プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

タイカブラ量産

3連休、皆さんはいかがお過ごしだろうか。
相変わらずの残暑が厳しく、また台風の影響で不安定な天候だったが、
多くお方が釣りに出かけられたと思う。
また皆さんのブログの釣果報告を楽しみにしている。

わしはというと・・・

先日もお伝えした通り、パソコンのセットアップを中心に、
ちょこっとジムで汗を流した程度

そして、来たるべく紅葉鯛のシーズンに備え、せっせとタイカブラを作っていた。

タイカブラは、多くの市販品が販売されている。
いずれもそれなりのテスターがテストを繰り返してリリースされたものなのだが、
ネクタイの形状、長さ、セッティング、フック・・・
いずれもわしは気に入らず、どうも使う気になれない。

何よりも価格が高い。
消費が激しいタイカブラを納得する程度揃えるとなると、結構な出費となる。

だから、肩こりと闘いながら、せっせと自作しているのである。
また、わしの周りの「名手」と呼ばれる者達は、こだわりの自作カブラで多くの釣果を上げている。

わしの自作タイカブラは、一般にがきカブラと称される。
まだまだ改良点は多く、完成の域には達しないが、未だ市販品に負けたことはない。

がきカブラは、途中で少し変な方向に行きかけたが、何とか基本的なコンセプトが固まった。
その原点(言わばパクリ)となったのが、播磨の某船長が作るカブラ

ヘッドの色やネクタイの色については、いろいろ考えが分かれるところだが、明石に限って言えばこのカブラ一本で勝負できるといっても過言ではない。

また、この形状のものは市販品には無い。
そんな中、このカブラの作ったのは、まさに天才的なセンスだと言える。

現在のがきカブラは、このカブラの影響を受けている。
これは、決してコピーなのではなく、オマージュだと言いたい。



前置きが長くなったが・・・


ネクタイをカットし

針を結び

IMG_0038_20120917190246.jpg



ネクタイとスカートを根付け糸でサル環に結び

熱収縮パイプで固定し

結んだフックラインをサル環に取り付ければ完成


IMG_0042_20120917190245.jpg



これだけを一気にやれば結構な作業量である。

今回は、ボリュームが大きいものも作ってみた。

シンプルで細身なものが基本だが、ベイトや潮の加減から明らかにボリュームの大きいもの、波動が大きいものがいい時も確実に存在する。


ヘッドも15、18、20号とやや重めのものも充実

こんな感じ


IMG_0045_20120917190244.jpg



がきカブラブリッジ コンセプトシャフトミタチスペシャルで、落ち前の荒食いでよく肥えた、美味い紅葉鯛を迎え撃つ!!




「ええ~! 連休やのにおとなしく家に居てるん!?」と言いながら
親戚のまっちゃんの両親がアユを届けてくれた。

昨日、アユのトーナメンター集団のTEAM - A.SOULに所属するまっちゃんとチームGACHIAN会長が某所で釣ったアユである。


IMG_0050_20120917190243.jpg


キラキラと黄金色に輝くナイスなコンディション


さっそく塩焼きでいただいた。

IMG_0052_20120917190242.jpg


アユ釣りをやらないわしにとって、とても嬉しいいただきものである。

焼きたてにかぶりつくと、過ぎ去ろうとする夏の香りがさわやかに鼻腔を抜けた。

いよいよ実りの秋を迎える。





おしまい・・・



ウィークデイは、昼食を摂らずに摂取カロリーを控えているが・・・
週末は軽めだがランニングを心掛けているが・・・
基礎代謝が落ちてきているのか、なかなか体重が減らない。
週末、思い切り身体を苛めたいと思ってジムに行くも混雑しててやりたいトレーニングができない。
このままでは終われないとは思うものの・・・
これから迎える食欲の秋!
魚が美味い! 白飯が美味い! 酒が美味い!
かつて「スーパーがき」と呼ばれたわしだが、
このまま「ただのオッサン」になるのも悪くない(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3049: by イザッチ  on 2012/09/18 at 09:23:05

い頂き物ですね。

アユ釣りも面白そうなんですけど

ロッドやタックルをそろえると莫大な

出費になるのでちょっと・・・・。

先輩は経験あるのでしょうか?

何をされても上手な先輩だからアユに

ハマったら川からアユがいなくなるかもですね。

これから大阪近海の鯛もいなくなる~o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o

3050: by Nori on 2012/09/18 at 21:39:14 (コメント編集)

おつかれさまでーす。
タイラバもシーズン真っ只中ですもんねぇ~。
きれいなタイラバを量産ですね!!
市販品で済ます(針だけは替えますが・・・)不器用で、めんどくさがりな私としては、感心するばかりです。

3051: by ひとスィー on 2012/09/19 at 07:26:12

市販品に負けない『がきカブラ』!
まさに職人技ですね。
今回はダーク系のネクタイは作られてないようですが
紅葉鯛には明るいのが良いんでしょうか?

今度は、がきカブラでの爆釣記事ですね~(^_^)

3052:イザッチさま by がき on 2012/09/22 at 14:59:51

自分は鮎の経験はありません。
周りに鮎師が多く、よく誘われるのですが、鮎にまで手を出せば破産してしまいます(^^;
だから専ら食うのが専門です!

3053:Noriさま by がき on 2012/09/22 at 15:01:23

いろいろ考えてのカブラの自作、楽しいですよ~
これで釣れればもっと楽しい!
簡単なので、ぜひお試しください(^^

3054:ひとスィ~さま by がき on 2012/09/22 at 15:03:53

明石や泉南の深いところはダーク系よりもオレンジがいいような気がします。
逆に小豆島周りの浅場には、光量の加減でダーク系がいいのでしょうか。
まだまだ試行錯誤ですね(^^v

▼このエントリーにコメントを残す