プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

ブランドもんの鳴門鯛

この週末は暖かく、まるでこのまま春になるのかと思うぐらい穏やかであった。

きっと多くの皆さんも海に出かけられたと思う。

ちゃんと無の境地にたどり着くことができただろうか。



Aカラーさんも、昨日アルファさんと鳴門に出かけられ、厳しい中でもちゃんと釣果を揚げられている。

「がきちゃん、明日近くに行くから鳴門のマダイ持っていくわ!」という連絡




これは嬉しい


IMG_0008_20140202203702b66.jpg


よく肥えた、ブランドもんの鳴門鯛が夕食の食卓を飾ってくれた。




鳴門鯛の刺身


IMG_0010_201402022037028af.jpg


刺身にするとき、驚いたのはその弾力


マダイを釣ったとき、その魚体をよく見ると、明らかに腹回りが太い個体がある。
そいつは間違いなく美味いヤツである。

コイツもそれであった。

身の弾力に加え、すこぶる味が濃い




鳴門鯛のヅケ


IMG_0012_20140202203701fad.jpg


湯霜にした身をやや甘めのタレに漬け込み、すり胡麻で和えてある。

これを熱々ご飯の上に並べ、熱いダシを掛ければ鯛茶漬けになるのだが、今日は、そのまま喰ってみた。




美味い!!



とても贅沢な味わいである。


湯霜にすることで歯ごたえが増し、すり胡麻の香ばしさと風味が一層マダイの旨みを引き立てている。
とても贅沢な逸品となった。




昨日は、無を追求するあまり、帰宅後も回復できずに抜け殻となっていたが・・・

それをお癒していただいたAカラーさんのお心遣いが嬉しい。

御馳走様でした。




次回は、是非自分の釣果を味わいたい。








おしまい・・・




年度末は何かと忙しく、なかなか釣りの予定ができない。
世間もあれこれとあわただしい。
日本中が注目する東京都知事選まで一週間
そんな中、大阪市長が突然の辞任を表明
え? 何で今!?
行政のトップの姿勢としては非常に疑問を感じる。
まぁいい。
それより何より、ソチ開幕も残り一週間
これは楽しみである。
4年間溜めに溜めたエネルギーを一気に解き放つ時が来た。
さぁ行け!!
思い切り応援したい。
頑張れニッポン! 
そして頑張れわし!!
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村









スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3848:がきさん by Kazuhiro on 2014/02/03 at 20:25:51

鯛サビキは残念でしたね。私も昨年撃沈したまま終わりました。ところで鳴門の鯛にも疲労骨折ってあるんでしょうかねぇ?写真を見ているだけでヨダレがキーボードに落ちそうです(笑)

3849:Kazhiroさま by がき on 2014/02/03 at 20:42:06

まだ本調子でない時には行かないのが賢明ですね。
まだ天気が良かったのだけが救いです。
鳴門鯛も激流に揉まれているので骨折跡ありますよ。

Kazuhiroさん、連絡したいことがあるのでメールください(^^

▼このエントリーにコメントを残す