美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

スポンサーサイト 

明石沖 リアルでダイナミックな船アオリ 

今年の明石はアオリが不調らしい。例年なら10月なら数が狙え、2桁釣果は足り前なのだが、今年はいい日で竿頭がやっと2桁まるで11月の終盤のような釣果が続いている。そんな話を聞けば、今年好調な青物が、アオリの新子を喰ってしまったという噂も現実味を帯びてくる。だから?いい日もあれば悪い日もある。いい年もあれば悪い年もある。釣りは、竿を出してみなければ分からない。釣れてないからと行かなければ、当然釣ることなど...
Read More

ボクを鯛カブラに連れて行って!  

「た、鯛カブラに行きましょう!」「休み合わせて一緒に行きましょう!!」こう勢い込むのは、職場後輩のシュージショアエギンガーだったシュージだが、わしの影響で、先日オフショアにデビュー元々のめり込みやすい性格なので、わしの思惑どおり、ティップランから鯛カブラへと、どんどん深みにハマっている。よし、どこに行こうかせっかくなので、少し遠くに行こう。そうして選んだのが、香川県高松沖よし、メンバーを募ろう「ボ...
Read More

さ、3週間ぶりやでぇ~!!の明石沖 

休みごとに何かと所用が入り、実に3週間ぶりの釣行となった。週末の日本列島を襲った迷惑な台風も去り、天候も回復しそう。よし、アツい漢に合いに行こう。お世話になったのは、古志船長が操船するK's(ケイズ)さん目指すは明石沖 先日台風が上陸した場所だけに、その影響が心配だが、前日はそこそこ喰ったという。 この日のプランは、朝イチにタチウオを狙い、その後潮が来れば激流アタック 清潔で広々としたキャビンで快適に過...
Read More

熊野沖のYellowfin 

久しぶりに山越えルートで行こう。聞けば、道路も整備され、かなり走りやすくなったらしい。通称「大台越え」は、もともと自宅から紀東までを最短距離で結ぶルートで、昔何度か通ったことはあるが、何せ道が細くてカーブも多く、非常に疲れる。また、有料道路も整備されたので、ついそちらを使ってしまう。しかし、今回は現地まで一人なので、久しぶりに走ってみようと思った。まず自宅から吉野を目指し、そこから国道奈良県と三重...
Read More

真夏の青物を喰う 

今年の明石沖は、久しぶりの青物で賑わっている。釣れるサイズは、30数センチのツバスからメーターオーバーのブリまで大型は大型の楽しみがあり、小型は小型なりに楽しめる。そして、持ち帰った後には食の楽しみが待っている。よく「夏の青物なんて不味そう」という声を聞く。どうも巷では、寒ブリに代表されるように、青物は寒い時期に脂が乗ると思われている。しかし、この時期に明石に入ってくる青物は、いいベイトを喰っている...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。