することにした。
しかし、免責とはいえ8,660円也
あ~痛たたたたた・・・(><)
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

















海の日は明石の海で

海の日は、やっぱり海で過ごしたい。



ここで、最近のわしの釣果を振り返ってみると

マイカ・・・ しょぼ~い
マダコ・・・ しょぼ~い
中深海~根魚・・・ びみょ~
鯛カブラ・・・ びみょ~

と、どうもすっきりしない。


せっかくの海の日は、スカッとした釣りがしたい。


よし、ここはあの男に託してみよう。




と、うっちゃんと出かけたのは、あの男が操船するミタチ丸



IMG_0001_20170718160831a60.jpg








IMG_0010_20170718160839625.jpg












「今日は、タコ、鯛、ジギングの3本立てやで」と、あの男はこの日も威勢がいい。





よし、任せた。








まずはマダコ狙いから。

前回は、2桁釣るのに一苦労だったが、最近は状況が好転しているようで期待できそう。





水深10メートル

いきなりわしのタコエギが火を噴いた。

エギを放り込んで、シェイクシェイクでグン

初タコエギで、要領が分からず首をかしげるうっちゃんに見せつけるようにグングン



IMG_0004_20170718160833ecb.jpg












最初は戸惑っていうっちゃんも、コツを掴んでグン



IMG_0006_201707181608348fd.jpg











グングングンとその後しばらく入れノリを楽しんで



e72b3a52.jpg













潮を残したまま船団から離れて次の海域








~中略~










そして、いよいよ本命鯛カブラ

このときを待っていた。


実は、来週の鯛カブラ大会に備え、試しておきたいことがあった。



まずはニューロッドの感触





鯛カブラなぞ、ただ単に巻くだけだと思いがちだが、使うロッドの調子と、カブラの重さ、ネクタイの長さ、巻きのスピード、アタリの出方から乗せるまでの感覚などの相性を測ることが重要になる。
これらを知ったうえで戦略を立てなければ勝負はできない。
(ただ単に、早くニューロッドが使いたいだけの話)







もうひとつは、ニューカラーのネクタイのテスト



1500336188061.jpg










一般的に、日照角の大きい夏は、シルエットが締まる暗色系が好まれるが、あえて反対の考えを試してみる。
ベイトの小魚に付いて中層に浮くこの時期は、膨張色で大きく見せ、早巻きで魚の食い気を刺激してはどうだろうという試みである。


さて、正解如何









前半は、潮が落ち着かずに沈黙



うっちゃんが食べごろサイズを連続で釣るが、全体的に活性が上がらない。



IMG_0007_20170718160836bfe.jpg











わしのカブラには触りにも来ない。




ヤバい・・・


このままではダミ声「がきさん、ミタチにタコ釣りに来たんすか」とおちょくられてしまう。

ダミ声が言うには、反応は上々なので、上潮と底潮が合うタイミングで喰うという。




しかし、まったくアタリが出ないニューカラーファーム行きを告げようと思ったその時
タイミングを計ったかのように、ゴゴゴンと心地よいアタリ


しなやかなロッドを絞り、ドラグジジジと鳴らす。






楽しい~



1500266572015.jpg















マダイはトルクのある引きを見せ、またドラグジジジと鳴る。




横でタモを構えたダミ声「ふにゃ○ンドラグやなぁ~」と悪態つくも、水面に浮いたのはナイスサイズ



IMG_0008_20170718160837936.jpg











それはふにゃ〇ンではなく、大会なら入賞に絡みそうな良型












その後もアタリが続き、結局船中トップ

一度はファーム落ちを覚悟したニューカラーだが、この日の活躍で堂々の1軍入りが決定した。




マダコもトップで2冠を達成である。




帰りの船中では「タコ、タイ、青物の3本立てはミタチだけやで!」ダミ声は上機嫌



3本立て?




