プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

しなやかな男の武器

男には男の武器がある。

男の武器といえば、「硬くて強い」ものが最上だと思う者も多いが、わしに言わせればそれはド素人の考えである。



硬さや強さだけが求められる時代は、もう終わった。

その意味は、この話を読み進めて行けば分かるだろう。










少し鯛カブラの話をしよう。



鯛カブラは、ご存知のとおりガっと噛みに来ても乗らず、また乗ってもバレることがとても多い。
だから、余計にわしらをアツくさせる。


そのキャッチ率を上げるための工夫はいろいろあるが、一番重要なのはロッド選び
だから、各メーカーからは、それぞれのコンセプトに基づいて様々なロッドが出されている。



それらのロッドは、大きく分けて次の2種類

ひとつは、柔らかくてしなやかなティップを持ち、カブラを噛みにきたマダイに違和感を感じさせないようにするもの

もうひとつは、張りのあるティップを持ち、その反発でパンパンとマダイを掛けようとするもの

使うアングラーは、自分の好みやスタイルに合わせていずれかのロッドを選べばよい。



しかし、それぞれのコンセプトは、その長所を生かそうとすればするほど短所が顕在化する。

柔らかいティップは、それを突き詰めると曲がりすぎてフッキングが甘くなる。
一方張りのあるティップは、フッキングする前に弾いてしまう。




元々鯛カブラは、針に付けたオキアミなどのように針そのものを喰いにくるのではなく、ヘッドやネクタイに絡んだ際にフッキングするものなので、上手く口横のカンヌキに針が掛かることは少ない。

なので、押さえられたティップは曲がりすぎず、ある一定の力が掛かったときに適度な反発力によってマダイの口付近に突き刺さるというのが理想なのだと思う。

そのためには、柔軟性と張りのバランスがとれた高感度のティップが求められる。
上手く説明できないが、「オートマチックに掛かる」という表現が分かりやすい。


この「オートマチックに掛かる」という部分に各メーカーによる独自の味付けが施されている。









現在、わしの愛用ロッドは、明石の鯛カブラを知り尽くしたミタチ丸御立船長が繰り返しテストして作り出したもの



IMG_0013_2017062618341514c.jpg











既に生産を終え、今や幻の逸品となったが、シリアルナンバーも入れられたレアなロッドは、今でもマニアの間で大人気



IMG_0015_20170626183416ed5.jpg











「すべてのアタリを掛ける」がこのロッドの開発コンセプト

バランスのとれた、とてもいいロッドである。











それに加え、この度スペシャルロッドを1本追加した。




エバーグリーンスパリッドマスターPSMC-68UL/MLST



IMG_0010_20170626183413100.jpg









 


このロッドは、エバーグリーンプロスタッフである香川県のポセイドン遊漁船林船長が開発に携わられて作り出されたもの




細くて張りのあるソリッドティップがとてもカッコいい



IMG_0003_201706261834109ff.jpg













13個ある全ガイドにチタンフレームとトルザイトリングが採用され、徹底的に高感度軽量化が図られている。



IMG_0006_20170626183412105.jpg













実際にカブラを巻いてみないと分からないが、リールをセットした状態のバランスがとてもいい。



リールセット








林船長が、以前「やっぱり張りのあるティップでパンパンと掛けるのが楽しいでしょ」と話されていたものが、こうして形になったものである。
(スパリッドマスターの詳細はこちら







ミタチスペシャルスパリッドマスター

そのどちらもわしのファーストロッド


それぞれの開発者から、直接開発コンセプトが聞きけて、とてもイメージがしやすい。
それぞれの想いを受けて、大切に使い分けたいと思う。







男の武器が、ただ単に硬くて強ければいいという時代は終わった。

わしは、しなやかであり、かつ、張りのある男でありたい。




















おしまい・・・











既に参加艇のHPやSNSなどにより告知され、ご存知の方や申し込みされた方も多いと思うが、来る7月23日(日)に大阪湾最大の鯛カブラ大会が開催される。

1497510816788.jpg

これは、大阪湾をホームとするルアー船の船長達が、「何かぱ~っとイベントしようぜ!」と盛る上がって企画されたらしい。
首謀者の一人である某船長は、「とはいうものの、人集まるかな・・・」と心配していたが、告知と同時に参加申し込みが殺到しているらしい。
何せ、2017の大阪湾鯛カブラチャンピオンを決めるイベント
盛り上がらないわけがない。
もちろんわしも参加するが、結果的に、しなやかであり、かつ、張りのある男がチャンピオンになるのだろう(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

