プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

遂に解禁? 明石沖の船アオリ

わしの休日は、またもや台風に襲われて釣行中止
次の休日も、追い打ちを掛けるように所用が生じて職場に行かなければならない。

9月中の4回の釣行予定がことごとく中止になり、わしのフラストレーションは溜まる一方である。


そんな中、明石の遊漁船愁輝丸船長のアッキンから、「アオリよく釣れと~で~」という連絡をいただいた。

夜なら行ける。



出船時間は19時だが、早めに家を出てちょっと寄り道
目的は、今年は多いと言われるショアアオリの調査


別に釣れなくてもいいが、久しぶりに真っ黒になったアオリがエギを追う姿を見たいと思い、丘っぱりで1時間ほどロッドを振ってみた。


海はまだ台風の影響があるのか、やや濁りぎみ

しかし、それほど潮も早くなく、風も無いので釣りになりそうである。

あまり遠投せずに足元のかけ上がり中心に探ってみると、予想通り飛び出してきた。




コロッケサイズだが、久しぶりのショアアオりも楽しい。



ショアアオり















さて、本題に入ろう。



台風が過ぎ去った後、涼しくなってめっきり秋めいた。
彼岸も過ぎて日も短くなり、出船する頃にはすっかり暗い。




わしともう一人のお客さんを乗せて、明石港を出港



夜景












ポイント到着時には、まだ2ノット以上の潮が流れている。

他の船は、潮が速いためかやや岸よりを流すが、「沖の方が型がいい」アッキンは水深20メートルラインから流していく。




船アオリのエギ仕掛けは、主に中オモリ胴突きの2種類
どちらがいいとはいいきれず、お好みと状況で使い分ければいい。


わしは胴突きを好んで使っている。


エギは、明石ド定番のダートマックス3.5号




カラーは、人気のパープルを中心に適当にローテーションすればいい。

底をとればエダス分だけ巻き上げて、常に底ぎりぎりにエギが漂うようにする。
潮が速いと勝手にエギが泳ぐので、それ程しゃくりを入れる必要はないが、時おり聞きアワセを兼ねてゆっくりと誘い上げてやればいい。

そのアタリは明快で、ティップがグンと引き込まれる。

後は独特のトルクフルな引きを楽しみながら、墨の噴射に気をつけて取り込めば一丁上がり



アオリ







この日も釣り始めから早々に、活発にアタリがでる。

事前に聞いていたとおり、今年はアオリが多そう。
サイズも「がきさんサイズ」とまではいかないが、秋アオリとしては十分



アオリ2








ひととおり胴突きで釣り、また少し潮が緩んできたため、ここでティップランのタックルにチェンジ

ティップランは、本来ドテラ流しで威力を発揮するもので、浅場で船を立てる場合には不向きだと思われがちだが、昨年試しにやってみたら、意外とアタリが多かった。




ポイントの水深は10メートル少々と浅い
なので通常のティップランとは違い、巻かずに底付近をパンパンパンとしゃくってステイ
そのまま底付近をトレースしていると、グンとアタリが出る。





楽しい



ティップラン











これが正しい秋の夜の過ごし方なのである。

秋風に吹かれながら、のんびり釣るのはいいものである。




ちょっと明石まで友人に会いに行こう。
話をしながら、ついでに竿でも出そう。

愁輝丸とは、何やらそんな気持ちにさせてくれる船なのである。



まだまだ人気船とはいかないが、むしろそんな雰囲気が心地よい。
アッキンは、いつも楽しいプランを用意して迎えてくれるので、ブラリと足を運ばれては如何かな。

もしお一人で行かれるなら、是非ともに釣り座を構えることをお勧めする。






ええサイズ釣れてまっせ~



釣果



















さて、お決まりの儀式



ビール








イカ刺し2









イカ刺し3















0時50分   おやすみなさい・・・










エギングロッド持って丘っぱりを探索中、このブログをご覧の方から声を掛けられた。
その方も、船アオリに行かれるらしい。
是非頑張って釣りましょうとお互いの健闘を誓い合った。
ちなみに、「チームGACHIの方ですね」というので「何で分ったんですか?」と返したら、「GACHIのTシャツ着たはるから・・・」という回答
何ともマヌケな会話・・・
人から声を掛けられ慣れず、また極度の人見知りのわしなので、ついついテンパってしてしまった。
「案外イケてないヤツ」と思われてはいけないので、次回はもっと洗練された会話をしたいと思う。
本当は、ちょっとイカ臭くてイカしたヤツなのである(^^v
   ↓


