・美味い鮎の焼き方 ・マイカの冷凍保存 ・職人の技と美味い寿司 ・マトウダイ ・明石鯛で作る鯛めしの味わい ▼もっと見る

プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

カテゴリ:美味い食い物の話のエントリー一覧

  • 美味い鮎の焼き方

    せっかくの休日だが、仕事が入るかもしれなかった。なので、行を予定せずに様子を見ていたが、結局仕事は入らずに、ぽっかりと時間が空いた。よし、アレをやろう実は、前からやろうと思っていたことがあった・・・先日、親戚でフレッシュなアングラーのまっちゃんが釣れたての鮎を届けてくれた。鮎釣りはやらないわしだが、周りに鮎釣り師が多いそのおかげでこの季節になれば、美味い恩恵を得ることが多い。いつもは魚焼きグリルに...

  • マイカの冷凍保存

    マイカ釣りが大漁で、たらふく喰って、近所に配って、それでも余れば冷凍保存一般的に、魚や肉、野菜などの食品は、その細胞内に6割以上の水分を含んでいる。そのため一旦冷凍すると、細胞内の水分が凍って体積を増やし、自らの細胞膜や細胞壁を破壊する。そして、解凍するときに細胞内の凍った水分が溶けて破壊された細胞からドリップとなって旨みや栄養分とともに流れ出てしまう。しかし、イカやタコの細胞内には水分の含有量が...

  • 職人の技と美味い寿司

    無性に寿司が喰いたくなった。それも、とびきり美味い寿司が喰いたくなった。それは単なる欲求もあるが、また自己啓発でもある。美味い寿司を喰いながら、思い切り魚の話を聞きたい。そして、自身の魚料理のスキルも高めたい。よし、自分を高めに行こう。目指す先は、北新地の名店寿司処 黒杉格子戸を潜り、分厚い一枚板のカウンター席に付くいつもどおり 凜 とした空気に最初は身が引き締まるが、大将が柔らかい笑顔で迎えてく...

  • マトウダイ

    先日釣った紀州産の魚は、美味いものばかりだが特段代わり映えのしない刺身系ばかりだったので「美味い!!」編はサボろうかと考えていた。しかし、マトウダイがあまりにも美味かったので、少し紹介しようという気になった。マトウダイヒラメや根魚をノマセで狙うときに外道としてよく釣れる。顔に似合わず獰猛なフィッシュイーターで、当然ジグでも釣れる。一見おちょぼ口に見える口元だが、捕食するときは大きく開きながら蛇腹の...

  • 明石鯛で作る鯛めしの味わい

    「鯛めし」といえば、マダイとともに出汁で炊く炊き込みご飯が一般的蓋を取れば、ほくほくと上がる湯気の中から熱々のマダイとほんのり色付いたご飯が現れる。マダイをほぐし、丁寧にヒレや骨を取り除いたらざっくりとご飯と混ぜて、浅葱ねぎや白ゴマなどをトッピングしていただくと、思わず唸るほど美味いまたこれをお茶漬けにしても美味い。そんな鯛めしも捨てがたいが、今回はその鯛めしではなくて、宇和島鯛めしの話宇和島鯛め...

≪前のページ≪   1ページ/41ページ   ≫次のページ≫