業務連絡

先日ここでお知らせし、多数の注文をいただいたGACHIウェア


今回は業者を替えたことにより、何かと調整することが多く、またデザインを2種類としたことから集計なども複雑になり、随分と時間が掛かってしまった。

大変お待たせして恐縮だが、何卒ご理解いただきたい。


先日何とか見積もりを終え、現在プリントイメージなどの校正を行っているところで、それらに問題が無ければ、今後発注することになる。


今回注文いただいた皆さまには、注文いただいた際に使用したメールアドレスあてに、請求金額と振込み口座をお知らせするメールを送信しているので、早々にご確認いただきたい。



今後、デザイン校正発注支払い納品仕分けお渡しというスケジュールになる。

お渡しは、送料着払いによる宅配便を予定しているが、詳細にあっては直接調整させていただく。






では、首を長~くして楽しみにお待ちいただきたい。




イメージ




















おしまい・・・








本日夜に開催される、他チームとの交流ビアガーデン
とても楽しみにしていたのだが、急な所用のために参加できなくなった。
あ~あ
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















ボンジュ~ル 工作員がアシハポ~ン♪

まずひとつ教えよう。

フランス語で、タコのことをアシハポ~ンという。
当然イカはアシジュポ~ン


覚えていても決して得は無いが、邪魔にならないマメ知識である。






今年もマダコの季節がやってきた。
今年はイマイチ調子が上がらないという話を聞くが、昨年が良すぎただけである。




そんな季節を迎え、今年も工作員達合同研修の情報を入手した。

「へぇ~ それは大変やなぁ~」と特に関心を示さないわしに、「同行して記録せよ」という命が下った。
その瞬間、その任務の重さを悟り、緊張感に身を硬くした。


決して失敗は許されない・・・






合同研修の場に選ばれたのは、明石港から出船する愁輝丸さん



IMG_0048_20170618185925111.jpg











偶然にもわしのお友達でもあるアッキン船長の船
これなら何とかなるかもしれない。






研修を前に、集中力を高める工作員達
彼女達の表情から、張りつめた空気がピリピリと伝わってくる。



IMG_0001_2017061818590120c.jpg
(訳あって素顔と名前は公表できないのでコードネームで呼ぶことにする。)



向かって左から、




わしはただ、そそう無く一日を終えることを願うのみである。












そんな緊迫した空気とは裏腹に、愁輝丸は梅雨とは思えないような晴天で、風も無く穏やかな海面を滑るようにポイントにに向かう。

この日は潮も小さくて、研修するにはもってこいの好条件




最初のポイントは、水深10m前後と浅い
最近ディープで釣れていると聞いていたので、シーズン初としては好都合

さすがに日頃厳しく訓練された工作員達は、手際よくタックルを準備
40号のオモリにタコエギをツインでセットし、底に着けば、専用ロッドのしなやかなティップを生かしてタコエギを躍らせる。



IMG_0010_201706181859053d8.jpg













すると グン



IMG_0015_201706181859086f7.jpg












グン



IMG_0008_20170618185904781.jpg











グン



IMG_0041_20170618185920cc7.jpg













流石は鍛え上げられた者達、次々とターゲットを仕留めていく。



ちなみにわしは、タコ釣りに関しては一日の長がある。
なので、工作員達の役に立とうと適宜解説を加えながら控えめにレクチャー

ボトムは刻々と変化するので、常に意識すること
オモリは絶対にボトムから離さないこと
集中していれば、タコがエギを触りに来る前アタリが分るので、少し待ってしっかりとアワセること
巻くときは、決して緩めずに一気に巻き上げること








すると、こんな感じで一丁上がり



IMG_0031_201706181859175eb.jpg












ヒットカラーはイタリアン

エギのカラーは、釣れている者を真似ること









おっと、今度は無事に本命



img.jpg



















この日のヒットエギは、蛸墨族「ドラえもんカラー」(非売品)