にほんブログ村









スポンサーサイト

てこね寿司は思い出メシ

伊勢志摩方面にてこね寿司という郷土料理がある。


それは、元々カツオ漁師が船上で手っ取り早く食事をするために、獲ったカツオをぶつ切りにして醤油と飯に混ぜ合わせ、手でこねて喰ったのが発祥だといわれている。


今ではカツオやマグロなどの刺身を醤油タレに漬け込んだものを酢飯にあわせ、薬味に大葉やのりなどを散らした寿司として定着している。




わしがこの料理をはじめて喰ったのは、今から30年ぐらい前のちょうど5歳になったばかりのころ


当時サーファーだったわしは、波があろうが無かろうが、休みともなればせっせと三重県の国府の浜というところに通っていた。

日の出前のまだ薄暗い時間から海に入り、途中昼寝しながら、日が沈むまで浜で過ごした。
なので、帰路に就くころには腹ペコ
大抵は、峠沿いにある食堂で、うどんや定食で腹を満たしていたのだが、たまには贅沢しようと鵜方駅前にある寿司屋に入った。

そこで喰ったのが、てこね寿司

これが抜群に美味かった。


醤油ダレに漬け込まれたカツオの切り身は、表面がキュッと締まって艶々と輝いている。
それを寿司飯とともに口の中にかき込む。
限界まで腹が減ってるので、チマチマと上品に喰わなくてもいいのがありがたい。

当時は飯なんて、腹が満たせれば何でもいいと思っていた。
安けりゃ味なんか二の次だと思っていた。
しかし、そんな中でもてこね寿司の味は別格だった。
また喰いたいと思える味であった。










さて、先日エビングで釣った貴重なビンタ

どうして喰うかは、既に決めている。






田辺沖ビンタのてこね寿司



IMG_0018_2016091920374583d.jpg













やや薄めの切り身にするので、醤油ダレには10分程度漬けるだけで十分
あまり長く漬けると色合いが悪くなる。

それを、寿司飯の上に並べるだけでは、ただのヅケ丼




だから、見栄えは悪いがこうするのが正解



IMG_0020_20160919203746cc3.jpg













大盛りの寿司飯に、たっぷりのヅケビンタ



IMG_0022_201609192037494bd.jpg

















これを豪快に、がさがさがさっと口の中にかき込む。












美味い!!











目を閉じて、昔に喰ったてこね寿司の味を思い出すと、同時にいろいろな出来事が蘇ってくる。

てこね寿司は、わしの大切な思い出メシなのである。






















おしまい・・・










土曜日に、自宅からまぁまぁ近い鶴見緑地を通りかかったところ、何やらイベントが開催されているのを見つけた。
せっかくなので、少し覗いてみると、ジギングフェスティバルなるもので、多くのメーカーが出展されていた。


DSC_0569.jpg

DSC_0570.jpg

多くのジガー達が思い思いのブースの前で足を停め、スタッフからの説明に聞き入ったり、楽しそうに談笑されていた。
しかし、極度の人見知りでシャイなわしは、賑やかな雰囲気が苦手なので、ささっと一回りし、誰にも見つからないように会場を後にした。


IMG_0002_20160919203750add.jpg

さて、明日予定していたタチウオジギングは台風の襲撃により中止
それどころか職場から呼び出しがあるかもしれない(T_T)
   ↓


にほんブログ村


びよよよよ~ん 田辺沖のエビング

今や勤務体系が違い、ほとんど一緒に釣行できなくなった同僚の中みっちゃんと、久しぶりに休みが合った。


どこか行こう!

