美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

美味いお魚の美味い喰い方 

大型の台風は、猛威を振るいながら依然関西圏内を北上している。

被害にあわれた地域の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
また、今後台風の進路となる地域の皆様方におかれましては、くれぐれもお気をつけください。
これ以上悲しい知らせは聞きたくありません。


さて、ネタが無いときなんかにわしとお魚にまつわる四方山話でも記そうかと思って「お魚コラム」というカテゴリーを設けている(なかなか更新できていないが・・・)

前回は、わしと美味いお魚との出会い、美味い魚を喰いたけりゃ自分で釣ろう!!という話を書いた。


今日は、それからどうしたねん!?という話である。

美味いお魚を求めて釣りを始めたわしは、職場の先輩の影響もあり、和歌山県の白浜にあるイカダによく通ったものである。
東白浜釣組合が運営されていたそのイカダでは、アイゴ、イシダイ、メジロ、マダイ、コチ、キス、アジ、チヌ、シマアジ・・・
実にさまざまな魚が釣れるということでとても人気があったのである。
(残念ながら、今は営業されていないが・・・)

わしも初めての釣りで、40センチ弱のサンバソウを釣ってしまったのである。
これが、わしにとって運命の魚となるのである。

「まぁ強烈な引きを味わって、すっかり釣りのトリコになったと言いたいんやろ?」
正解である。
しかし、それだけでは普通の人間と何ら変わらない。

夢にまで見た美味しいお魚との出会いである。
しかも、なかなかのサイズなので当然刺身でいただくのである。
喜び勇んで家に持ち帰り、使ってない出刃包丁を引っ張り出してきて見よう見まねで三枚おろし・・・

結果は、見るも無残なものであった。

ズタズタになった身・・・
ほんの少しになってしまった刺身・・・
大半がアラ炊きになってしまったのである。

刺身というか、切れ端となった身にちょぼっと醤油を付けて口の中に放り込む。
コリコリとした身は、噛み締めるほどに口中に甘みが広がる。

悔しい!!


それから、わしの長く苦しい戦いが始まったのである。


魚の捌き方ビデオを擦り切れるまで見て
出刃包丁をピンピンに砥ぎ
木の俎板を買い
スーパーで、安いアジやサバを買ってきて、徹底的に捌き
夜な夜な青イソメ持ってテトラに行き、チヌやハネ釣っては捌き

また魚の喰い方にもこだわった。
塩焼き、煮付け、刺身以外にも、その魚に合った喰い方をいろいろ試し・・・

そしてようやく一人前に魚料理が出来るようになったのである。


そんな時に、わしのバイブルとなった本達

バイブル

釣り師や漁師は、ほんとうに美味いお魚の喰い方を知っている。

ページをめくり
紹介されている魚料理の味を想像しながら、それを肴に焼酎を飲む。
それはわしにとって、何ものにも変えがたい、至福の時間だったのである。

最近は、レシピなどいちいち本を開けなくても、ネットですぐに見つけることができる。

でも、たまにページをめくりたくなる。


先日、こんな本を買ってみた。

さかなレシピ

魚屋三代目日記という、文字通り魚屋さんの三代目が書かれているブログがある。
プロの視線から魚を扱い、丁寧な料理と綺麗な写真が満載された、とてもためになるブログである。
そんなブログが本になるというので、さっそく買ってみた。

紹介されているのは、いずれも身近な魚ばかり。
斬新なレシピは無いが、それがいいのである。
素材を生かす料理こそが魚料理なのである。

また、当分酒の肴になりそうである(^^



そういえば、今年はまだ明石産のサバにタコ喰ってないなぁ・・・






おしまい・・・



実は、ズタズタになったサンバソウの身
むちゃくちゃ美味かったのである。
半泣きになりながら「いつか絶対腹いっぱい喰ってやる!」と誓ったものである。
その後、チビーズが釣りに行くたびに釣れる小魚を「刺身!」というので捌いたものである。
スズメダイ、ガシラ、鰯、ボラ、ネンブツダイ、チャリコ、キス・・・(すべて20センチ以下)
おかげで、随分わしの腕は上達した(^^v

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

Name - カチカチ大魔王  

Title - レシピ

魚屋三代目日記 別館さきほど 覗きにいきました。
う~ん なるほど! 簡単そうに紹介してあるけど やってみると...
見るとするとでは大違いなんでしょうね

我が家のレシピは ガキさんのパクリであり、その中でも
炙り系に目覚めてしまい あほの一つ覚えの様にやっております!
盛り付ける皿も黒いヤツにするだけで なんかええ感じに
なっちゃったりもします。 

ちなみに小生の美味い魚との出会いは 99TP8000(98TP)が出た
年の秋、明石で釣った 鰆でした。
2011.09.03 Sat 22:14
Edit | Reply |  

Name - 三十路オンナ  

Title - 

がきさん、おはようございます!

わ、本のご紹介ありがとうございます♪♪♪

本を読むのが大好きなので、
UPされた本、是非読んでみたいと思います♪♪♪

身近なお魚を使ったレシピ、とても気になりました♪♪♪

鯖も美味しいですが、タコもいいですね♪
是非、美味しいタコで、お料理作って、またUPしてくださいませ♪

2011.09.04 Sun 09:22
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - 三十路淑女さま

よかったら、是非読んでみて下さい(^^
これから海は水温が下がり、秋の魚の出番です。
またいっぱい釣って、美味そうな料理を紹介しますので楽しみにしててくださいね!
2011.09.05 Mon 22:26
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - カチカチ大魔王さま

おおっ!?
自分の拙い料理のパクリとは!
ありがとうございます。
ブログ始めてから、盛り付けの勉強もしないとと思っています。
器と盛り付けで同じ料理が何倍も美味そうに見えますからね!!
2011.09.05 Mon 22:28
Edit | Reply |  

Name - さいとう  

Title - はじめまして

はじめまして

訪問者リストよりやってきました

魚、毎回美味そうに料理されてますね

私も一応捌きはしますが、料理の腕前が伴いませんのでがきさんのように美味そうに見えません

参考にさせて下さいネ!
2011.09.05 Mon 23:53
Edit | Reply |  

Name - Schott!  

Title - 刺身

誰でも最初は見よう見真似からのスタートですが
がきちゃんのように美味しく食べたい、上手くなろう!という気持ちが
強い人はすぐに上達するものですね!
な~んて偉そうに言ってますが、自分は子供の頃、毎回小魚を持って
帰っていると、そのうちお袋が面倒くさがって捌いてくれなくなりまして、
それで仕方なく自分でやるようになりましたよ(笑)
最初に捌いた刺身はベラかコッパグロだったような・・・?
2011.09.06 Tue 14:24
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - さいとうさま

はじめまして&コメントありがとうございます!!
さいとうさんのブログ、創意工夫がとても面白くて、いろいろと参考にさせてもらっています(^^
こんな拙いブログをのぞいていただき、感謝感謝!です。
今後ともよろしくおねがいいたしますね!!
2011.09.07 Wed 19:37
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - ショットさま

実は、ショットさんの刺身の盛り付け見て「こりゃイカン!」と思いました。
センス溢れる綺麗な盛り付け。
とても参考になります。
ゴマ、レモン、カイワレをアクセントにするのがミソですね(^^v
師匠でもあるショットさんにそう言っていただけるのは自信が付きますね。
さぁ、いい素材を求めて!!
2011.09.07 Wed 19:40
Edit | Reply |  

Add your comment