プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

汐っこの小粋な料理あれこれ

前回の釣行から随分経ってしまった。


ブログを更新しないと、ファンから「何でや!?」と突かれる。
また、美味い!!編がなければ「不味かったんか!?」と突かれる。

人気ブロガーの辛い所だが、ここのところ公私に忙しく、なかなかブログ更新にまで手が回らなかった。


しかしご安心いただきたい。
先日のシオ祭りの後の美味い!!編もちゃんと用意している。
ネタも程よく熟成されて、ちょうど書きごろ、読みごろとなっているはずである。
しっかりと寝かせた分長文になるので、覚悟して読み進めていただきたい。






では始めよう。


サイズに似合わず小気味よい引きで楽しませてくれたシオは、いわずと知れたカンパチの子
いろいろな地方名があるが、関西ではシオという呼び名に馴染みがある。
シオと呼ぶのは「汐っこ」からきているとも言われており、幼魚は流藻などの漂流物について流されてくることがその名の由来かもしれない。



味の方も、カンパチの子
成魚に比べればややさっぱりとしているが、旨みは十部にたたえている。

この魚もヒラマサと同じで、釣り上げた翌日などはゴリゴリとした歯ごたえだけであまり旨みは感じない。
そのため、最低3日は熟成させたい。


それでは、5日間熟成させたシオと、オオモンハタを素材に料理を楽しみたい。



IMG_0003_201612061210193ec.jpg












まずは、定番の刺身から

紀州産シオの平造り



IMG_0010_20161206121024873.jpg





IMG_0013_201612061210253bd.jpg








しっかりと熟成した身には、幼いながらも脂が回ってしっとりとした口当たり




IMG_0015_20161206121109ffd.jpg





甘口の九州醤油でいただくと、一層甘みが増して


美味い!!














紀州産オオモンハタの薄造り



IMG_0004_20161206121021690.jpg





IMG_0007_20161206121022b6f.jpg








実はこの魚、「美味い」「いまいち」と味の評価が二分する。

ハタ系なので不味いはずはない。
身もしっかりとしていていろんな料理ができそう。



スダチ系のポン酢に合わせてみる。
噛みしめると、弾力のある身が歯を押し返してくる。

しかし、後から来るハタ系独特の旨みが来ない。
味に特徴がなくて淡白すぎるのである。

それほど個体差がない魚種だけに、この辺が評価を分けるポイントなのだろう。
悪くはないが、美味い魚を喰いすぎて口が肥えたわしには少し物足りなさを感じた。







この日のメインは、
いつものように水炊きにしてポン酢で喰うのもいいが、今回は醤油ベースの出汁で

実は、この出汁には少しこだわっている。

まずオオモンハタのアラを水から煮出して出汁をとり、そのあと昆布とビーフコンソメを加えて醤油で味を整えた、魚介と牛のダブルスープ



出汁








なので、単なる和風ではなく奥深い味わいとなる。

合わせる具は、シオとオオモンハタ身のほか、たっぷりの白葱と舞茸




IMG_0021_201612061211125f9.jpg





IMG_0018_20161206121110199.jpg








それに、こんな粋なものも用意してある。

オオモンハタの身で水菜を巻いたもの



IMG_0025_20161206121113676.jpg








火を加えてやると、ゼラチン質が多いハタ系のDNAを感じる。




IMG_0030_201612061211151eb.jpg








これらの具が、こだわりの出汁の味を刻々と変化させていく。


そして最後の絞めは、蕎麦



絞めるころには、出汁の味が一層濃厚で奥深い味となっており、やや硬めに湯がいた蕎麦によく絡み、例えるなら鴨南蛮を喰っているような感じ



IMG_0032_2016120612113435a.jpg






美味い!!