IMG_0014_20170618185907767.jpg











工作員達は、このエギを付けて怒涛の連発



IMG_0027_20170618185914fd4.jpg








IMG_0028_201706181859164f3.jpg








IMG_0022_2017061818591320c.jpg














ミッションは、刻々と達成されていく。





「私、スルメ食べな調子出ぇへんねん」



IMG_0019_2017061818591006d.jpg














「私、この角度が一番気合い入るねん」



IMG_0036_2017061818591932d.jpg












それぞれが、それぞれの持つ特殊能力を発揮しながら、順調にカリキュラムが消化されていく。



IMG_0043_20170618185922ee3.jpg












そうして、無事に合同研修が終えられた。




満足な成果が得られた者

次回の課題が見つかった者

タコエギ6本無くした者











今研修が終わったばかりだというのに、貪欲な向上心と、あくなき探究心を持つ工作員達の視線は、既に次へと向けられている。



IMG_0050_20170618185928273.jpg








IMG_0049_20170618185926150.jpg







IMG_0052_20170618185948d30.jpg



























おしまい・・・









ボトムに張り付いたヤツを引っぺがし、重量感を感じながら・・・
「巨ダコや」と何度もワカメに騙された。
しかし、考え方を変えればこれもいいお土産
明石の幸を美味しくいただいた。


IMG_0001_20170618201758252.jpg

でも、本来水温が上がれば切れて流れるワカメ
それがまだ生えているということは、水温が上がっていないのだろうか
夏の海になるにはもうしばらくかかりそう
マダコはもちろん、青物、サワラ、アジにサバ・・・
これからどんどんマダイも上向き
明石の海は、これから楽しみな季節を迎える。
皆さんの楽しい釣行記はこちらから(^^
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村















職人の技と美味い寿司

無性に寿司が喰いたくなった。

それも、とびきり美味い寿司が喰いたくなった。



それは単なる欲求もあるが、また自己啓発でもある。
美味い寿司を喰いながら、思い切り魚の話を聞きたい。
そして、自身の魚料理のスキルも高めたい。




よし、自分を高めに行こう。







目指す先は、北新地の名店

寿司処 黒杉



IMG_0002_20170222185541290_20170616144726396.jpg











格子戸を潜り、分厚い一枚板のカウンター席に付く
いつもどおり  とした空気に最初は身が引き締まるが、大将が柔らかい笑顔で迎えてくれる。



IMG_0002_20170616144724c90.jpg












冷たいビールを頼み、お絞りで軽く手を拭き、お通しのもずく酢でつるっと喉を洗えば、おまかせのコースが始まる。

極上の料理を、余すところなく紹介するので、是非わしの横に座って一緒に味わっている気持になってご覧いただきたい。








まずは刺身から


4日熟成のくえ



IMG_0003_20170616144728ddf.jpg











別次元の美味さで、いきなり先制攻撃を喰らう。






締めたてのあいなめ



IMG_0004_20170616144729038.jpg






これは、4時間前に絞められたもの
熟成とは正反対の喰い方だが、コリッとした歯ごたえと同時に甘みが広がる。









鹿児島産鰻の串焼き



IMG_0005_20170616144731a9d.jpg







白焼きにされた鰻にパラっと塩が打たれ、スダチ果汁を一滴
極上の脂が香ばしい








上り鰹の藁焼きタタキ


IMG_0007_201706161447324f7.jpg






秋の鰹よりも若い分しっかりと黒潮の香りを感じる。









あん肝の煮付けは、手渡しで



IMG_0009_2017061614473330e.jpg







ブリっとした肝にはしっかりと味が付けられている。
この調理法がとても面白い。
カワハギタラの肝などでもできそうなので、是非とも試してみたい。






焼き物は、鮭のハラス



IMG_0010_20170616144735137.jpg










カリッと焼かれた皮を箸で割ると、中から脂が乗ったホクホクの身が現れる。
これが意外とあっさりとして非常に美味い。






ここらで冷酒に切り替える。

先般開催された、伊勢志摩サミットの乾杯酒に選ばれた作(ざく)
やや甘口でフルーティーな口当たりが大変美味い



IMG_0014_20170616144737d7e.jpg








大将は、ニコニコ笑いながら、また軽快なトークを交えながら、それでも攻撃の手を緩めない。
これでもかと繰り出される猛攻を受けて、わしはふらふらになりながら、どんどん頬が緩んでいく。







煮あわびのアオサの餡かけ



IMG_0017_20170616144740dfe.jpg







これには、ほんとうに倒れそうになった。
おそらく何らかの手が施されているだろう、分厚い煮アワビにアオサの餡が掛けられている。
サクッとした歯ごたえのアワビに香り豊かなアオサ餡が絡みつくまではある程度想像していたが、その下から何と・・・

