美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

わしのイカスミパスタ 

今日も肌寒い一日であった。

釣りに行かなくても、わしの休日はとても忙しい。

先日の釣行でサワラにTGベイトを持っていかれたので、その補充のために米源釣具店さんに行ってきた。

実は、米源釣具店のM本副店長も、身内にご不幸があり今回の対馬をキャンセルしたひとり。

「悔しいなぁ~」
「何とか荒れへんかなぁ~」

とか言いながら、一緒に店のパソコンで九州方面の天気をチェックしたりする。

まぁここは、素直に好釣果を祈っておこう。



そして仕入れたのがこれ

ダイワのタングステンジグ TGベイト80g


IMG_0690.jpg


1本無くしたので倍返しである。

こいつは、泉南では鉄板

青物やサワラはもちろんのこと、マダイ、サバにアジまで釣れてしまう。
シルエットが小さいジグにしか反応しない時、まさにこれでしか釣れない時があるのである。



わしのTGベイトラインナップ



IMG_0694.jpg




今まではあまり興味を示さなかったが、思うところがあってこんなものも買ってみた。


IMG_0691.jpg


エギリー ダートマックスTR30g

そう、ティップラン用のエギである。

ダートマックスのパープル×パープルというカラーがT店長のおすすめ。
何やら某船長が「これ1本だけで勝負できる!」と豪語する、品切れ必至の人気商品らしい。

ティップランなんかするんかいな?と言われそうだが・・・
まぁ「いつか」のために忍ばせておくつもりである。


その後、少女時代のCDをガンガンかけながら久しぶりに車を洗ったりもした。





さて今日の夕食・・・


ふと、先日オーレ・ベアーテさんで喰ったイカスミパスタの味が脳裏をかすめた。

美味かったなぁ~と思い出すだけで生唾が湧いてくる。


喰いたいなぁ~と思いながら、戸棚を開けてみると


IMG_0696.jpg


おお~っ!  こんなところにイカスミペーストが!!
(もちろんヤラセである。)


これはやるしかない。



ここでレシピを紹介するので、皆さんはメモのご用意を。

まず、弱火で熱したフライパンにオリーブオイルを引き、ニンニクのみじん切りと鷹の爪を炒めて香りを出す。
そこに玉ねぎのみじん切りを入れて色が変わるまで炒める。
さらに潰したホールトマト白ワイン
それを煮立ててアルコールを飛ばす。
ここでイカスミペーストを投入する。
良くかき回して、いったん火を止める。

次は、パスタを茹で上げる。
茹で時間は、通常より1分程度短めに。
アルデンテよりも更に芯が残っている状態である。
(これが大事)

先ほどのイカスミソースを再度温めて、茹でたパスタを投入し、パスタにソースをよく混ぜ合わせながら水分を飛ばしていく。
そうすることにより、艶やかに、漆黒に色付くのである。
これをやらずにさっと混ぜ合わせただけだと中途半端な色になってしまう。
ここで時間をかけるので、パスタをやや固めに茹でるというわけである。

ソースの水分が無くなると、仕上げにEXバージンオイルを回し掛ける。


これで完成


IMG_0701.jpg


彩として、輪切りのプチトマトと、わざわざAカラーさんが届けてくださった自家製の絹サヤをあしらってみた。


如何かな?


期待を込めて一口


うん

オーレ・ベアーテさんのイカスミパスタには遠く及ばないが・・・

美味い!!


なかなかの出来である。

しかし、N谷シェフが作るイカスミパスタはもっとコクがある。
イカを入れた方がいいのか?
スルメイカの肝なんかもいいかもしれない。

一度こっそり聞いてみよう。


まだペーストが残っているので、次回はイカスミリゾットを作るつもりである。







おしまい・・・




こうしてわしの休日が終わっていく。
ところで「サザエさん症候群」というのをご存じだろうか?
日曜日の午後6時30分
テレビから「サザエ~さんサザエさん、サザエさ~んは愉快だな~♪」というメロディが流れる頃
「ああ、また明日から仕事が始まる・・・」とブルーな気持ちになるという。
しかし、そんな後ろ向きな気持ちではいけない。
サザエさんのメロディーが流れたら、フツフツと腹の底から力が漲るわしである(ウソ)。
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Comment

Name - AGA  

Title - 

suge~~~~~

Tintas de Calamar ですね。。。。

なんでこんなものあるの? 

Pasta Nero Di Seppia ( con tinta de calamar y salsa con salmón ahumado y puerros)

多くの有名レストランが使っています。

はっきり言って、驚きです
2013.04.22 Mon 15:11
Edit | Reply |  

Name - カチカチ大魔王  

Title - 

大変高価なタングステンいっぱい!

ある時に買っとかないと 欲しいときには無いという代物は
人間の購買意欲というかバイトを誘いますもんね

メンバーの皆さんは もう対馬に行かれてるんですね
昼の部、夜の部... ウフフ... 
2013.04.22 Mon 23:19
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - AGAさま

へ!?

そんなに有名なモノなんですか!?
知りませんでした・・・
あくまで、何気なく戸棚にあったものですから(嘘)(^^v
2013.04.23 Tue 21:32
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - カチカチ大魔王さま

そうなんですよ。
コイツはシーズン初めに作って、売り切っておしまいですからねぇ。
まぁ瀬戸内と泉南以外ではあまり出番が無いんですが・・・

でも、最近は手に入りやすくなりました。
ほかのメーカーも結構タングステン出してますからねぇ。
でも、このサイズの小ささと、もさっとした動きは一番です。
2013.04.23 Tue 21:35
Edit | Reply |  

Name - AGA  

Title - 

ギャッハハハハハ

なにげなく 戸棚に、、、、

ま~~~ 日本ならデパートに行けば売ってるのかな?

塩の代わりに、、、アンチョビを擦って入れてね。。。

そして、アンチョビが入っていたオイルをタラ~~~ってのも

ありだそうですが、、、、
2013.04.25 Thu 18:45
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - AGAさま

アンチョビありありですねぇ~
一度試してみます(^^
2013.04.27 Sat 00:54
Edit | Reply |  

Add your comment