すると、何を思ったか、前回の丹後マイカ釣行丸ボウズを喰らった副ちゃんも、「ボ、ボクもイク」と参加を表明





どこにいこうか



紀北や明石も賑やかだが、レンタルタックルを主な武器として戦う副ちゃんにとって、多くのタックルが必要となる海域は厳しい。





そこで、わしからの提案

実は今年は4年ぶりに、田辺沖に浮かぶ波浪ブイ周りのエビングが好調だという。
先日の大型台風により大型のカツオの姿は減ったが、ビンタ(キハダマグロの幼魚)が連日姿を見せている。


エビングなら、ワンタックルで、ジグなどもそれほど多く準備しなくてもいい。
何よりも、ビンタならボウズの心配もない(と思う。)



よし、エビングに行こう。







ここで、エビングについてご存知無い方のために少し説明を



「エビング」だからといって、何も海老を釣るものではない。
名前の由来は、オキアミに付いた魚をオキアミに模したワームを使って釣るからだと思う。
何でもかんでもINGを付けようとする、釣り業界らしいネーミングだが、今やその呼び名と釣法は広く浸透している。

仕掛けは、リーダーの先にジグを付けたストレート天秤を結び、60lbのエダスを約2ヒロとって、
エダスの先に、ヒラマサ針13号を結んで専用ワームをチョンがけにしたら完成


とてもシンプルな道具立てなのがいい。


これをジギングのようにワンピッチでしゃくるだけ
4年前のエビングでは、要領を分からぬままバンバン釣り上げた。







今回お世話になったのは、波浪ブイまで最短距離の田辺市から出船するジャンボさん



IMG_0024_20160917093637a39.jpg












まだ暗い午前4時半に、8人のエビンガーを乗せて出港



IMG_0001_201609170935577d0.jpg













ベタ凪の海を走ること1時間弱
ポイントに到着するころには、空も明るくなっている。




これが、波浪ブイ
(正確には、白浜沖約17キロメートルの位置に設置された和歌山南西沖GPS波浪計)



IMG_0004_2016091709355800d.jpg












ここはパヤオのように、水深200メートルに設置されたブイの周りに小魚が集まり、それを捕食するために回遊魚が集まるというもの
ターゲットは、カツオに小型のマグロ類
これらを狙う釣り船が、撒き餌として連日大量のオキアミを撒くため、ジグなどのルアーには反応しなくなる。

だからエビングの出番となるわけである。




最近の状況を聞くと、ビンタ中心によく釣れているが大型のサメも多く、魚を掛けてもほとんどサメの餌食となるらしい。
もともとバラシの多い釣りなので、キャッチ率が非常に悪いという。


まぁ魚の活性が高いのはいいことである。





それ程潮も早くないため、わしは160グラムのジグをセット
事前にワームは多数準備でより取り見取り



IMG_00061.jpg









やはりここは、鉄板のピンク系から様子を見ようかとパッケージを破ったところで船長からダメ出し

聞けば、色付きは喰わないという。
クリアケイムラがいいという。

まずこの時点でアウト
準備したワームは、オキアミに似せたピンク~オレンジがメイン


しかも、ワームのサイズは1インチ以下と、ここでもダメ出し





気を取り直し、写真右上のネオンピンクのDRスティックのクリアなテール部分をカットし、ハサミで全体的にボリュームを落として使用することにした。








タナは、水深20~40メートルの間
仕掛けを50メートルほど落として10メートルぐらいまで巻き上げてくる。


巻き方は、しゃくり幅を抑えたややハイピッチ
フォールはほとんど喰わないらしく、イメージとしては電動で巻き続けながらしゃくりを入れるという感じ




すると、さっそくわしにがツンとヒット
しかし、すぐにバレ



活性が高いのか、いい群れなのか、船中ボツボツとアタるもバラしが多い。






それでもビンタが顔を見せて活気付く。



IMG_0013_20160917100832e29.jpg











前回ボウズ副ちゃんも、見よう見まねでしゃくっている。





喰った!!



IMG_0015_20160917093617dab.jpg








IMG_0016_20160917093618400.jpg











が、残念ながらバラし


でも、最初はぎこちなかったしゃくりも、徐々にそれなりになってきた。







すると・・・




喰った!!



