FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

アカイカからの~っ シロイカ! 

チームGACHIのAN会長、マサキと計画していた和歌山でのイカメタルが、荒天のため中止が決定OMG!!(オーマイガー!!の略)前々から楽しみにしていたので、どうしてもイカメタルがしたかった。で、太平洋がダメなら日本海へ当日に転進を決めるという暴挙に出た。しかし、いくらイカメタルがやりたいからといっても、シーズン真っ盛りの土曜日に空いている船なぞあるわけがないが、諦めきれず、半ばヤケクソで電話を掛けまく...
Read More

笑顔弾ける明石沖 

実に2ヶ月半ぶりの釣行である。待ちに待った釣行である。そう考えると、嬉しくて嬉しくてしかたがない。さて、どこに行こうかと思案して、復帰の舞台として選んだのは、ホームグランドの明石お世話になったのは、先日大きい船に乗り換えた愁輝丸さん新しい船は、とても広くていい感じ快適な一日が過ごせそうである。船長のアッキンにこの日のプランを聞くと、まずはジギングでハマチを狙いその後潮が緩めばマダコ最後にちょろっと...
Read More

ファーストキハダ 

パヤオの周りにはおびただし数の鳥が舞っている。海面には、ベイトであるイワシのウロコがきらきらと漂っている。水面下には、今回のターゲット、キハダマグロが居るのは間違いない。あとはどのタイミングで頭を上げるか。その瞬間を捉えることがことができれば結果は出るだろう。「必ず引きずり出してやる」と思いながら、鳥の濃いところを中心に誘い出しを続ける。「出ろ! 出ろ!!」と念じながらルアーを引き続ける。と、明ら...
Read More

続・マイカの持ち帰り方 

以前、イカの持ち帰り方について、わしのこだわりを書いたことがある。釣りあげた瞬間から鮮度が落ちると言われるイカを上手に持ち帰るポイントは、万遍なく冷やすことと重ねないことアルミ製のトロ箱に並べて持ち帰ることは、長年かけて、いろいろ試して出したわしの結論である。キーストンさんのアルミ製イカ用トロ箱は、高価なためになかなか手が出せなかったが、思い切って購入してよかったと思っている。後発的にいろいろなメ...
Read More

巣ごもり中の美味い話 

先日「釣果料理リレー」なるもののバトンを渡した「釣魚居酒屋がきちゃん亭」の大将から、「釣魚と違うけど・・・」と送られてきた料理を大将に代わって紹介したい。ネットで取り寄せたのは、冷凍の牡蠣大ぶりで実に旨そう。これを3種類の料理に仕上げていく。まずは焼きで牡蠣のバター醤油焼きぷりぷりの身は、加熱しても縮まない。牡蠣の酒蒸しほっこり蒸しあげられた牡蠣に合わせるのは、GACHIポン酢やや甘めに仕上げられたポ...
Read More