これは、ズズズット別腹に納まっていく。












その翌日は寿司にしてみた。


紀州産シオの握り寿司




IMG_0013_20161206121138489.jpg





IMG_0012_20161206121137fe8.jpg







素材がいいので素人が握っても美味い
シオは、とても酢飯に合う身質の魚である。



IMG_0015_20161206121140d3c.jpg















そして、釣った日から数えて11日目

冷蔵庫からピチットシートに包まれたサクを取り出す。
水分が抜けて、やや透明感が出た身を薄く削ぎ切りにしてやる。





紀州産シオの生ハム



生ハム1







EXバージンオイルに絡めるもよし
レモン汁を振り掛けてもよし
バゲットに乗せてもよし


その喰い方に定番など無い




生ハム2










その身をベビーリーフと合わせ、カルパッチョソース絡めてやる。


紀州産シオの生ハムサラダ風



サラダ風










そして、マッシュルームとともに、ハーブを効かせたオリーブオイルでさっと煮る。

紀州産シオのアヒージョ



アヒージョ









こうして、紀州産の魚を喰い尽くした。
美味い魚の調理は、和洋を問わない。
今回は、和から始まって最後はイタリアン

もともとしょうゆ顔のわしだが、イタリアンを喰い終えて、ふと鏡を見たら少し鼻が高くなったような気がした。















おしまい・・・







おっと!?
ブログアップを怠っていたら、ブログランキングのポイントが低下し、チームGACHIさんにも抜かれていた。
しょうがない。最近GACHIブログは話題が豊富
わしも少しお手伝いをさせていただいた。
このまま勢い付いてほしいところである。
やはりブログは更新してナンボ
がきブログ共々応援いただきたい(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

中紀シオ祭りでわっしょい!

中紀の沖で何やら祭りが開催されていると聞く。

それは、この時期限定なのだと聞く。
それはそれは大いに盛り上がるのだと聞く。




その祭りにお祭り男が2人参加することになった。

一緒に挑む男は、相変わらず喰い付きのいいCoCo塚さん





祭りをナビゲーションしてくれるのは、和歌山県の三尾港から出船する泰斗丸さん




IMG_0002_20161126094219b05.jpg







氷川きよしにちょい似の船長は、抜群の読みと操船でいつも美味い魚を釣らせてくれる。

そんな船長にどんな祭りなのかを聞いてみたら、「それは自分の目で確かめるといいさ」とどこかで聞いたことがあるセリフが帰ってきた。



そんな中でも断片的な情報を繋ぎ合わせてみると

潮が動けば・・・
夕まづめ・・・
いきなり始まる・・・
当たりパターンを見付けるのが大事・・・
手返しが・・・
差が出る・・・
いきなり終わる・・・




何となく分かった。
もちろんシオは釣ったことはある。

あとは短い時合いを逃がさずに効率よく攻めればいい。




前日は、東京都心で54年ぶりに11月の降雪が記録され、この日も全国的に冷えるという。

温暖な和歌山とはいえ例外ではない。
しかも、釣る海域では10メートル前後の風が吹いている。
しかし船長は、そんな風をものともせずに祭りの会場へと船を進める。




IMG_0005_20161126094222eb8.jpg












会場の状況を聞けば、心配していたとおりまったく潮が動いていない

この海域の潮の動きは明石や友ヶ島とは違い、潮の干満はあまり関係ない。
いい潮が流れているかどうかは船長でも沖に出てみなければ分からない。

潮が動かなければ、まったく魚は喰わない。


潮が動くのを待ち、祭りの開催を待ちながら皆思い思いのタックルで過ごす。









わしはジグでオオモンハタ



IMG_0013_201611260942486dc.jpg















CoCo塚さんもジグでアオハタ



IMG_0012_2016112609422548c.jpg













最近巷で流行りのディープタイラバでみやってみようと150グラムの鯛カブラを落とし、サクッとキダイ



IMG_0009_20161126094224f23.jpg













こうしてまったりとした時間を過ごす中、少し潮が動き出したようで「中層に反応」と船長のアナウンス

それに反応し、思わずジグを引く手を速めたわし


ゴン


乗らず




「あか~ん!」


しかし、明らかに早巻きに反応した。






さらにピッチを上げてもう一度


ゴゴン



乗った!





