・職人の技と美味い寿司 ・マトウダイ ・明石鯛で作る鯛めしの味わい ・エビスダイを丸裸 ・350メートルの海底からやって来た美味い魚たち ▼もっと見る

プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

カテゴリ:美味い食い物の話のエントリー一覧

  • 職人の技と美味い寿司

    無性に寿司が喰いたくなった。それも、とびきり美味い寿司が喰いたくなった。それは単なる欲求もあるが、また自己啓発でもある。美味い寿司を喰いながら、思い切り魚の話を聞きたい。そして、自身の魚料理のスキルも高めたい。よし、自分を高めに行こう。目指す先は、北新地の名店寿司処 黒杉格子戸を潜り、分厚い一枚板のカウンター席に付くいつもどおり 凜 とした空気に最初は身が引き締まるが、大将が柔らかい笑顔で迎えてく...

  • マトウダイ

    先日釣った紀州産の魚は、美味いものばかりだが特段代わり映えのしない刺身系ばかりだったので「美味い!!」編はサボろうかと考えていた。しかし、マトウダイがあまりにも美味かったので、少し紹介しようという気になった。マトウダイヒラメや根魚をノマセで狙うときに外道としてよく釣れる。顔に似合わず獰猛なフィッシュイーターで、当然ジグでも釣れる。一見おちょぼ口に見える口元だが、捕食するときは大きく開きながら蛇腹の...

  • 明石鯛で作る鯛めしの味わい

    「鯛めし」といえば、マダイとともに出汁で炊く炊き込みご飯が一般的蓋を取れば、ほくほくと上がる湯気の中から熱々のマダイとほんのり色付いたご飯が現れる。マダイをほぐし、丁寧にヒレや骨を取り除いたらざっくりとご飯と混ぜて、浅葱ねぎや白ゴマなどをトッピングしていただくと、思わず唸るほど美味いまたこれをお茶漬けにしても美味い。そんな鯛めしも捨てがたいが、今回はその鯛めしではなくて、宇和島鯛めしの話宇和島鯛め...

  • エビスダイを丸裸

    「ママ~ 裸じゃイヤ~!」このフレーズをご存知の方は、たぶんオッサンかオバハンだろう。その後には、「みんなで、のりを巻こうよ 大島屋~のり♪」と続く。今から30年ぐらい前の海苔のCMである。丁度わしが5歳のころ・・・このCMを見ると、無性におにぎりが喰いたくなったのを今でも覚えている。さて、タイトルについて先日釣ったエビスダイこの魚の食味の良さはよく知られているが、捌いて味わう前に、ひと仕事こなさな...

  • 350メートルの海底からやって来た美味い魚たち

    「釣行記の後は美味い!!編やろ!」そのとおりこのブログでは、すっかりそのパターンが定着し、当然ご期待いただいているところである。徐々にハードルが上がるのを感じながら、また自身にもプレッシャーを掛けながら、そのスタイルを続けている。それではお待ちかねの美味い!!編をじっくりとお楽しみいただきたい。中深海で釣れる魚は、得体の知れないもの居るが、総じて美味いものが多い中でも本命のアカムツは、テニスの錦織...

≪前のページ≪   1ページ/41ページ   ≫次のページ≫