美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

絶対に外すことができない釣り 

チビーズ2号に何が喰いたいかを尋ねたら、「魚がいい」という。今まで散々美味い魚を喰わせてきたが、やっぱり魚がいいと言われれば心の底から嬉しくなる。よし、美味い魚を釣りに行こう。お世話になったのはケイズさんスローで何でも狙いである。この漢にすべてを託す。風よし、潮よし、水温よし、ベイトよし だった。が・・・腕なしの釣果なしで終わってしまった。仕方がない。こんな日もあるだろう。しかし、貧果でもそれなり...
Read More

条件付きで美味いヤツ 

工作員が所属先からミッションを携えて帰ってきた。「これ食べてみてって」といいながらカバンから取り出したのは、握り拳ほどの大きさの白っぽい塊一見してラップに包まれた魚の身だと分かる。「5切れまでやったらいけるらしいで」という言葉により無意識に括約筋が緊張した。工作員は参加していないが、先日所属先で中深海ジギング研修会があったことを思い出した。ジグの重さが600グラム~800グラムのジグでキンメを狙うと聞い...
Read More

ええサイズのアオリの美味い喰い方 

わしはイカが大好きである。釣るのはもちろん、何より喰うのが大好きなのである。アオリ、ケンサキ、ヤリ、スルメ、ガメラ・・・どのイカも、それぞれ食感があり、それぞれの旨みがあり、それぞれに合う料理法がある。どのイカも市場に流通しているが、美味いイカが喰いたければやっぱり釣るのが一番である。先日釣ったアオリイカは1.6キロのええサイズもともとアオリイカは、ケンサキなどと違ってコリコリとした歯ごたえよりは...
Read More

串本沖にええサイズのレッド現る! 

前々から計画していた南紀の赤系アオリイカ、いわゆるレッドモンスター狙いだが、今年は黒潮大蛇行による低水温が続き、船長からもまだ来るなという忠告を受けていた。そんな中、気温の上昇とともに徐々に水温も上がり、釣果も上向きとなってきた。いよいよGO!である。同行するのは、ティップランメンバーでおなじみの修二とオーノ修二と彰なら青春アミーゴだが、コイツらは青春過ぎたエギンガーである。お世話になるのは、串本...
Read More

さぁ、キンメだらけやでぇ! 

そんなところから覗いてないで、中入ってきなさぁ、さ、ここにお座りおっと、見渡したってお品書きなんぞ無いぜ何せうちは、入った魚に合わせた料理を出すんだぜぇその魚をどう喰うのが一番美味いのかを知ってるのさだから、いい魚が入らなかったり、オイラの気分が乗らない時は店は開けないんだ。飲み物はビールでいいかい?飲み物も、料理に合うものをどんどん出すから、頃合いでストップって言ってくんなじゃないと、立てなくな...
Read More