プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

タイカブラ用リール考

もともと青物の潮待ちの時間潰しだった釣り・・・
片手間と言うか、「どうせ釣れへん」と思っていた釣り・・・

わしの中では、そう位置付けされていたタイカブラであるが、
昨年は真面目に取り組んでみたところ、
魚影の濃い海域ではアタリも多く、またいろいろと試しているうちに
タイカブラは、非常に奥深くておもろい釣りに昇格したのである。

使用するリールは、エサ釣り用の流用からスタートしたが
低価格なものなので、タイカブラの生命線であるスムーズな巻きができない。
そこで投入したのが、リョウガ2020

もともとバス用に開発されたリールであるが、ソルトにも対応しているため
ベイジギングやタイカブラにも多く使用されている。

2000番クラスはタイカブラには少し重いと感じるかもしれないが、
その分ロッドの手元が安定し、逆にロッドの感度が鋭く感じられる。
ギア比は5.1 最大巻上長60センチで、非常にトルクフルである。

ハイギアを好まれる方も多いが、どうしても引き重りは避けられない。
わしは、断然ローギアがいいと考えている。
その理由は、巻きの安定感と巻き上げに余裕があるので、
潮の境目など海中からの情報がとても敏感に伝わってくるのでとても楽しい。
また、スローでしか噛まないとき、ハイギアでゆっくりのリーリングはとても辛いものがある。
(早巻きが良いときは、早く巻けばいいだけである。)

とにかく、トルク、巻きの安定感、ドラグ性能・・・
その全てに惚れ込んで使っているリョウガ2020であるが、
そろそろカブラ用にもう1台欲しくなってきたところである。

カルカッタコンクエストやジリオンPE、リョウガ1000番などを候補に
いろいろと考えたが・・・

結局コイツに決めたのである。

IMGP4692.jpg

同じくリョウガ2020

何しろ「落として巻くだけ」の釣りなので、
リーリングを通じて得られる情報がとても大切なのである。

だから、同じリールに同じライン
同じリーリングスピードでロッドのパワーだけを変えることにより
より多くアタリを拾うことができるし、
使用するカブラの効果を検証することができると考えるのである。

IMGP4697.jpg

ロッドは、ブリッジ アイアンホーネット シュミットのSRとFR

IMGP4714.jpg

しばらくは、SRをカブラに、FRをタイサビキに使用する予定である。

縁あってわしと出合ったので、末永く大切に使いたい。



おしまい・・・



列島に大寒波が居座り、釣行が滞っているので
どうしてもタックルネタが多くなる(^^;
皆さんはいかがかな??

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




リバレイ RBB RBBウインターサロペットパンツ
リバレイ RBB RBBウインターサロペットパンツ

お買い得感満点のパンツであるが、
LLは売切れてしまったようである。
Lなら即納なので急げ!!




ロゴス(LOGOS) 遠赤防水防寒軽量パンツ・クロフト
ロゴス(LOGOS) 遠赤防水防寒軽量パンツ・クロフト

これも暖かいと大人気!!
買っておいても損はないかも(^^




Zippo(ジッポー) ハンディウォーマー
Zippo(ジッポー) ハンディウォーマー

寒い日にこんなものも如何かな?
インプレは、また後日(^^V
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1538:リール選定 by カチカチ大魔王 on 2011/01/23 at 19:16:10

安定した巻き取りを選んだ訳ですね~フムフム...

深みにハマルに連れ、道具にもこだわりが出てくる
自然の流れとは云え もう一台リョウガとは 
羨ましい次第であります...



1539: by Schott! on 2011/01/24 at 19:15:34

確かにいろんなリールを試してみたいとゆー気もしますが、
同じリールを2台の方が使いやすさとメンテを考えると賢いと思いますよ!
ま、贅沢なリールですから釣れなくても道具のせいには出来ないって事ですね(笑)

1540:カチカチ大魔王さま by がき on 2011/01/24 at 20:49:09

タイカブラって、落として巻くだけの簡単な動作ゆえに
自信を持ったタックルで挑む必要があると思うのです。
だからといって、高い道具を使えば釣れるかというとそうでもなく・・・
簡単なようで難しい。
まるで禅問答ですな(^^;

1541:ショットさま by がき on 2011/01/24 at 20:50:31

おっと
さすがに鋭い突っ込み・・・
そのとおりです。
「タックルバランスが・・・」なんて口が裂けてもいえません(^^;

▼このエントリーにコメントを残す