IMG_0017_20161126094251487.jpg














見ればCoCo塚さんもロッドを曲げている。



IMG_0019_20161126094252885.jpg











サイズは小さいが、流石はカンパチの子
キュンキュンと心地よい引きを見せる。




IMG_0015_20161126094249352.jpg







いきなり祭りが開幕

冬の風物詩、シオ祭りの始まりである。




パターンは?

わしが引くロッカショート160グラムシルバーカラーはこう答えた。



IMG_0022_20161126094254f96.jpg















「120回」




わしは、ピッチを1分間に120回にセットし、ロッカショートの鼓動にシンクロさせてやる。





あとは簡単


シオはバンバンジグにアタックしてくる。

よくバレるが、一投一発のペースでアタってくる。










そうして、祭りはサンセットとともに終了



サンセット















久しぶりに、スピニングタックルの速いジギングをした。
久しぶりに乳酸がたまった腕の疲労が心地よい




中紀シオ祭りはほんまにおもろかった。









わっしょい!!






IMG_0024_20161126094308472.jpg





















おしまい・・・









帰りに船長お勧めのラーメン屋さん

バードマン

見たらわかる、美味いやつやん!

鳥白湯

   
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村
















わしとキハダマグロの7日間戦争

う~ん、よく寝た。

と、枕元に何かあるのに気付いた。




えっ!?




何?







これ何!?