IMG_0015_20160917093617dab.jpg








IMG_0016_20160917093618400.jpg










が、これも残念ながらバラし




前回ボウズの副ちゃんは、何とか魚の顔が見たいところ

しかし、わし的にはブログの構成上「今回もボウズ」の方がおもろいのだが・・・





中々魚が釣れず、前回ボウズ副ちゃんの口数がだんだん減ってくる。

「頑張れよ! 集中力を切らすなよ!」と、わしは半笑いで激を飛ばす。








すると



前回ボウズ副ちゃんに久しぶりのアタリ



IMG_0015_20160917093617dab.jpg








IMG_0016_20160917093618400.jpg










ここまでは何度か見ているが










前回ボウズ副ちゃんも、今度は見事に釣り上げて満面の笑み



IMG_0017_20160917093620055.jpg





















それはそうと、乗船時からずっと気になっていることがある。






何か居るのである。








IMG_0009_20160917105448be6.jpg













しかも、そいつはわーわーとうるさい



IMG_0019_2016091709363347b.jpg














その後ろ姿をどっかで見たことがあるなと思ってたら・・・



IMG_0011_20160917093614811.jpg














な、なんや、ひとみオババ姐さんやん!





実は前に、「がきちゃん、どっか釣りいこうよ~」という話をしていて、この日のエビング釣行を伝えていた。
しかしこの日は都合が合わず、同行がお流れになったのだが、何となく妙な気配を感じていた。

聞けば、急きょ釣友を募って同行し、わしを驚かせてやろうという魂胆だったという。





前夜、うなされた夢が正夢となった。



1474006528307.jpg











餌食となって急遽呼び出されたのは、手下?のつーちゃん

聞けば、以前わしがブログで姐さんの居酒屋を紹介したとき、そのブログを見て来店したのだという。
それ以来、姐さんにとっ捕まったらしい。
ジギングが大好きで、旺盛なボランティア精神をお持ちのつーちゃんとは、是非わしも今後お付き合いさせていただきたい。








さて話を戻そう。


状況は、非常に厳しい。
モーニングタイムには一瞬潮が動き、魚も口を使ったのだが、その後は潮が止まってサッパリ


ぽつん、ぽつんと思い出したように喰うものの、相変わらずバラシが多くで数が伸びない。
しゃくり幅、スピードといろいろ変えて試すのだが手も足も出ない。






そうして、状況が好転しないまま10時に終了







厳しかった。




8人でたったこれだけ



IMG_0021_20160917093634c0b.jpg










結局竿頭は8本




初エビングの中みっちゃんは、健闘して5本



IMG_0022_20160917093636b65.jpg







「あ~、結局ビンタ1本3000円や」とうるさいオババ姐さんは4本



147400400074776365177_IMG_0098.jpg
(つーちゃんは、「あんたは1本12000円やなぁ!」と言われて苦笑い)










もうブイ周りのエビングは終わりかと思ったが、魚はまだまだいっぱい居るらしい。
潮次第であだまだ狙えるらしい。






田辺沖のエビングは、近場ながら、南国パヤオのような雰囲気を感じながらの釣り。
機会があれば、また訪れたい。




















おしまい・・・











さて、お楽しみのモチビンタ
釣り上げればナイフを使わず、船べりでゴチン
血抜きもせずにそのままクーラーにイン
そうすることにより、幼魚も美味く喰いえるという。
帰宅後早速刺身にしてみた。


IMG_0001_20160917093650f66.jpg

う~ん、見るからにもっちもち!

IMG_0008_201609170936525ef.jpg


合わせるのは、生姜醤油とニンニク醤油

IMG_0013_20160917093655728.jpg

IMG_0015_20160917093656d8b.jpg

どちらも美味い!
その肉質はモチモチでねっとり
旨みこそ少ないが、この魚は口当たりで味わうものである(^^v
   ↓


にほんブログ村










トッププラグ用のシングルフック作成

キャスティングでは、とにかく魚がよくバレる。

ジギングでは、ちゃんと掛かってっからバレるのは、フックのせいだという。
まぁ、掛かりどころにもより、一概には言えないだだろうが理解できる。



プラグを用いたキャスティングでバレるのもフックの要因は大きいと思う。

ただ、キャスティングで使用するはほとんどがトレブルで、フック選びはジギングほど選択肢が無い。
なので、バレはフックの良し悪しよりは、そもそもトレブルの構造的なものなので、ある程度は仕方がないのかもしれない。