ほんとうに美味かった。






酢の物は、芽じゅんさいに鱧おとしをあしらったもの



IMG_0020_20170616144741782.jpg





これにも唸るしかなかった。
器の底にはワカメを練って作られた素麺が潜んでいる。
それと、芽じゅんさい、鱧のそれぞれ異なった食感が甘酸っぱく爽やかにまとめられている。










ここからいよいよ寿司が始まる。









酒も、今度は辛口の純米大吟醸



IMG_0015_20170616144738ad0.jpg









まずは、鮪のヅケから



IMG_0023_20170616144743e8a.jpg









コハダ



IMG_0024_201706161447445c0.jpg










このこを挟んで



IMG_0026_20170616144745bdd.jpg








キス



IMG_0027_20170616144747623.jpg












IMG_0029_20170616144749381.jpg










とり貝



IMG_0030_201706161447504b6.jpg








イカ



IMG_0035_20170616144805e9e.jpg






車海老




トロ



IMG_0036_201706161448061ed.jpg








鯛だしの味噌汁



IMG_0039_201706161448088a2.jpg









穴子



IMG_0040_20170616144809cf9.jpg







たまご



IMG_0041_20170616144811a78.jpg





最後にデザートのマンゴーが出て終了



IMG_0045_20170616144814cd6.jpg















「がきさん、これ」といって出してくれたのは、鮎の塩焼き


IMG_0043_201706161448128b9.jpg








実はこれ、「がきちゃんに喰わせてやろう」チームGACHIAN会長が、この日に竜神で釣ったものをわざわざ届けてくれたもの
それを職人技で焼き上げていただいた。



1497447913485.jpg










とても嬉しい話である。

ガブっと噛みついてみて驚いた
「鮎って、こんなに美味い魚だったのか」と思った。

大将は、ニヤリと笑い、美味い鮎の焼き方について丁寧に教えてくれた。





本当に美味かった。

極上の素材が使われているので美味いのは当たり前だが、ただ単にいい素材が使われているだけではなく、すべての料理にそのよさを最大限に引き出されるように手が施されている。

そこには、もっと美味しく食べてもらいたいという大将の想いが込められている。

美味い酒、美味い料理、場を和ませる会話
料理を喰いながら、寿司を味わいながら、そのすべての空間を楽しむことができる。

これが、一流の店なのだと思う。



大将が魚の話をするとき、寿司の話をするとき、味の話をするときは、細い目を一層細めて優しい笑顔になる。

一方、ネタを切り分けるとき、寿司を握るときは、その目の奥が鋭い光を放つ。



IMG_0034_20170616144803a22.jpg






そして、その腕によって作り出された料理でわしらも笑顔になる。



今回も、「是非試してみて」といくつかの技をお土産に持たせてくれた。

薬味、低温調理、魚の寝かせ方、魚の焼き方、米と酢・・・
それらは、まさにプロのひと手間

魚を知り尽くした者の知恵をありがたくいただいた。



また、美味い寿司が喰いたくなったら
また、美味い魚の話がしたくなったら
また格子戸を潜りたいと思う。








で、誰と行ったのかって?

そんな野暮なことを聞くものではない。



IMG_0048_2017061614481535c.jpg



















おしまい・・・








本来長く厳しい修行を経て一人前になれるといわれる寿司職人だが、3ヶ月間通うだけで寿司職人になれるというアカデミーがあるらしい。
実際に卒業後に店を出し、開店から1年足らずでミシュランガイドに載ったという例もあるという。
これを捕らえ、長い修行なぞナンセンスだという者が居て、物議をかもし出したことがあった。
確かに、ただ単に魚を捌いて寿司の形に握るだけなら3ヶ月もあれば十分だろう。
ただ、たった3ヶ月では、厳しい修行を積んで一流と呼ばれるようになった職人達と並ぶことはできない。
磨き上げられた結果は、必ず磨いた時間に比例すると思う。
そして、修行には終わりが無いのだと思う。
大将の料理を喰って、つくづくそう思った。
わしも修行中(^^b
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

