おすそ分け










と、白々しくとぼけてみた。

もちろんキハダマグロに決まっている。



先日のキハダ釣行で、見事48キロを釣り上げたNAKAI君からいただいたおすそ分けである。

写真の上から時計回りに、赤身大トロ中落ちすき身ブロック





もう嬉しくて嬉しくて仕方がなかった。
これらを喰うのが楽しみで楽しみで仕方がなかった。


当日に皆で捌きながら、山葵醤油を用意して、切れ端を口に放り込んでみたが、まだ身が若いものの旨みが濃かった。




まずは翌日、酸化しやすいすき身を喰うことにした。

この日の晩飯はビーフシチューだったので、マグロも洋風に




中落ちすき身のサラダ風カルパッチョ



カルパッチョ2










熟成前の身はシャキッとした歯ごたえで美味い。

まず、軽いジャブといったところである。





では、7日間の味の変化を確かめてみよう。

めったに口に入らない特選素材なので、心して味わってみたい。
また、これはわしとキハダマグロとの真剣勝負なので、心して読み進めていただきたい。






さっそく3日目のものから。
この日は、どちらかといえば味見なので、尾側の赤身のブロックをいただく。


赤身の刺身



赤身3










この身は尾に近く、まだ十分に熟成されていないため、それほど期待はしていなかったのだが、その思いは甘かった。

赤身とはいえ、身は艶やかに輝き、その身を覗き込めば極細の脂が入っているのが分る。



赤身アップ3








口の中に入れると、かすかな酸味の奥に甘を漂わせてすっと身が消える。






まだ身が若いだろうと思ったので、次のメニューはそれを補うもの


赤身のヅケの山掛け



山掛け3







しかし、予想以上の身の美味さが嬉しい誤算となった。


当然、こうなる。



山丼3












そして5日目



家族全員居るのでこの日がメイン

なので、大トロブロックを切り分けたものをいただく。



キッチンペーパーの中から現れた身は、徐々に変化する赤色が美しい。



ブロック3












これは皮下の中トロ部分



大トロ5









中トロから赤身にかけた色合いの変化がとても美しい。



中トロ~赤身3






中トロ5






年寄にはあっさりした身がいいと、上部の赤身をたっぷりと実家の爺さんに差し入れ








では、まずは希少部位を刺身でいただく。


大トロの角造り



大トロ刺し5














中トロの刺身




中トロ刺し5












あっ、先に言っておくが、今回は詳細な味の説明と、美味いのは当然なので「美味い!!」は割愛させていただく。








中アップ5















少し握ってみたくなった。





大トロの握り



大トロ握り5










赤身の握り



赤身握り5












そして最後はがっつりと腹を満たしてやる。


鉄火丼



鉄火丼5











ご飯ものには、たっぷりのカツオと昆布で出汁をとった玉吸いを合わせてやる。

出汁の効いた吸い物に、一休堂の京七味をぱらっと振り掛けると、奥深い風味が一層旨みを引き立ててくれる。



玉吸い5















当初は5日間で終えるつもりだったが喰い切れず。

7日目に突入である。






わし的にはずっと刺身でもいいのだが、この日はステーキの注文が入った。



仕方がない。
できれば火を入れたくなかったが、リクエストには応えなければならない。






マグロステーキ



ステーキ7













付け合せには、ヤングコーンとマッシュルームのアヒージョ


ソースは、ニンニクバター醤油味と、粒マスターとワインビネガーを合わせたカルパッチョ風の2種類

いずれもよく合うだろう。




焼き加減は、本当はレアがいいのだが、リクエストはウエルダン
表面をしっかりと焼いたので、これはこれで美味そうである。




焼き加減7













お客さんは、フランスパンと白ワインを手に満足そうに笑っている。











わしは、やっぱりこれがいい





中トロの刺身



中トロ刺し7










程よく熟成が進んだ身は、それはもう至福の味


もはや何も言うことはない。



中トロアップ7























中トロのヅケ



ヅケ刺し7














これは贅沢なヅケになった。


表面をサッと湯にくぐらせてから醤油ダレに漬け込んである。



ヅケアップ7















当然これもこうなる。




ヅケ丼7





















如何だっただろうか。

このブログを書きながら、その味を思い出して生唾が湧いてきた。
写真を見るだけで、ビールが飲めそうである。






美味かった!!





マグロとは、こんなにも人を幸せにする魚なのである。












う~ん、よく寝た。

と、枕元に何かあるのに気付いた。





えっ!?




何?







これ何!?



GTガンマ





















おしまい・・・










こんなことなら、わしも釣ればよかった(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

遂に出た! 三重沖のイエローフィン

前々からお誘いを受けていた魅力的なプラン
是非参加させていただこうと休みを調整した。

しかし、その日が近付くにつれて予報が悪くなる。
その海域は軽く10メートルを超える予報



またか・・・


よくあることとはいえ、何度味わってもその落胆感は慣れない。
道具の準備をする気にもなれず、違うタックルをいじっていた。



と、そこに出船可否の連絡が入った。


「がきさん、出れるらしいで! レッツゴーや!」


マジか!? と思いながら、せっせと170Lbのリーダーを組み、使うプラグをボックスに詰める。




今回の釣行は、冬キハダを狙う。

シーズン中キハダのナブラを追っかけまわしていた各船も、夏の終わりとともに一旦終了し、今はティップラン、青物や中深海などと狙いを変えている。


そして、ベイトの群れが接岸するのと同時に再び狙いだす。
夏に比べてタイミングを合わせるのは難しいらしいが、ベイトに狂ったキハダには、大根投げても喰ってくるという。

昨年始まったのも同じ日だったらしい。








今回お世話になったのは、三重県は、伊勢志摩の大王町から出船するへいみつ丸さん

K太さん率いるチームFreeRunのチャーターに、チームGACHIからBBちゃんともにご一緒させていただいた。










出船は、まだ日も上がらぬ6時前

期待感に高まる気持ちを抑えるように、黙々と船にタックルを積み込む。






出船し、外海に出たときはかなりザブザブだったが、風裏に入ると次第に波もマシになってきた。


港を出てから走ること2時間半
到着したのは何と68マイルの地点で、違う釣りで見たことがある風景である。



しかしこの釣りは、ポイントに着いたからといって「はい、やって~」という訳にはいかない。

ここからソナーを駆使し、双眼鏡でナブラや鳥の旋回を探さなければならない。
聞けば、先日この海域で僚船が2本獲っているらしい。
なので、しばらく様子をみることにする。



