プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

ツバスのキズシ

先日の余韻・・・

メジロたちは美味しくいただいた。

当日の船上のこと
明石のツバスの美味さを知っているので、皆前半のツバスは大切にキープしていた。

その後メジロが爆釣
現金なもので、どうしても前半のツバスは邪険に扱われてしまう。

しかし、明石のツバスの美味さを忘れてはいけない。
もちろんわしは、大切に持ち帰った。

帰ったその日は刺身で堪能


そして、今日、キズシにしたツバスをいただいた。

IMG_1284.jpg


丸4日漬け込んだ身は、まだミディアムの状態

IMG_1286.jpg



IMG_1287.jpg


箸で一切れつまみ、山葵醤油をちょぼっと付けていただくと



美味い!!


ツバスのキズシは、あまりなじみが無いかもしれないが、実はとっても美味いのである。


サイズ的にはアジ、サバに毛が生えた程度だが、決して明石のツバスをナメてはいけない。
身にはしっかりと脂を湛えている。
その旨みを、酢が見事に引き立てている。

サバのキズシほど味にパンチは無いが、噛みしめるとむ~んという旨みが口中に広がり
その後、む~んという旨みが鼻腔を抜けていく。


酢フリークのわしにとっては、たまらない味である。

小鯛、サゴシ、タチウオ、コノシロ・・・
酢で絞めれば、また違った美味さが味わえる。
漬け酢に、柚子などの柑橘を効かせても美味い。

これを読み、その美味さを想像し、思わず生唾が湧いた貴方
それは、立派な酢フリークの証である。

是非む~んをお試しいただきたい。



元々調理法が少ない小型の青物
その味わいの、一助になれば幸いである。







おしまい・・・





「がきさんのブログ、特に本文の下の青文字のところがおもろいわぁ~」
とよく言われる。
「そこが本音やろ」ともよく言われる。
時にここでスパイスを効かせることや、この部分に力を入れるのも事実である。
流石によくご理解いただいている。
そのように言われる方は、もちろん↓の「ジギング」バナーをクリックいただいていると思う。
その特典として、さらにおもろいブログとの出会いが約束されているのである。
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3652:美味しそう♪ by Kazuhiro on 2013/09/18 at 18:57:10

自分も最近、酢にハマってます。がき先生はしめサバの時、塩締めの時間と酢締めの時間どうしてますか?一般には塩1晩、酢20分とよく聞きますが千差万別ですね。青物のきずし、興味あるのでやってみたいです。

3653:Kazuhiroさま by がき on 2013/09/18 at 20:28:32

⇒Kazuhiroさま

これは美味かったですね~
サバはもちろん、小型青物、サゴシ、タチウオ、イワシ、小鯛・・・
何でもいけますね。
自分のシメ時間は、かなり適当です。
塩で30~1時間 酢は出来上がりをイメージして30分~4日ぐらいですね。
お好みでいいと思います。
ビールに冷酒が進みますねぇ~ 

3654: by Kazuhiro on 2013/09/18 at 20:46:44

酢が30分~4日、ん~???アバウトすぎてよく分りませんが、参考にします。
次の休みにGACHI予備軍ファミリーがアングラーズ1のジギングで中ヒラマサ狙います(保険で妻子には根魚仕掛け)。酢締めの対象漁を報告できるよう頑張ります。

3655:Kazuhiroさま by がき on 2013/09/20 at 21:21:24

⇒Kazuhiroさま

確かにアバウトですね(^^;
いよいよ丹後も秋のターゲットですね!
自分は、まだマイカに後ろ髪を引かれています。

▼このエントリーにコメントを残す