トッププラグのシングルフックについては、かなり以前から試されている。
しかし、そのメリット、デメリットがよく分からず、またどのようにセットすべきかが分からないまま、トレブルを使っているというのが一般的だろう。


シングルフックの特徴としてよく聞くのが、「トレブルに比べて乗らないが、乗ればいい所に掛かってバレにくい」

それは、何となく理解できる。


流行りモン好きのわしは、当然それに喰い付いてフックを買うには買ったが、イマイチ信頼できず、無難トレブルを使っているというのが現状である。







そんな中、先日の玄界灘夏マサ釣行では、本場に乗り込んで、フックのセッティングについて船長や地元のエキスパートからいろいろと教えてもらうのも目的のひとつ

船に乗って積まれたロッドを見れば、予想どおりプラグにはシングルフックが付けられていた。
それらをひととおり観察したうえで、船長にいくつかの疑問をぶつけてみた。




「やっぱりシングルフックがいいんですか」

「それは、●×%◆#やから絶対にシングルがいい。今やトレブルでヒラマサやるなんてあり得ない」





「フックは、単体か、抱き合わせのダブルのどっちがいいんですか」

「それは、▽&□◎Ωやから抱き合わせがいいが、まだまだ検証の余地がある」





「シングルフックは、直付けと、アシストラインを介するのとどっちがいいんですか」

「それは、&■△∞$やからおのずと答えは出る」





「結局この形がベストなんですか」

「◎δ●#×・・・・・」
(船長のロッドに付いてたプラグとフックについて尋ねると、某社に頼まれてテストしているといい、ここには書けないテストにまつわる裏話も聞くことができた)








このプラグは、つい最近こんな形で製品化された。



14224841_604812423026724_5211317245116751263_n.jpg
















そうそう、わしはまた休みを台風に襲われた。
何とか釣行できないかと悪あがきをしてみたが、残念ながらすべてキャンセル


ぽっかりと時間ができたので、トッププラグ用のシングルフックを作ってみることにした。







まず、既製のフックを買ってきて、その構造、重さ、バランスなどを観察



IMG_0006_2016090818264670c.jpg















今回作るのは、これをベースに抱き合わせダブルと単体の2種類



ほとんどのメーカーは、主にそのプラグのフックバランスをカルティバのST-66で表しているのはご承知のとおり。

オフショアでのキャスティングで使用するサイズは、ST‐66の2/03/04/0ぐらい

フック単体の重さは、それぞれ約5グラム7グラム9グラム
なので、その重さを目安にフックを作ってみた。



IMG_0004_20160908182645130.jpg










フックは、バンフックのブルーバックスショット5/0と4/0に、ブリッジのオートセットフック#26
アシストラインにシャウトのブルーアシストPEの200Lb







それらを組み合わせ、こんな感じで完成



IMG_0008_20160908182648f3f.jpg













4/0相当



IMG_0011_2016090818264909a.jpg










IMG_0015_20160908182703658.jpg















3/0相当



IMG_0012_201609081826516a5.jpg










IMG_0018_20160908182704350.jpg
















2/0相当



IMG_0014_2016090818270187c.jpg











IMG_0019_201609081827065ec.jpg










IMG_0021_20160908182707f3a.jpg
















トレブルに比べてややゴテゴテ感があるが、その分掛かりもよさそうな気がする。





フックを取り付けたプラグを手に想像してみる。

プラグの後ろから、横から背びれを出してガボンと飛び出してくるナイスサイズのヒラマサ
「出たっ!」
派手な水柱のあと、やや置いてティップが引っ手繰られる。
その後は、ひたすら暴力的な引きを全身で耐える。