「それはそうと、がきさんジギングしとったっけ?」









8745207b-s.jpg







12377cd5.jpg








IMG_0012_20170718160840b60.jpg














いや、わしはジギングなんかやってない。



IMG_0013_20170718160842c80.jpg
























おしまい・・・






新しいGACHITシャツもいい感じ
そうそう、GACHIウェアを注文いただいた方々には先日発送したが、無事にお届けできたのだろうか(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



















刺身包丁鏡面化計画

わしの愛用の刺身包丁は、確かわしが高校生の頃、つまり今から15年ぐらい前に父親が買ってきたものである。



知り合いの伝手により打ってもらったと聞いている。




手入れ前1













うちのも入れられている。



銘入り











当時は、買ってきた刺身のサクを切り分けるぐらいしか使い道はなかったので、一時は手入れが悪くて錆だらけになったこともあったが、今はわしが大切に使っている。





しかし最近、新しい包丁が欲しくて仕方がない。


先日行った、寿司処黒杉の大将が使っていたものは、特注で○十万円の業物(100万円に近い方)
「要るんやったら言うてくださいね」と言うが、とてもわしが手を出せるものではない。



それでも、道具屋筋の刃物屋でケースに陳列されたピカピカの刺身包丁を前に、涎を垂らさんばかりの顔で眺めている。

値段はピンキリだが、せっかく買うのなら、まぁまぁいいのが欲しい。
なので、機が熟すまでもうしばらく我慢することにする。




包丁についていろいろと調べていて、何度か鏡面という表現を目にした。
文字通り、表面を鏡のようにピカピカに磨き上げることであり、見た目が非常にかっこいい

これなら自分の包丁に一層愛着がわきそうである。



やってみるか・・・






こうしてわしの愛用する刺身包丁の鏡面化計画がスタートした。





手順はいろいろあるが、要は表面の研磨を繰り返せばいい。








手元にあるものを総動員し、足らないものは買い足して必要な準備を調える。



総動員







耐水ペーパー類







研磨剤系







仕上げ系













まずは、「研」の作業
表面を研いで下地を作るところから始める。



一時期手入れを怠ったこともあり、結構深い錆でシミのようになっている。
また、錆を落とすために荒い金属やすりを使ったため、削り傷も付いている。



手入れ前2













まずは、粗砥でこれらを落とさなければならない。

その後、耐水紙やすりの#600#1000#2000と番手を順に細かくしながら徐々に表面を研いでいく。



下地作り











この段階でも見違えるぐらいに輝きを出すことができた。



下地2







下地2







下地1














ここから「磨」の作業


研磨剤の登場である。
まずは金属磨きの王様ピカール



ピカール納入













これを薄く延ばし、力を込めて磨いていく。



ピカール2










ついでにプラスチッククリーナーも掛けてやる。



そして、今度は#4000#8000の高精度研磨フィルムでさらに磨きを掛けて



仕上げ系4000







仕上げ8000








仕上げ8000②










最終的に高分子クロスで仕上げでいく。



クロス仕上げ














こうしてわしの愛用包丁は、見事鏡面化を果たした。



完了1








完了2








と書けば簡単みたいだが、実はこれらの工程を行ったり来たり。

仕上げたつもりが靄や霞のような傷やシミが取れず、また一からやり直し、そろそろ仕上と見返すも、どうも気に入らずにやり直したりと何度も同じことを繰り返した。









そうしてようやく完成



写り








しかし、これらの作業は一向に苦にならず、ハイボールを飲みながらのんびり楽しむことができた。










実は、この話には続きがある。


せっかくなのでもカタマイズしようと、「黄金檀大理石巻き水牛輪八角柄」なるものも用意していたのだが



柄













残念ながら、柄の穴に対して「なかご」と呼ばれる刃の根元部分が細くて小さすぎて、ハメてもズボズボの太平洋に・・・状態だったというオチ



なかご錆び












・・・




高価な柄だが、怒られるのでこれは無かったことにしなければならない。
















おしまい・・・










先日クール宅急便で荷物が届いた。
何かと見れば、551蓬莱の豚まん


IMG_0017_20170716162219bd1.jpg

これは嬉しいお届け物だが、誰からだろうと差出人を見ると・・・
わしやんけ!?
そうである、通販で長野県の友人にお中元を贈ったつもりが、宛先を誤って自分に贈ってしまった。


IMG_0019_20170716162221dcd.jpg

 あ~美味かった(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















≪前のページ≪   1ページ/163ページ   ≫次のページ≫