マトウダイ

先日釣った紀州産の魚は、美味いものばかりだが特段代わり映えのしない刺身系ばかりだったので「美味い!!」編はサボろうかと考えていた。

しかし、マトウダイがあまりにも美味かったので、少し紹介しようという気になった。






マトウダイ



ヒラメや根魚をノマセで狙うときに外道としてよく釣れる。
顔に似合わず獰猛なフィッシュイーターで、当然ジグでも釣れる。
一見おちょぼ口に見える口元だが、捕食するときは大きく開きながら蛇腹のように伸びてベイトを丸呑みする。

その名前の由来は、扁平な体側の丸い模様があり、これが弓矢の的に似ているから「的鯛」とする説と、単に顔が馬面なので「馬頭鯛」とする説があるが、そのどちらも頷ける。



マトウダイ









マトウダイはまた味がよいことでも知られており、フランス料理では「サン・ピエール」と呼ばれて重宝され、淡白なうえ味が濃いことから主にムニエルやフライ料理で食される。


「魚の味を知るのには、まず刺身」が身上のわしとしては、やはり刺身で味わいたい。


では、いつも代わり映えせずに恐縮だが、マトウダイその他の料理をご覧いただきたい。



マトウダイの昆布締め



IMG_0010_20170614140750cf2.jpg








もともと乳白色に近い白身だが、昆布で締めることにより身の表面に透明感が生まれる。
また身質もねっとりとしたものに変化して、昆布の旨みが染みて非常に美味い。




そして特筆すべきはこれ

マトウダイの薄造り



IMG_0013_20170614140751ed3.jpg














一見変哲のない薄造りだが、中央に盛った肝醤油を身で巻いて喰えば、肝の濃いコクと強烈な旨みが脳天を突き抜ける。
その衝撃に、椅子から崩れ落ちそうになるのを堪えるのが精一杯

暫くして、口の中から旨みが消え去ってはじめて我に返る


吐息とともに漏れるのは




美味かった~!!





この魚は、肝が美味いことでも知られている。

腹を割ると、黄土色のきれいな肝がごろんと出てくる。
その肝を酒にさらした後に軽くボイル
それを裏ごししたものに生醤油を加えながら混ぜ合わせて、しばらく冷蔵庫で寝かせる。

すると、ムースのようにふわりと固まる。



IMG_0018_201706141407536a9.jpg









冷やした肝醤油は、カワハギの肝よりも脂が強く、アボガドのような食感
カワハギとはまた違った肝あえである。

味もコクも非常に濃いため、カニ味噌のようにそのまま喰っても十分に酒のアテになる。









他の魚ももちろん美味しくいただいた。


アヤメカサゴとクロムツの二種盛り



IMG_0001_20170614140747349.jpg










アヤメカサゴは薄造り



IMG_0004_201706141407488dd.jpg







クロムツは炙りにしてある。



いつも魚を捌きながら、その身質コンディションから何をどのように合わせれば美味いかを考える。


基本的に、醤油ポン酢のほかに

これらに山葵、土生姜、ニンニク、紅葉おろし、大根おろし、柚子胡椒、唐辛子など

スダチ塩や山葵塩も美味い

醤油も、たまり醤油、生醤油、九州醤油、土佐醤油に煮切り醤油などを使い分ければいい。


それらの組み合わせは無限
正解は、自分の舌で判断すればよい。







シメは、アヤメカサゴの潮汁



IMG_0020_201706141407544a3.jpg











アラをしっかり煮詰めながら、丁寧に灰汁を取り続ければ澄んだ極上のダシがとれる。
そこに香りつけの薄口醤油と塩で味を調えるだけ。

ズズっと一口すすれば、口の中に紀州の潮の香りが広がった。





美味い!!


















おしまい・・・







6月1日からビールや発泡酒が値上げされた。
大手量販店による廉価販売から体力のない「町の酒屋さん」を守ることを目的として酒税法が改正されたらしい。
ただ、酒税が上げられたわけではなく、安売りの規制により、結果的に従来よりも高い価格で販売されることになる。
わしの近所では、「町の酒屋さん」なぞ既に無い。
今残っているのは、主に飲食店相手に卸す店かコンビニに姿を変えた店なので、今さら守るという理由に違和感を感じる。
結局大手が得をするのか、または客のビール離れが進むのかは分からないが、改正主旨とはかけ離れた結果になるように思う。
そうそう、高速道路の距離別料金改正
どうもわし的には値上げに思えて仕方がない(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

















≪前のページ≪   1ページ/161ページ   ≫次のページ≫