・よし、寿司を握ろう! ・大阪北新地 寿し処黒杉 ・玄海産の美味い魚の話 ・玄界灘ウインターキャンプ 特別編 ・寒のヒラメが美味い理由 ▼もっと見る

プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

カテゴリ:美味い食い物の話のエントリー一覧

  • よし、寿司を握ろう!

    今さら悪天候に驚いたりはしない。荒天を別に悔しいとも思わないし、それほど腹も立たない。今回は、荒れるのが分かっていたので船の予約すらしていない。これから年度末を迎え、休みにも送別会やら何やら忙しく、この先は釣りの予定も無い。なので、釣具屋さんに行く気も起きない。暇である。とっても暇である。ホットカーペットを入れてゴロゴロしていると、2匹の猫も傍に来てゴロゴロしている。これはこれで、結構幸せ暇やなぁ...

  • 大阪北新地 寿し処黒杉

    「がきちゃん、寿司喰いに行こうや」チームGACHIのAN会長からお誘いそういえば、自分で握ったもの以外、最近美味い寿司を喰っていない。いいねぇ~  行こう、行こうAN会長に、米源釣具店のM本副店長と向かう先は、北新地の名店 寿し処黒杉店主である黒杉大将は、実はチームGACHIのメンバーでもある。しかし、一昨年の夏に店を移転して以降、ご多忙のためソルトからは遠ざかっているので、顔を見るのは久しぶりここで、寿し処黒...

  • 玄海産の美味い魚の話

    さて、お待ちかねの美味い!!編今回は、玄界灘で獲れた特選素材なので、心して味わいたい。そんな美味い魚たちを、いつものように、釣魚居酒屋のがきちゃん亭に持ち込む。「魚と会話できる」という店主は、玄界灘の魚を絶妙のタイミングで喰わせてくれるだろう。まずは釣った翌日のブリから。ただのブリだが、十分に腹太でなかなか美味そうな個体やはり魚の味を味わいたいので、シンプルにいただきたい。玄海産ただのブリの刺身こ...

  • 玄界灘ウインターキャンプ 特別編

    玄界灘の楽しかった余韻に浸りながら、もう一つの楽しみを紹介したい。玄界灘が豊かな漁場であり、アングラーにとっては夢の海域であることからときに「聖地」という表現が用いられる。一方、福岡は、食のうえでも美味いものが多く、こちらも「食の聖地」とも呼んでみたい。ご当地のグルメを味わうのもまた遠征の楽しみのひとつである。今回の遠征は、福岡市内で前泊するので、行きの車の中では晩飯の話で盛り上がる。「晩飯は何を...

  • 寒のヒラメが美味い理由

    少し更新が遅れたが、美味い!!編である。一般的に、ヒラメは寒の時期が美味いとされている。反対に、夏のヒラメは「猫またぎ」といって敬遠される。なので、ヒラメ釣りと言えばこの時期で、あまり夏には狙わない。おそらく、食味も釣り味も、産卵の時期によるものなのだろう。寒の時期は、白身のヒラメでも脂の乗りがいいという。脂の乗りを数字で見てみると、寒の時期の脂質含量(筋肉100グラム中に含まれる脂質の量)は約2.2%...

≪前のページ≪   1ページ/39ページ   ≫次のページ≫