久々集結! HINKA3の釣果の行方

2012.09.30(20:45)

HINKA4という集団があることをご存じだろうか。
メンバーは、DR-KS藤君ミキオちゃんわしの4人

それぞれ腕は確かな者ばかりである。

別にチームGACHIの二次団体でも何でもないのだが、このメンバーが顔を合わせるとなぜか貧果に終わるので、いつの間にか巷でそう呼ばれるようになった。


この日は、DR-Kを除いた3名が集結した。
だから今日はHINKA3

お世話になったのは、熱血古志船長が操船するケイズさん

常連ののんちゃんの顔もある。

狙いは、マダイ、青物にタチウオ
これは、楽しい一日になりそうである。

まず朝の潮でマダイから
実はわし、とにかくカブラが巻きたかったので気合が入る。

潮の色も悪もくないし、いい感じに流れている。

しかし、なかなかアタリがでない。
同じラインを流している僚船も苦戦している様子である。

残念ながら、ここでは名手S藤君の1枚のみ。
わしには極ショートバイトが2度あっただけ。

船尾でジグをしゃくってたのんちゃんにメジロが噛んだが惜しくもフックアウト

その他異状なし

青物に転進である。
水深30メートル前後を流す。
青物の反応は、いつもどおり底べったり。

しかし厳しい・・・
思いだしたようにポロ、ポロとハマチが上がる程度

異状なしで大きく移動


このポイントではあまり他の船のプレッシャーが少ないようで期待が大きい
その期待にミキオちゃん2本のメジロで答えた。

IMG_0091.jpg

さすがである。


しかしその後はハマチがポロポロ・・・

「タチウオの反応出てるで!」と古志船長
ここでお土産を確保しておかないと寂しいのでせっせと釣り上げる。

どうやら同じポイントにメジロ、ハマチ、サワラ、シオ、タチウオが混在しているようである。

すると、何やらトモのお客さんにいいアタリ

シオちゃう!?
サワラやろ!

なかなかの引きで上がってきたのは・・・


浪速のターポンや!!


浪速のターポンことヒラという魚
しかもデカイ

なぜか今年はやたらコイツが多い。

ガッカリしながらリリースしようとする釣り人に対し、ミキオちゃんとS藤君が声をそろえて
「ちょっと待った!!」

そして振り向きざまに「がきさん、これ喰ってみてや!」だと・・・

何でわしやねん!?



その後、特にクライマックスも無く、船内のテンションも・・・

IMG_0090.jpg


結局HINKA3の釣果は、マダイ1、メジロ2、ハマチ2、サゴシ3、タチウオ多数で終了
(あえて内訳は書かないでおく・・・)


またしても貧果に終わってしまった。

古志船長も時間を延長して頑張ってくれたのだが、この日はとうとう「古志節」はでなかった。


しかし、貧果であっても、このメンバーはいつも楽しい。
今日も喋りまくり、笑いまくりであった。



みんなの釣果

00110.jpg


釣果を記録中の古志船長

IMG_0093.jpg




浪速のターポンは、皆の熱望によりわしのクーラーに収まった。




これ喰うんか・・・

IMG_0094.jpg


今まで毒のある魚以外はたいてい喰ってきたが、さすがにこいつは少し気が重い・・・






つづく・・・





この日海に浮かんでいるとき、遥か東の方向に高々と立ち昇る黒煙を見た。
後で姫路の化学工場で爆発火災があり、多くの負傷者が出たと聞いた。
しかも、また尊く若い命が失われたらしい。
本当に心が痛む。
詳しい事故原因はまだ分からないが、どうしてこういう事故が無くならないのだろうか。
事故が起きるたびに「危機管理」や「再発防止」という言葉を聞くが・・・

決してこの犠牲を無駄にしてはならない。
勇敢な若者に心からから敬意を表し、ご冥福をお祈り申しあげます。


にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2012年09月

  1. 久々集結! HINKA3の釣果の行方(09/30)
次のページ
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