美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

98ツインパワーメンテナンス 

98ツインパワー8000HG
10年前に、ジギング用として初めて買ったリールである。

とても働き者で、数々の魚を捕獲してくれた思い出深いリールである。
当時は「ジャカジャカ巻き」と言うのが全盛で、ひたすらハイスピードでガンガン巻き上げていた。
まだ、「コンビジャーク」や「丹後ジャーク」という言葉が無かった時代である。
「ワンピッチ」は、ベイトテクニックの代名詞であった。

ジャークに疲れて途中で休んでいる時に、コンコンとハマチがジグにアタり、アワセを入れたらヒット
するのを「まるでハゲのアタリやなぁ~」とか言いながら不思議がったものである。
今で言う「早巻きストップ」というテクニックである。

またまた、話が横道に逸れてしまった・・・

今日は、その98ツインパワーのメンテナンスをすることにした。

分解掃除である。
スピニングリールのメンテナンスは、手持ちの古くて低価格なリールを順番にバラして練習し、
エギング用のルビアスまで完了している。

そして、いよいよジギング用に取り掛かることにした。

黄ばんだパーツ図を見ながら分解開始!
「いけません、これ以上はいけません・・・」と思いながらもどんどん分解する。

バラバラやでぇ!
バラバラやで!
でも、まだまだバラすでぇ!

2年前にマスターギアを交換しているものの、かなりグリスが汚れている。
古いグリスまみれ

幸いにも海水浸入によるサビは見あたらず、ギア類も異常なし。
古いグリスをパーツクリーナーで洗い流して再度グリスアップ

ベアリングもすべて汚れを落としてメンテナンスオイルを注入
ベアリング脱脂
くるくると軽快に回転する。

そして、分解とは逆の工程で組上げる。
結構単純な構造であるが、順番を間違えると上手く部品がはまらない。
特にクラッチには触れてはいけない(そこには、見てはいけないモノが詰まっている)。

マスターギアを取り付けて・・・ ここまでくれば、もう一安心である。
マスターギア組み

ネジやワッシャーが余ることなく、無事に完了!

早速、巻き巻き・・・

う~ん、いい感じ!
回転がとても軽くなった(ような気が)!!

まだまだ君を引退させません。

連続試合出場記録更新中!!

さて、次はどれにしようかな


おしまい・・・







スポンサーサイト

ジギング タックル

Comment

Add your comment