思わぬ好天で、ポカポカと気持ちがいい
このままクルージングで終わるかもしれないし、突然出るかもしれない。


なので、皆思い思いにリラックスして気配が出るのを待つ。



IMG_0008_20161117141503e3e.jpg












IMG_0006_20161117141503686.jpg







時おり怪しい鳥の旋回を見つけ、誘い出しをしてみるも出ず。



IMG_0010_20161117141505597.jpg










途中2メートルぐらいのバショウカジキがわしのプラグにボコッと出たが、乗らず。



そして、再びまったりした時間が過ぎていく。



帰りの時間も考慮して、魚を探しながら引き揚げる途中、エンジン音が変わった。
僚船から情報が入った様子


ゴー! レッツゴー!! である。

到着したところは、鳥がわらわらと騒いでいて気配ムンムン



とりあえず誘い出しをしたり、カツオタックルで探ってみたり




すると船の横でいきなり始まった。

デカい水柱とともに全身を出して飛んでいる。


すかさずキャスト



1投目は届かず。

しかし、どんどんこちらに近づいてくる。




2投目は、いい所に入った。






ドン!




喰った!!




激しくドラグを鳴らせるファーストランを、ロッドをためて強い引きに耐える。



PEは8号

大丈夫



フッキングも決まっているはず

大丈夫、必ず獲れる。



40キロクラスだろうか

走りが止まれば、ロッドを起こして徐々に寄せにかかる。

それでもドラグからラインが引き出される。









それを必死で耐える・・・  のは      

わしではなくて、NAKAI君



IMG_0012_20161117141506402.jpg










皆が見守るなか、遂に水面に現れた。



IMG_0017_20161117141525df7.jpg












IMG_0015_20161117141524dc8.jpg












IMG_0018_20161117141527435.jpg

















たまにお姉さんみたいな腰つきになったりするも、ファイトタイムは堂々の約5分





船上に横たわったのは、見事な体躯の48キロ



IMG_0022_201611171415288b5.jpg











おめでとうNAKAI君

いいものを見せてもらった。




IMG_0026_201611171415308de.jpg











船上は一気に盛り上がったが、その後再び平和な海に戻った。



たった一度きりのチャンスだったが、そのチャンスを見事捕えたのは凄い。
それが、マグロ釣りである。







さぁ、帰ろう。



IMG_0029_20161117141545af9.jpg










まだ終わらない。


そこから場所を変えて、マグロの解体ショー



IMG_0032_20161117152604041.jpg

















皆で寄ってたかって解体していくが、なんせ48キロなので、捌くのも一苦労



IMG_0034_201611171415485ab.jpg









IMG_0037_20161117141549285.jpg










IMG_0038_2016111714155168b.jpg









IMG_0039_20161117141603822.jpg











捌いた身は、きれいにブロックにして皆におすそ分け



IMG_0041_20161117141604c12.jpg












こうして、早朝から深夜まで、長くてアツい一日が終わった。

楽しい仲間と楽しい時間を過ごせたことに感謝






次は、是非わしのプラグを咥えてほしい。















おしまい・・・








これ、美味いやつやん!
いずさん、ありがとう(^^


一休堂
  
   
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



エギンガーのオフショアデビュー

今のわしの職場には、もちろん釣り師は居る。

しかし、「ジギング行こうや」と誘うも、皆船に弱いという。



中でも、後輩に二人の熱心なエギンガーが居る。
こいつらはお互いを「師匠」「名人」と呼び合いとても仲が良い。
シーズンともなれば、休みごとにエギングロッドを手に、地元の泉南から和歌山でロッドを振り続けている。
でも、船には酔うらしい。


まずこれらをオフショアに手懐けてみようと、「ティップランっていう釣り方知ってるか」と軽くジャブを打ってみた。
すると、「知ってますよ、でも船でしょ」と予想どおりの反応


でも、
船→バンバン釣れる。
沖→良型が釣れる。

と、ボートエギングには好印象を持っているのが分る。




もうひと押し




タックル?
 
とりあえずレンタルすればええやん




エギ?

手持ちのエギにシンカー付ければええやん







船酔い?

そんなもん慣れ慣れ
船に弱い漁師船長が居てるか?
船酔いは、慣れ気合根性で治るんや


 

「行きます!!」




落ちた。






落ちれば後の動きは素早い。



ロッドは?

