美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

久しぶりの青物を堪能 

昨日釣った5本のメジロは、次々と友人たちの元に貰われていった。

わしはいつも、釣れた魚を見ながら、
こいつは「〇〇にして喰ってやろう。」
「こいつは〇〇やな」とか、次々とメニューが頭に浮かぶ。
しかし、予想外の大漁となった場合、それが「誰に貰ってもらおうか」ということにシフトする。
まぁ、こんなことは稀ではあるが・・・


昨日もそうであった。
まだジグを落とせば釣れそうだったのだが、これ以上釣っても処理に困るので、自分自身で強制終了
そこからはネットマンに専念したのである。(とてもかっこいい)

さて、手元に残ったのは2本
実家に半身を渡し、残りの1.5本を我が家で食べることにした。


では、早速いただこう。


まずは、早秋メジロの平造り

IMG_1276.jpg


捌くと、胃の中から大量のイワシ


これは背身だが、見事なサシが入っている。

IMG_1277.jpg

醤油をちょぼっとつけて口の中に放り込んで、もぐもぐと噛みしめると



美味い!!


上品な脂が程よく回り、何とも言えない甘みを放っている。
最高のコンディションである。


続いてブリポン

IMG_1280.jpg


IMG_1282.jpg


美味い!!


この調理法は、脂が乗れば乗るほど美味い。
青物の脂に炙ったゴマが香ばしさを添え、そこに大根おろしとポン酢が絡みつく。

これには、先日会津で買った純米吟醸酒がとてもよく似合う。

他には、画像はないが、チビーズ2号オーダーの握り寿司


わしのシメは、酢飯の上に刺身を並べ、山葵醤油を垂らしたメジロ丼

「いただきます」から「ご馳走さまでした」まであっという間に過ぎる。

夢中で食べるので、その間の会話は「美味いなぁ~」 「美味いやろぉ~」のみ
美味いお魚を喰うときは、これだけで十分である。

残ったサクは、ヅケにして後日いただこう。


その後は、昨日の余韻に浸りながら、静かに杯を傾けるのである。


とても幸せな週末である。






おしまい・・・




「ひと粒で2度おいしい」とは、まさにこのことである。
最近わしに弟子入りした後輩たちは、いろいろとタックルを選択中
中には「鯛カブラから鰤のジギングまで使えるロッドありますか?」なんてことを言う奴も。
その気持ちは分からいでもないが・・・
別に高級品でなくてもいい。
焦らずに、じっくりと気に入ったタックルを探せばいい。
これからわしが、ドンドンと深みに連れて行ってあげよう。
釣りは、本当に素晴らしい趣味である。
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

Comment

Name - Kazuhiro  

Title - 

青物いいっすねぇ。自分はこの秋まだです。早く脳から変な分泌を出したいです。たのP釣行企画、待ってます。
2013.09.09 Mon 09:34
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - Kazuhiroさま

⇒ Kazuhiroさま

たのP~企画、またお声掛けさせていただきます!
自分は、まだマイカに後ろ髪引かれ中です。
2013.09.09 Mon 20:25
Edit | Reply |  

Add your comment