メバルのナイトサビキング

2014.03.09(20:40)

昨日は、朝から自治会の用事があったので釣行できない。
しかし、半夜なら何とかなりそうである。

本当ならボートメバルに行きたいのだが、メンバーが揃わず断念

そこで、半夜のサビキメバルに行くことにした。
その話を職場後輩のうっちゃんにすると、「行く!」という回答

この男は本当に喰い付きがいい
潮周りなど関係なく反応するところなど、その辺の魚に見習ってほしいところである。





さて、お邪魔したのは釣人家さん


IMG_0001_20140309191335933.jpg




スパンカーを鮮やかに彩る亀マークは海上でよく目にするが、乗船するのは初めて

5船体制で、大阪湾のいろいろな釣りをプロデュースされている。
西宮市の今津からの出船なので、わしの自宅からは30分余り
この近さと料金の安さで、いつもてんこ盛りのお客さんで賑わっている。

この日も黒亀号に20名以上の乗船なので、相当競争率が高そうである。



さて、久しぶりの船メバル
2年前に泉南のデカメバルに行って以来

先日アルファさんと話していて、「がきちゃん、メバルもするんかいな~」と驚いておられた。
どうもビッグファイターのイメージが強いわしだが、実は船メバルが大好きで、昔はよく泉南や須磨の船に乗ったもんである。

何よりキュキュキュンとロッドが絞り込まれるのが楽しい。


同行するうっちゃんにとって、船メバルは初めて

事前に聞いた釣人家さんからの情報によると、サビキでも十分喰うが、今はシロウオがいいらしい。
しかし、今や生粋のルアーマンであるわしは、あくまで疑似餌にこだわりたい。


「釣れますかねぇ~」と不安顔のうっちゃんには、「まぁ悪くても2桁は楽勝や」と安心させてやる。


17時に出船し、30分くらいでポイントに到着
水深約10メートルのここは、以前にも来たことがある数狙い
サイズはでないが、退屈しない程度にアタリがあるはずである。

日も沈んだので、いよいよハニータイムの到来である。
周りでは、ポツポツと揚がりだすが、みなシロウオ餌ばかり

保険に青イソメを携えたうっちゃんから「青イソメ要ります?」と聞かれるが、「要らん」と答える。
わしは生粋のルアーマンなのである。

大丈夫、そのうちちゃんとサビキでも喰う。
しかし、潮の動きが悪く、釣れるのはエサばかり


「青イソメ要ります?」 

「要らん」


確かに潮が動かなければ、いくらいいサビキを付けたところで、海の中に入ればただのゴミ
サビキにとって、潮が動かないのは非常に悪条件である。
ここはひたすら潮が動くのを待つしかない。


「師匠、退屈でござる」とうっちゃんが訴える。

確かにわしも死にそうなぐらい退屈である。

時折デットスローで巻いてみたり、誘いあげたりもするが、まったくアタリが出ない。


半ば意識を失いそうになった頃、キュキュキュンというアタリ
小ぶりながら本命のメバル

やれやれ、やっとサビキにも喰った。


IMG_0002_20140309191334b26.jpg






そんな中、うっちゃんにガシラ


IMG_0003_201403091913335ce.jpg
(サビキ+青イソメ)






続いて本命


IMG_0004_20140309191332c4a.jpg
(サビキ+青イソメ)





それにしてもラッシュが来ない
餌釣りの常連さんたちも、エサを変えたり仕掛けを変えたりといろいろ手を尽くされていたが、それでも「今日はアカンなぁ~」とボヤかれていた。

いかに状況が悪いかがわかる。



そして、22時にタイムアップ


本当に、暇すぎて疲れた・・・




結局わしは、23センチまでを4匹とガシラ1
うっちゃんは同型を2匹とガシラ2


残念だが、とりあえず竿を出せたのでよしとする。


「悔しいなぁ~」を連発するうっちゃんにとって、またリベンジしなければならない釣りができたようである。






さて、今日

貴重なメバルをいただいてみる。


IMG_0005_20140309191332fea.jpg




産卵を終え、一息ついて体力が回復したメバルは、身も厚くよく肥えている。


こんなメバルは、どんな調理をしても美味いが、今日はチビーズ1号の誕生日なのですき焼きがメイン



そこで、刺身を二品に



まずは、付け合せに皮の湯引きポン酢


IMG_0009_20140309191331019.jpg



コリコリとした身がポン酢に皮まってとても美味い。

ここでよく冷えたビールで喉を洗う。





メバルの姿造り


IMG_0018_20140309191349fff.jpg



しっかりとした身は、それ自身淡泊だが、噛むうちに控えめながら旨みが出てくる。

これはポン酢でも醤油でもお好みで喰えばいい。


本当は、3日ほど寝かせたいのだが、明日から残業続きなので今日に喰わなければならない。
メバルの熟成について、鶲さんが面白い記事を書かれているので是非ご覧いただきたい。






続いて、ヅケのすりゴマ和え


IMG_0026_201403091913480b6.jpg



これは、薄口醤油ベースのやや甘めのタレに身を漬けて、そこにすりゴマをあわせてある。
艶やかな飴色に輝く身を一つまみ




美味い!!





淡泊な白身には、すりゴマの香ばしさがよく合うのである。





そうそう、あまり知られていないが、この時期のメバルのも美味い。


IMG_0016_201403091913503b7.jpg





こうして喰うのである。


IMG_0020_20140309191349514.jpg




カワハギの肝のような旨みを保ちながら、さらに深いコクがあるのである。
肝を身に包んで喰うと





美味い!!




純白の身と絡み、噛むごとに何ともいえない旨みが鼻腔を通り抜けていく。




控えめな釣果だが、十分にメバルを味わうことができた。



「春告魚」と書いてメバルと読む。
まだまだ寒い日が続くが、確実に春は近付いている。










おしまい・・・





先日、佐村河内守とかいうホラ吹きのおっさんの会見を見た。
それには、しょうむないお笑い芸人よりも遥かに笑わせてもらった。
会見の会場中のすべての者が「嘘つけ~」と思っている中で、大真面目にあれこれと説明する姿を笑わずに居られようか。
それを見ていて、ふとマンデラ元大統領の追悼式で、でたらめな手話通訳をやり通したおっさんの姿がダブった。
あのおっさんも凄い。
わしも大そうなホラを吹くことがあるが、彼らに比べればまだまだ小さい。
世の中には凄いホラ吹きもいたもんだ。
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメント
こんばんは(^-^)
メバルはおいしいよね♪
私もそのおいしさに魅せられて最近はメバルばからやってますね(^-^)
そして明日も(笑)
【2014/03/11 18:47】 | てるやん #6qSTyB5k | [edit]
いいっすねぇ~、メバルは。これからイカナゴ食べて脂がのるともっとおいしくなりますね。がきさんは脂がのりすぎないように気をつけてください。
【2014/03/12 14:26】 | Kazuhiro #- | [edit]
今年は自分とメバルとの相性は悪そうです・・・
でも、この季節限定なので、めげずに挑みます!
【2014/03/15 20:20】 | がき #- | [edit]
そうそう、それが一番心配なんです。
何せ食物連鎖の頂点に君臨してますからね(^^v
【2014/03/15 20:21】 | がき #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/508-6fa5209d
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