プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

2980円の仕事人

先日の浦島釣行で使用したロッド

以前、浦島ではオモリ負荷50号、3.1メートルのムーチングの船竿を主に使用していた。
しかし、100号のオモリを乗せると限界まで曲がってしまい、小さいアタリが取りにくい
また持ち重りするのでとてもしんどい。

他にオモリ負荷30号と80号の船竿もあるのだが・・・
いろいろ迷った結果、今回はこれをチョイスしてみた。

仕事人
(浦島で120号のオモリを乗せている曲がり)


某大型釣具店オリジナルの2980円!!

実はこれ、前にマイカ用に買ったものである。
マイカ用のロッドって、意外といいものがない。
もちろん高額な専用ロッドが良いのは分かっているが、別にマイカロッドに金を掛けるつもりは無い。

スッテで使うロッドは、柔らかめの胴調子がいいのか、アタリの出やすい先調子がいいのかは好みが分かれるところだが、小さいアタリを掛け合わせる釣りではないので、わしはイカの引きを吸収する胴調子が好きである。
しかし、柔らかいだけの竿は潮が早く重いオモリを使うときに余裕が無い。
オモリの重さに負けて限界まで曲がった竿は、タダの棒と同じなのである。
その結果、アタリがあってもイカのゲソだけが上がってくるというはめになる。

店員さんと「これぐらいでも充分やけどなぁ」とか話しながら何気なく触ってみると、とても良い感じ。
シャレで買い、マイカ釣りの電動微速巻きで使ってみると非常によかった。
周りからは「そんな安モンあかんで!」と笑われたが、わしの理想に近い調子に満足したものである。

オモリ負荷は30~50号となっているが、浦島では120号を乗せてもよく粘り、アタリがあって魚が乗れば、さらにそこから曲がり込む。
だからと言って、ガチガチではなくて、とてもしなやかな2枚腰を持っているのである。
これが安物グラスの実力なのである。

2980円の仕事人
決して安物をナメてはいけない。

値段が値段だけに今にも取れそうなガイドが付いているが、あと2シーズンくらいは使えると思う。

そろそろマイカの釣果も安定してきた様子
今年も楽しみである。



おしまい・・・




オリンピックも前半が終わり、みな結果に一喜一憂
いい成績を上げることができた選手達はみんないい顔をしている。
ひとの顔・・・
顔つき・・・
悪人面した善人も居るし、またその逆も居る。
しかし、顔つきとは人の心をよく表しているのではないだろうか。
あくまで私見だが・・・
アホ面の見本みたいなのが、前々首相のH山氏に前首相のK氏
まぁ言動がアホなので、顔までそう見えるのかもしれないが。
悪人面といえば、訳の分からん新党を結成したO沢代表
まぁどうでもいいのだが
食事時に現政権党の幹事長の顔をアップで映すのだけは止めていただきたい。
わしの顔?
わしは善人に決まっている(^^v
   ↓


にほんブログ村

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3004: by AGA on 2012/08/04 at 16:51:55

ギャハ、、、同じリールを使ってるAGAです。

竿は金額よりも、自分に合うものを、、、

って言っても。釣り道具屋が無いフィリピン

チョイスは限られています

3005:AGAさま by がき on 2012/08/04 at 20:25:52

それは奇遇!!
スーパータナセンサーですね!?

日本って、釣りのタックルが世界一充実してるんでしょうね。
あらゆるジャンルも揃ってるし・・・

3006:2980円だったんですか!! by Nori on 2012/08/04 at 23:03:49 (コメント編集)

おつかれさまです。
あのロッド、2980円だったんですか????
私、恥ずかしながら、道具から入る人間でして・・・、それでガキさんのあの釣果、スゴイ!!
やはり釣りは道具ではなく、腕ですなぁ~。

3007:Noriさま by がき on 2012/08/05 at 20:32:26

自分も道具から入るタイプですよ!
先日のロッドは試しに使ってみたら、予想以上に働いてくれました。
巷にいっぱいあるタックルの中から自分に合ったものを見つけるのが大切ですね。
またジギングも行きましょうね(^^

▼このエントリーにコメントを残す