買いました。





エギは?

買いました。





改めて紹介しよう。

こうしてボートエギングのデビューを果たしたのは、修二オーノ
修二と彰なら「青春アミーゴ」だが、こいつらは「青春過ぎたエギンガー」



IMG_0003_20161111084639f32.jpg








カメラを向けると、「うわっ、憧れのがきブログに載れる」と喜んでいるが、釣れなければこのショットで終わりである。


昨日から強い冬型となり、天候が心配だったが、何とか風も落ちて出船できる。


お世話になったのは、淡輪漁港から出船する白墨丸さん
今回は、13時発のティップラン専用便




IMG_0004_2016111108464165a.jpg











ややうねりが残る中出船

酔止薬を飲んでいるとはいえ、やや不安げな二人には、「大丈夫、大丈夫」暗示にかけてやる。




着いたポイントは水深30メートルライン
方舷に6名並び、一斉にエギを落とす。

修二オーノの様子を見れば、動画でしっかりと事前学習してきたようでイメージができており、特段の心配はなさそう。


まだ風が強いので、60グラムでもかなり斜めにラインが出るので釣り難いが、その風も徐々に収まるだろう。


しかし、風が冷たい。
つい先日まで半パンで釣りをしていたのに、あっという間に防寒が必要になった。

とても寒い・・・






船中アタリもなく、沈黙の時間が流れたが、やや風が緩んで出るラインの角度もちょうどよくなってきた

と、その時

ビシっとわしのロッドが鋭く一閃

ロッドが綺麗な孤と、ぐぃーん、ぐぃーんと独特の重量感を楽しみながら取り込んだのは、



IMG_0009_20161111084848437.jpg












700グラムクラスの食べごろサイズ

この1パイで、船中活性が上がるも、その後が続かず

「ヒットパターンはどんな感じ」と聞かれたので、「オーノと喋ってて、しゃくったら乗っていた」と答えた。

それを聞いた修二は、しきりにオーノに話しかけていた。
ヒットパターンを忠実に再現するのは悪くない。
その貪欲さは悪くない。


しかし当然ながら、オーノオーノと喋るわけにはいかない。




この日のイカは活性が低いようで、再び沈黙の時間が流れる。


と、再びビシっとわしのロッドが一閃
で、先ほどと同サイズを追加


また「ヒットパターンはどんな感じ」と聞かれたので、「オーノと喋ってて、しゃくったら乗っていた」と答えた。

それを聞いた修二は、またオーノに話しかけていた。
自分はオーノと喋れないのに話しかけられるオーノは迷惑そうにしていた。





と、今度は修二のロッドが一閃

初ティップランのアオリの引きを楽しみながら、無事にネットイン



IMG_0012_2016111108464589e.jpg













満面の笑みを浮かべ、再びカメラに収まることができた修二



IMG_0013_20161111084849502.jpg












「ヒットパターンはどんな感じ」と聞いてみると、「オーノと喋ってて、しゃくったら乗っていた」と答えた。


その後、船中ではポツ・・・ ポツ・・と上がるも、わしらはノーヒット

期待した夕まずめも活性が上がらないまま終了
結局船中6人で9ハイと非常に寒い釣果となった。


やはりこの日のパターンは、「オーノと喋ってて、しゃくったら乗っていた」だったみたい。
なので、オーノと喋れないオーノは当然釣ることはできない。

残念だが、また違ったパターンの日に頑張ってほしい。





せっかくのオフショアデビューを飾れなくて残念だが、薬を飲めば何とか酔わないことが分かっただけでも儲けもの
修二とオーノには、これからもちょくちょく付き合っていただくことにする。

















おしまい・・・









先日お知らせしたGACHIイベントに、お付き合いのあるメーカーや船長から多大な協賛をいただいている。
いちプライベートチームのイベントなのに、本当にありがたい。
その感謝の意を込めて、GACHIブログの中で協賛いただいた品などを随時紹介していくので、よろしければ、ご覧いただきたい(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





≪前のページ≪   1ページ/152ページ   ≫次のページ≫