FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

真鱈料理の主役 

先日わしが釣り上げた良型のタラその腹部は、今にもはち切れそうに盛り上げっている。船長も「これは白子たっぷり入ってるで~」とお墨付きをくれた。わしの大好きな白子ポン酢が思う存分味わえる。船長と白子の下処理や保存の方法などで大いに盛り上がり、わしの頭の中には乳白色の白子が溢れ、後はポン酢を掛けるだけでいつでも喰える状態になった。帰りの車の中でも、ついテンションが上がり、過去の白子料理のレシピや味わいを...
Read More

極上のメジロはこうして喰らう 

長い間美味いお魚を求められなかったので、美味い魚を喰っていない。魚料理が自慢の居酒屋に行けば、美味い魚は喰えるのだが、釣るまで魚は喰わんと半ば意地になっていた。そんな中、先日の釣行で手に入れた、見るからに美味そうなメジロせっかくなので、思う存分堪能したい。しかし、わしは魚を喰うのは好きだが、魚料理が大の苦手釣った魚を自ら捌き、綺麗に盛り付けられた魚料理を紹介するブログなどを見るたびに羨ましく思う。...
Read More

皆で美味いモンを喰う会 

「がきちゃん、ビワマス釣ってくるから皆で喰おう」とチームGACHIのAN会長聞けば、隼華ガールのねーさんエスコートにより琵琶湖に出かけるらしい。ビワマスとは、琵琶湖固有の魚らしい。正真正銘の、琵琶湖でしか釣れない魚らしい。知る人ぞ知るその味は、悶絶するほど美味いらしい。生憎わしは、休みが合わず釣りには参加できないので、ご相伴に預かることを楽しみに留守番することにした。AN会長やねーさんからミッションクリア...
Read More

美味すぎる豆の話 

先日母が、生協でポチった種が無事に実った。記念すべき、家庭菜園の収穫第1号となったのはこれえんどう豆だが、成熟すると鞘が鮮やかな紫色に色づく。普通のえんどうやいんげんなら知ってるが、こんな豆は見たことがない。当の母に聞いても、「けったいな豆やなぁ~」と無責任な返事ネットで調べてみると、紫いんげんという種類だということが分かった。別名は、「やらず豆」美味すぎて、人にはやれないというのがその名の由来な...
Read More

おふくろの味 

「そういえば昔よく喰ったよなぁ」と、ふと懐かしい味を思い出した。今から15年ほど前だろうか、まだわしらが小さかったころ、よく母が押し寿司を作ってくれた。当時は、握り寿司など特別な日にしか喰うことができず、寿司といえば、母の手作りの押し寿司かばら寿司であった。いわばおふくろの味である。押し寿司のネタは、甘辛く煮付けたなまり節これがやや甘めに合わせた酢飯とよく馴染んで美味い。そう思うと、無性に喰いたくな...
Read More