プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

初物のカワハギ♪

久しぶりに好天とわしの休みが一致した。
こうしちゃおれんと言うわけで、今シーズン初のカワハギ釣りに出掛けたのである。

カワハギといえば真冬のターゲットだと思われがちであるが、さすがのカワハギも水温が下がりきってしまうと口を使ってくれない。
今ぐらいが一番活性が高いのである。
ただ、水温が下がると散らばっていた群れがまとまって深場に落ちるので、それを狙い撃ちするから大型が効率よく釣れるというわけなのである。
そして、カワハギと言えばやっぱり
これも水温低下とともに大きくなるので、やっぱり冬のターゲットだということになる。
(わしは年中脂肪肝ぎみだが、これはあまり歓迎されない・・・)

さて、今回お世話になったのは、和歌山県の栖原港から出船するかるも丸さん

IMG_0518.jpg

午前7時前、カワハギジャンキー5人を乗せて出港である。
昨日までは波が高かったので湾内しかできず、小型が中心だったらしい。
しかし今日は日の岬沖まで行くらしい。

待ってました!!
日の岬といえば大型カワハギの一級ポイント
これは期待できる。

さっそく仕掛けをセッティング

IMG_0522.jpg

今日は自作5本針仕掛けに、ハリスはやや長めの8センチ
針は太軸のダイワのパワースピード8号
普段わしはスピード7.5号の6センチハリスを使用しているのだが、日の岬サイズと言われる25センチ以上を狙うための仕掛けである。

スピードという針はむちゃくちゃ良く掛かるのだが、フック系の針と違って吸い込みを重視しているためか、いかんせん弱いのが難点なのである。
毎年何回かメガクラスに折られて悔しい思いをしているので、今年こそ30センチ級のメガを釣ってやるぞという仕掛けである。

1時間弱走ってポイントに到着
水深は50メートルライン

カワハギ釣りは、まずパターンを見つけるところから始まるのである。
わしは、決まって底中心にタタキ⇒弛ませ⇒誘い上げの組み合わせから始める。
特にここはシモリ混じりの砂地なので、カワハギも底を意識しているため、テンションを抜いた「這わせ」「弛ませ」というテクニックが有効なのだが、まだまだ水温が高いようで、そんなことをしていたらあっという間に餌取りにやられてしまうかアタリも出ずに餌だけ取られてしまう。

手強い・・・


ここで何とか25センチクラスを3枚
とりあえず初モノの顔を見ることが出来きてホッとする。

IMG_0519.jpg



まだ水温が高くて深場に群れが固まっていないということで、日の岬の地方の浅場に移動
ここは、磯まわりのポイントである。

いろいろ試すが底に落とすとアカジャコやベラといった餌取りの猛攻を受けるので、思い切って底を切ることにした。
磯まわりなのでカワハギも浮いていると判断
これが正解であった。

底から1~2メートルのエリアを「タタキ下げ」や叩いてから竿いっぱいに「誘い上げ」る方法が有効でアタリが連発
アタればカワハギ(紛らわしいアタリで時々フグ)という具合で数を伸ばすことが出来た。
仕掛けも針をスピードの7.5号に戻し、ハリスもアタリが出やすい4センチと6センチにのミックスに変更
これでカカッというアタリが出るのでバシッとアワセを入れる。
するとロッドにはカワハギ特有のカンカンカンという金属質な引きが伝わるのである。

楽しい~!!

やっぱりカワハギはおもろい。



ここで、わしの取っておきを紹介しよう。

一般的にカワハギを絞めるのにナイフを使うが、わしはコレを使う。

IMG_0521.jpg

ホームセンターに売ってる植木バサミ

これで背骨と太い血管を一気に断ち切って、バケツに入れて血抜きする。
こうすれば肝に血がまわらずにクリーム色の肝を味わうことが出来るのである。
ナイフだと、上手く絞めないとどうしても肝に血がまわってしまい、残念な結果になるのである。


結局キープは15枚

IMG_0525.jpg

ワッペンサイズを5枚ほどリリースしているので、20枚以上は釣ることができた。
型に不満があると言うものの、初釣りにしては上出来である。



さて、釣った後のお楽しみ

今宵もこれで芋焼酎のお湯割りをいただこう!!

カワハギの薄造り

IMG_0526.jpg


「魔味」肝あえ

IMG_0531.jpg
(残念ながら、まだ水温が高いためかあまり肝が入っていなかった。)


小型はムニエルでいただこう。



やっぱりカワハギは

美味い!!

そして

おもろい!!





おしまい・・・




明日からGACHIメンバーが出雲に遠征
残念ながらわしは仕事のために参加することが出来ないが
きっと神様に出会えるはずである。
わしにできることと言えば・・・
そっと好天を祈ることぐらいである(^^v
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2552: by AGA on 2011/12/17 at 12:20:00

こんちは~~~

日本は寒そうですね~~~

これで一挙に、美味しい魚が、、、

水温の低下、、、旨い魚を求めて、、準備万端?

NEWタックルの釣果、、、期待してますね~~

12月15日、、、、見れるように段取り中です

2553:こんにちは。 by siren on 2011/12/19 at 12:09:23 (コメント編集)

かるも丸さんにお世話になった事があります。
結構良いポイントに行かれるのでオススメですよね。
この肝和えを食べてしまうと、寒くても行かねば
ならないと思ってしまうカワハギ釣り。
風が強くてなかなか予定が取れませんが…。
キッチンばさみ釣りに行く時常備していますけど、
植木ばさみの方がパワーありそうですよね。(笑)
しかし包丁捌き凄い上手ですね、いいなあ…、やっぱり
カワハギ釣り強行しようかなお腹痛いけど。

2556:AGAさま by がき on 2011/12/20 at 18:45:18

ええ~っ!
そちらでも「おっサンテレビ」見れるんですか?
無事にご覧になれたでしょうか?
ショボ~とか言わないでくださいね(^^;

2557:sirenさま by がき on 2011/12/20 at 18:47:29

カワハギされるんですか!?
面白いですね。
この季節限定のターゲットだし、喰っても釣ってもいいですね。
確かにこれからなかなか天候の良い日が少なくなりますが、頑張って出掛けましょう!
コメントありがとうございます。
今後ともよろしくおねがいいたします。

▼このエントリーにコメントを残す