美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

丹後のマイカとアジの味 

さて、先日のマイカ釣行の続編である。

丹後の海の幸をさっそくいただいた。

わしが持ち帰ったのは、マイカ大アジのみ
チダイは後輩達に進呈した。

やはりマイカは美味い。

コリコリとした歯ごたえと、甘みがたまらない。
この時期だけの特選素材なのである。

そんなマイカには、さまざまな調理法がある。

刺身はもちろん、煮付け、塩焼き、一夜干し、バター焼き
ジャガイモとガーリックバター焼き、トマトソース煮、パスタ
イカ飯、イカ焼き、黄金造り、しゃぶしゃぶ・・・

しかし、今日のメインは大アジなので、まずはシンプルに刺身

IMG_0003.jpg

もう味の説明は必要ないだろう。


そして船上で仕込んだ沖漬け

IMG_0007_20120905202736.jpg

これは絶品である。




そしていよいよ本日のメイン

丹後産の大アジ
サイズは40センチオーバー


IMG_0001_20120905202739.jpg

艶々と輝いたヤツを丁寧に〆て、潮氷でキンキンに冷やして持ち帰ったものである。


大アジの刺身

IMG_0004_20120905202737.jpg


大アジのタタキ

IMG_0009_20120905202735.jpg


ひろたのポン酢に紅葉おろしでいただく。

やや甘めの対馬のアジ醤油に土生姜でいただく。



・・・


ポン酢で喰えば、ポン酢の味
醤油で喰えば、醤油の味


・・・


マジ~!?
これマアジ
もしかしてマルアジ??

調べてみるも、マアジに間違い無い。


それは、決して薬味などに味が負けたのではない。
本当に美味い魚は、薬味やポン酢、醤油の味を引き連れて旨みを主張するのである。
それらの味を掻き分けて、味を主張するのである。


実は、捌いているときにそんな予感はしていた。
捌きながら魚と会話ができるわしにとって、十分に予測できたこと

大アジは、大味だったというオチである。


期待していた分、少し残念な結果となったが、魚には罪は無い。
次回は工夫して調理したい。


後輩達は、初めて喰うマイカの味を絶賛していた。
プク本は、チダイをわしが教えた鯛めしにして喰ったらしい。
美味かったと喜んでいた。
自分で釣った魚を調理して味わうという幸せを分かってもらえたようである。
それは非常に嬉しい。

もうすぐ秋
今年はどんな魚と出会えるだろうか

楽しみである。





おしまい・・・



昔、伊豆を旅行したとき
伊東駅前の寿司屋で喰った「アジ丼」の味が忘れられない。
注文を聞いてから、目の前で30センチ弱のアジを捌いてタレを絡め、
丼に盛った酢飯の上にたっぷりと乗せてくれる。
旨みたっぷりのアジとタレと酢飯が絡み、それは極上の味であった。
いつかは自分が釣ったアジであの味を再現してみたいと思う。
そのときの素材は、やっぱり泉南か明石産になるだろう。
また機会があれば、なぜ明石の魚が美味いのかを検証してみたい。
聞いてみたいだろ~(^^
   ↓


にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Add your comment