プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

正真正銘! 秋田産イクラの醤油漬け

ホテルやレストランの「偽装」問題が後を絶ず、次から次へと出てくる。

まぁ、予測できたことである。
大手だと、黙っていれば、後で指摘されたときにコンプライアンスが問われるから嫌々ながら自ら公表するが、その辺の飲食店を含めたら、水面下では相当数あると思う。

ただ、280円均一の居酒屋で「和牛ロース」と言われても、はなから「そんなわけないやろ」とネタにもなるが、それがブランド料込のバカ高い支払いを求めるホテルだと、それはもう犯罪である。


しかし、何かで読んだことがあるが、飲食店のメニューを決めるとき、例えばただの鶏の唐揚げを「スパイシーチキンの柔らか唐揚げ」とか、鯛の酒蒸しを「激流育ち真鯛の酒蒸し柚子風味」みたいにネーミングするだけで、売り上げが数割増すという。

だから、商売上の手法の一つなのは理解できるが、違う産地のマダイを明石鯛と言った時点でそれは偽装である。


ロブスターを伊勢海老としたり、バナメイエビ芝エビとすることを「誤表示」だと言うのなら、それを知らずに調理した料理人の質が問われる。

トビコをレッドキャビアと言い張るのは、それはもうギャグである。


「誤表示」を言い張れば言い張るほど、それにかかわった料理人やスタッフを自ら低能だといっているようなものである。


まぁ、この問題はこの先も無くなることはないと思うが・・・


わしも料理に大そうなネーミングをするのは嫌いではない。
しかし、わしの料理は本物である。




さて本題


今年も秋田県に住む友人からイクラが届いた。
いつも自ら鮭を釣って、自家製イクラの醤油漬けをたっぷり作って送ってくれる。

この季節のお楽しみ
今年は鮭が豊漁だったらしい。



さっそくイクラ丼でいただいてみた。


正真正銘 秋田産手作りイクラの丼

IMG_1379.jpg



IMG_1384.jpg



IMG_1382.jpg


熱々ご飯の上に、艶々と光るイクラをたっぷりと乗せて
豪快に口に放り込んで目を閉じる。



美味い!!



噛むごとにプチプチと弾けるレッドダイアモンド
口の中で、新鮮なイクラのまろやかな甘みと絶妙に味付られた醤油ダレが見事に絡みあう。

まさに至福の瞬間


これが、紛れもない本物の味である。


冷蔵庫の中にはまだまだ大量のストック
当分楽しめそうである。


御馳走さま







おしまい・・・




さて待ちに待った3連休
出来ることなら3日とも釣りに出かけたいところだが、明日は地元の防災訓練
そして中日の日曜日
約ひと月の時を経て、いよいよわしが復活する。
週間天気予報ではその日だけ雨
そんなことは関係ない関係ない。
もう釣れることしかイメージできないわしは、今からメニューを考えている。
さて、どのように本物の味を演出してやろうか(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3688: by 釣りバカじじいす〜さん on 2013/11/02 at 08:54:37

おはようございます!

がきさんも日曜日出動ですか!
奇遇にも小生もひと月半ぶりに出撃します。

ピンポイントで見事に雨ですねえ〜
天気持てばいいのですが。

お互いに頑張りましょう。

3689:ずるい by ヌッシー on 2013/11/02 at 09:59:05 (コメント編集)

これはずるいなぁ〜
反則級の食材ですよ(笑)

3690:す~さん by がき on 2013/11/02 at 18:42:53

おおっ!
無事に腰痛から復活されたんですね!
おめでとうございます(^^
ちょっと天候が心配ですが、久しぶりの釣り
お互い思い切りウップンを晴らしましょう!!

3691:ヌッシーさま by がき on 2013/11/02 at 18:44:01

へへへ(^^

贅沢な話で恐縮です。

▼このエントリーにコメントを残す