あれから4ヶ月 被災地を訪れて・・・

2011.07.27(21:43)

7月25日から3日間、東日本大震災の被災地に行ってきた。
自身2度目の被災地入りである。
前回は、発災直後に災害支援のために福島県へ
今回は、プライベートで宮城県石巻市に行ってきた。

わしらの同業者は全国に居て、日頃から情報交換を中心に交流が行われており、
個人的にも多くの友人といろいろなネットワークを通じてお付き合いさせていただいている。
先の大震災では、東北に住むわしの友人自身は幸いにも皆無事であった。


震災ボランティアの活動をしているという同僚が居る。
先日、氏とボランティアの内容について話す機会があった。
石巻市に住む同業者(ここでは、その同業者を仮にOさんと呼ぶ。)のご家族を探しているというである。
発災時、仕事中だったOさんのもとに奥さまから「娘と無事に避難所に避難している。」というメールが送られたが、その後避難所に押し寄せた津波によりお二人とも行方不明
現在も見つかっていない。

Oさんは、震災直後から仕事が終わった時間や休日に地元の仲間とともにコツコツと捜索活動を続けておられた。
その活動を支援するために全国の有志が立ち上がったのである。
あるネットワークを通じてこの話を聞いた同僚もこの活動に加わったというのである。
同僚からその話を聞いたわしは、居ても立ってもいられなくなり、是非自分も参加したいと申し出たのが今回の話の発端であった。

宮城行きを募ったところ、多くの同僚や後輩の参加希望があったのだが、休みの都合からそのうちの5名でチームを結成し、この度の活動を行う運びとなったわけである。

行程は、夕方に大阪を発ち、900キロ強の距離を約12時間かけて早朝に現地入り
その日の夜まで活動を行って夜中走り、翌日午前中に帰阪というもの
本当は、もっと現地に居たかったのだが、あいにく休みの都合が付かずに0泊3日の弾丸ツアーとなった。

GACHIカーin東北1

GACHIサポートカーin東北

夜明け

GACHIカー2


しかし、改めて被災地に入ると・・・

瓦礫は綺麗に取り除かれ、新しい道路が敷かれるなど、徐々に復興が進められているが、まだまだ震災の、津波の爪あとが痛々しい。

IMGP5670.jpg

IMGP5668.jpg

北上川沿い・・・
石巻漁港から市内・・・
津波に襲われる様子を何度もテレビニュースで見た場所が、今わしの目の前にある。

そのあまりの無残な光景に、声を失ってしまう。

消防署
(これは、地元の消防署)


発災直後から、自衛隊、警察、消防や海外の軍隊などの公的な捜索活動により多くの方が救出されているが、今なお4823名(7月25日現在 警察庁発表)の方の行方が分かっていない。
また、まだまだ捜索の手が入っていないところも多く残されているので、Oさん達はそんな場所を地図を片手にひとつひとつ捜索し、現地に捜索済みのマーキングを残すとともに地図上に落とし込んでいくのである。
そのように捜索した場所からは、何名かの方を見つけられているらしい。

陸上は、人が入りにくい海岸線を残してほぼ捜索が終了しているということで、わしらが任されたのは崖下のゴロタ浜
先日下見したところ、その浜には流木に混じって生活感のある漂流物が堆積されているということである。
チェーンソーなどの機材を手に、崖下に降りるために設置されたロープを伝い降り、手分けしてゴロタに混じった堆積物をひとつひとつ取り除いていく作業を行った。

漂流物の中には、流木などに混じって家の柱、畳、錠剤、プリクラの写真や氏名、寄せ書きが書かれたバレーボールなどが見られた。

ここで夕方まで活動し、このように捜索を行った旨をマーキングしておく。

マーキング1

マーキング2

この場所を一日捜索した結果、幸い(奇跡的)にも2箇所から行方不明の方の一部を発見することが出来たので、地元の警察に引継ぎ、鑑定をしていただけることとなった。
この地区でも約120名の方の行方が分かっていないので、もしもご家族の元に帰してあげることができたなら、わしらにとってこれほど嬉しいものはない。


それにしても、東北の方、被災地の方々は強くて暖かい。
皆口々に
「ボランティアの方ですか?」
「遠いところわざわざありがとうございます。」
「気をつけてお帰りくださいね。」
とわしらに声を掛けてくれる。

微力ながら、何かの役に立ちたいとやって来たわしらにそれ以上の力を持たせていただいた。

甚大な被害を決して無駄にしてはいけない。
尊い犠牲を決して無駄にしてはいけない。

まだまだ復興が進んでいるとは言いがたいが・・・
かつて戦後を復活したように、
阪神淡路をはじめ、多くの災害から復旧したように、
必ずこの地も蘇ると信じている。



本当は、ここにそれほど詳しく記すつもりはなかったのだが・・・
書いているうちに、少しでもわしの感じた気持ちを伝えたいと思ったので、拙いながらも綴らせていただいた。



頑張れ!ニッポン!!
蘇れ! 東北!!


そして・・・

頑張れ! わし!!


十三浜





おしまい・・・




石巻市内では、少しずつ飲食店なんかが営業を開始している。
駅前の飲み屋街?は真っ暗だが、ちらちらと看板が灯されはじめている。
この町が復活したとき、必ずや遊びにこよう。
今度は、満面の笑みで酒飲んでバカ話しよう!!
そのときは、財布が空になってもいいのである(^^

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

雑言 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