美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

思いっきり牡蠣のオイル漬け 

先日、古い友人たちに会いに広島県に出かけた。広島市に住む友人が、美味い料理と酒でもてなしてくれ、皆で飛び切り楽しい時間を過ごした。わしが広島に行ったとき、土産として必ず買うのがもみじ饅頭と牡蠣のオイル漬け小さな瓶で1,000円以上もするお土産価格だが、ほんまに美味いので必ず買って帰る。旨みがギュッと詰まった牡蠣の身が、サラッとしたオイルに絡んでまさに絶品ちびりと摘まみながら、グビっとビールを飲んで、ひ...
Read More

真魚箸 魚料理へのこだわり 

いい魚が手に入れば、当然料理する腕にも力が入る。特選の素材に敬意を表し、心を込めて仕上げなければならない。魚料理の肝となる包丁の話は前に書いた。今回は、板前さんが包丁の対として使用する箸の話「真魚箸(マナバシ)」という、魚料理の盛り付けに用いられる箸がある。「真菜箸」とも書くが、一般的には「盛り箸」で通っている。包丁式という、正装して右手に包丁、左手に箸を持ち、魚には一切手を触れずに捌く儀式で知ら...
Read More

こ、これがカワハギの肝なのか! 

先日釣った徳島産のカワハギワッペンと呼ばれるミニサイズは少なく、ほとんどが20センチ以上の良型しかも腹周りが分厚く張った固体が多かった。中から出てくるものを想像し、頬を緩めながら取り出したのがこれプルッとしたプリン様のものの中に、乳白色のクリームチーズのような極上のものも混じっている。いつもカワハギの肝は、大きくてきれいなものは肝刺しにし、やや形が崩れているものは肝醤油や肝和えに使うことにしている。...
Read More

アオリイカあり〼 

アオリイカは、今や釣りの人気ターゲットのひとつ一方、抜群の食味でイカ好きを唸らせる。釣りたいから釣り、喰いたいから釣る。わしも先日、アオリイカの独特の締め込むような引きを存分に堪能した。釣りの後には、さらに至福のときが訪れる。釣れたアオリイカは、300~700グラムと身も柔らかくて一番美味いサイズ早速、そのシーズン初モノを味わった。美味い素材は、まずはシンプルに刺身と寿司でいただく。アオリイカの刺身アオ...
Read More

天高く皆肥ゆる秋 

秋とはいえ、30度に迫ろうかという気温で夏のような日差しそれでも空気はカラっと乾燥して気持ちいがいい。やっぱり秋はいい秋といえばやっぱり「食欲の秋」一年中食欲旺盛なわしだが、この言葉には人並に反応してしまう。ん!?耳を澄ませば、何か聞こえる。「美味いもんあるよ~」「いっぱいあるよ~」「さぁ、みんな食べにおいで~!」なになに?何やら美味そうな匂いがする。鮎の炭火焼きドングリをたっぷり喰った猪肉南紀産キ...
Read More