鰤族のお味とわしの味覚♪

2011.10.11(20:12)

もうすぐ地元の秋祭りである。
わしらの地区でも地車(だんじり)を出すので、「鳴り物の練習」と称して集まっては、
夜な夜な酒を飲んでいるところである。

釣りネタがないので、美味いお魚の話をひとつ。
今日は、ジギングのターゲットとしては切るに切れないお魚
ハマチなど鰤族の話である。

ジギングを始めるまでは、和歌山の船からオキアミを撒いて釣るか、沖の一文字からアジのノマセで狙っていた魚である。
いずれにしても、そんなに数が釣れなかったので、釣れれば丁寧に絞めて大切に持ち帰ったものである。

ジギングを始めてからは、「もう青物は要らん」とか「またハマチか」とか言ってついつい邪険にしてしまうことが多いが、実はとても美味い魚なのである。
確かに活性の高い群れに合えば、1投1本の入れ食いとなり「もうハマチはええからメジロ釣りたい」とかと贅沢なことを言ってしまうが、釣れないときは、1本釣るのにも苦労することもある。
「本当にジギングが上手い者は、ハマチの数を釣る者である」とよく言われる。
それにしても、ジギングをしていればハマチの釣果が圧倒的に多いのは事実なので、その分料理のレパートリーも増える。

刺身、ユッケ、ステーキ、竜田揚げ、握り寿司、しゃぶしゃぶ・・・
てこね寿司から進化したヅケ丼香草パン粉焼きはわしが考案したメニューだし、お友達から教えてもらったみぞれ鍋ブリポンも絶品である。

あまり歓迎されないツバスも、クラッシュアイスの上でキンと冷やした刺身が美味い。
味が薄いと感じれば、叩いた身にコチュジャンタレを絡め、ネギとゴマをまぶして卵黄を落としたユッケも最高である。
ケイズの古志船長が「むっちゃ美味いでぇ~!!」と絶賛するキズシは絶品である。
これらはツバスならではの調理法である。

先日、GACHIメンバーのjiggerさんがご自身のブログで興味深いことを書いておられた。
明石に釣行された氏は、皆が口をそろえて「脂が乗って美味い」というハマチの味わいを大いに期待されていたらしい。
しかし、どうも脂がのり過ぎてて苦手なようなのである。
氏の中では、脂ののりが少なくあっさりとした丹後産の青物の方がお口に合うようである。
確かに、ヅケなんかは丹後産ハマチの方が合うような気がする。

そう、魚の美味い不味いというのは人それぞれ。
味覚はひとによって違うのが当然である。

個々の味覚といえば、わしは人から「何を喰っても美味いと言う」味覚音痴のように言われることがあるが、それは大きな間違いなのである。

天才であるわしは、捌きながら魚と会話することが出来るのである。
「結構身がしっかりしてるなぁ」
「色白で透き通るような身やなぁ」とか
「なかなかキミは着痩せするタイプみたいやなぁ」とか・・・

いろいろと会話しながらその魚のコンディションを判断し、それに合った料理法を考えていく。
その魚の状態から味を想像し、その魚の味を最大限に生かす料理をすれば、どんな魚を喰っても美味いのは当然である。
だから、決してわしは「不味い」とは言わない。
もし不味ければ、それはわしの料理が下手だということである。
それが、自分で釣った魚への、わしなりの礼儀なのである。

丹後、紀北、中南紀、明石・・・
同じハマチやメジロでも、その味は全然違う。
いろいろな説があるが、ベイトによって左右するのは間違いない。
しかし、どの海域の魚でも、丁寧に絞めて持ち帰れば、美味しくいただくことが出来るのである。
よく氷見の「寒鰤」が最上だと言われるが、テレビニュースで大敷網で大量に水揚げされる風景を見ると、絞められず、網の中でぎゅうぎゅうに押さえつけられている姿を見てあまり食指が動かないのはわしだけではないはずである。
わしらはいつも、もっと美味い青物を喰っているからである。


青物の話をしていると、急に魚が喰いたくなった。
冷凍庫から明石産のメジロの切り身取り出す。

IMG_0143.jpg

今日は照り焼きにしてみよう!

では、簡単照り焼きのレシピを紹介しよう。

まず、タレ(砂糖、味醂、醤油)を準備する。
フライパンを熱して多目の油を引き、魚の両面をこんがりと焼く

IMG_0145.jpg

身に火が通ったら、火を弱めてタレを回し掛ける。
そのまま焼き煮の状態でタレを絡める(焦げやすいので注意)。

十分にタレが絡めば、白髪ネギを散らせて完成!

IMG_0146.jpg

じっくりと刷毛で塗りながら焼くのも美味いが、こうすれば簡単に出来るのである。
タレはやや多目にした方が味が絡みやすいのと、砂糖を多くした方が照りが出て美味い。

これは
美味い!!ぞ~(^^

白ご飯にも、ビールにも合う。

満足満足・・・

さぁ、今日も祭りの寄り合い行こ!!




おしまい・・・



冷蔵庫には、まだメジロにレンコダイが眠っている。
早く、美味しく喰ってくれと訴えている。
喰いたいときに魚が喰えるのはとても幸せなことなのである。
あれれ?マイカのストックが無い!?
それはえらいこっちゃ!!

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント
(。ゝェ・。p[+゚。こんばんは。゚+]q
青物ちゃんのぉ話うんうんとうなずく事ばかりです☆ヾ(o´∀`)ノ♪
スゴク興味深いぉ話でした(*´ェ`*)
今まさに丹後の海は当たり外れが激しく
1匹釣るのに苦労する日も多々あります(´;ω;`)
もっと安定してくれたらぃぃんですが(・ω・A;)
【2011/10/11 23:32】 | えっちゃん #- | [edit]
おはようございます。
確かにツバスやハマチは水物で釣れる時は大量になってしまうし、
釣れないときはボーズなんてことも。
特に今の時期の鹿の瀬はシャクりが合わないと釣れませんので
この傾向が強いですね。
先日もえらく苦労して2本。
ただうちは2人なので持って帰って食べるには十分な量。
青物は浮袋がない(?)ので致命傷になる傷がない限り
リリースできる魚なんですよね。
食べ切れない魚は海に返すのもひとつの選択肢ではないかと。
私らの親分のように物々交換してくれるところがあるともっといいのですが...。
【2011/10/12 06:38】 | 海猫洞 #OZ3djHKc | [edit]
天災なわしは、魚と会話が出来る?

さすが、、、尊の神様。。。。(^o^)/


しかし、、旨そうですね。

どうせなら楽しく、お魚にありがとうよ。。。ですね。

美味しく頂く、、、共感を覚えます。 <(_ _)>
【2011/10/12 23:11】 | AGA #- | [edit]
当方の地区は秋祭り終わりました。 やれやれです...
それより 全国の神が出雲に集結する 神無月(神在月)ですよ!
早く出雲に行かないと!

PS.先日、明石で ハマチ1本に苦労したところであります。
   うなずけます...   うん・うん... 

【2011/10/13 20:13】 | カチカチ大魔王 #- | [edit]
こちらでもヤズ(ハマチ)はジギングの保険のような存在になる
こともありますね(笑)
大きければ脂が多いとは限らず1~2キロクラスのヤズが脂ノリノリで
美味かったこともあります。
ちなみに体脂肪計があれば寒鰤は何%ぐらいなのか測ってみたいですね!
【2011/10/14 16:19】 | Schott! #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/248-c44606cd
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