あっ、ちょっと漏れた・・・




















おしまい・・・










先日、台風の影響が出る前の一瞬をついて沖に出た知人が見事キハダを釣り上げた。
それは、40キロオーバーの良型
実はわしも、2年前からタックルを整えて、虎視眈々と狙っている。
しかし、ついつい目先のイカや魚を追うのが精いっぱいで、「夢」を「夢のまま」で置いている。
それはいけない。
追わない「夢」が叶うわけはない。
信じて追う者だけが手に入れることができるのだろう。
まだチャンスがあるのなら、わしも追ってみるかと思う。
とりあえず、まずは身近なところから(^^v
   ↓


にほんブログ村



明石産ケンサキイカのシルキーな歯ざわり

先日明石沖で釣ったイカ

姿形はケンサキイカだが、愁輝丸船長のアッキンが言うには、日本海や和歌山で釣れるものとは違うらしい。

明石の漁師などは、「ヒイカ」と呼ぶそうだが、一般的にいうヒイカともまた違う。


そこで調べてみると、ケンサキイカの一種には間違いがなさそう。

ケンサキイカには、ブドウイカ型ゴトウイカ型メヒカリイカ型の3種あるそうで、その中でも胴がやや太くてあまり大型にならないというブドウイカ型なのかと思うが、いずれにしても明確に特定するには至らなかった。


日本海側で主にマイカ、但馬や山陰ではシロイカ、和歌山ではアカイカと、それぞれ地方の呼び名があるが、明石沖のものは都会育ちらしくケンサキイカと呼びたい。



そのケンサキイカのサイズだが、シーズンも終盤なのか、胴長30センチを超える大型、いわゆるがきさんサイズも混じるが、最小のものは10センチ、平均して大体15センチと小型が中心である。



IMG_00131.jpg








IMG_0014_2016090611562696b.jpg













しかし、このサイズは柔らかくて美味い。

なので今回は、そのサイズを柔らかさを生かした料理にしてみた。





がきさんサイズは、もちろん刺身で

明石産ケンサキイカの刺身



IMG_0010_20160906115616ce8.jpg












旨みの強いケンサキイカの刺身には生姜醤油がよく合う。



美味い!!




とにかくわしはケンサキイカの刺身が大好きで、いつもこのまま永遠に喰い続けていたいと思う。








ここから小型の料理が続く。



まずは、開いたイカの身を甘めの醤油ダレに潜らせ、天日に当てて表面が乾く程度に干す



IMG_0018_20160906115628c1a.jpg












明石産ケンサキイカの味醂干し



IMG_0020_20160906115629ad9.jpg











これをさっと炙れば、ビールの最高のアテになる。








続いて、ゲソとワタを抜き、その中にもち米を詰めて楊枝で口をとめる。



IMG_0022_2016090611563183d.jpg












そいつを甘辛く味付けした出汁で煮付けてやる。

最初は強火で15分
その後火を緩め、15分間とろとろ煮詰めて完成




ケンサキイカの一口イカ飯



IMG_0002_20160906115610a21.jpg






IMG_0008_20160906115615a6f.jpg













下ごしらえが非常に面倒だが、それもイカ飯を口の中に放り込んだ瞬間に報われる。



IMG_0005_20160906115612512.jpg







小型ならではのシルキーな歯ざわりの後、程よく出汁を吸ったもち米が口の中で弾ける。





美味い!!





ビールに合うのはもちろんのこと、これをおかずに白飯が喰えそう











そして、小さなゲソは、衣を付けて丸ごと天ぷらに

ケンサキイカのゲソ天



IMG_0007_2016090611561325c.jpg















実家には刺身と丸ごとボイルしたものを置いてきた。

こうして癒しの40パイは、あっという間にわしらの胃袋の中に消えていった。




小さなイカなりの料理で、小さなイカならではの絹のような歯ざわり旨みを堪能することができた。



このまま夏の終わりとともにイカシーズンを終えるべきか

それとも、もう少し夏を追いかけてみようか

それは胃袋で考えることにしよう。
















おしまい・・・







美味そうなイカ料理に何やら寄り添うものがある
何!?
ずっと出番を待ち続けていたガラスの箸置き
イカ料理を彩って、中々いい仕事をしている(^^v
   ↓


にほんブログ村




≪前のページ≪   1ページ/149ページ   ≫次のページ≫