プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

アゴナシ

さて、ギンメダイと言う魚

改めて見るも、やはり不気味な魚である。



IMG_0014_201403232040029d6.jpg




アゴナシとも呼ばれるそのルックスの悪さ
その評価と言えば

中深海の外道にして
不味い
身が水っぽい
小骨が多い
臭みのある個体がある
市場価値が無い
等々・・・

まさに散々なものである。




まぁ人の評価というものは、あまり信用してはいけない。
何事も自分で確かめてみなければならない。



と言うわけで、ギンメダイを捌いてみた。



鱗を落として内臓を取り
三枚におろしてみる。




ん?




んん!?



意外に身がしっかりとしている。
しかも皮の下にはも乗っている。



これはもしかして・・・



「水っぽい」とか「臭みがある」という事前情報から半身は昆布締めにしてみる。
残りは刺身で喰ってみよう。

何よりその魚の味を知るには、刺身で喰うのが一番なのである。




おろした身を引いてみると、艶々とした綺麗な刺身が出来上がった。


ギンメダイの刺身


IMG_0019_20140323204001986.jpg



恐る恐ると言いたいところだが、実は捌いているときからわしにはある確信があった。

艶やかに光る身を一切れ、箸で摘まんで山葵醤油でいただいてみる。



ふむふむ



やっぱり臭みも無く不味くない。
むっちゃ美味いというほどではないが、じんわりと旨みは感じる。


まぁ普通に合格である。





続いて昆布締め


IMG_0023_201403232040004f7.jpg



実は、これこそこの魚の味を最大限に引き出すことができる調理法だと思う。



これには、チームGACHIAN会長から丹後土産にいただいた塩ポン酢を合わせてみたい。



IMG_0016_20140323204002875.jpg




キュッと絞まった身の端に塩ポン酢に付けて、口の中に放り込んでみる。

柑橘の爽やかな酸味の中から、昆布の旨みが乗り移ったギンメダイの身がその本領を発揮した。



美味い!!



やはりそうである。

身質は上々のこの魚、そこにひと手間加え、魚が持つ本来の旨みを増幅してやればいいのである。




トゴットメバルも同じこと
この魚も決して不味くはないが、味にややパンチが欠けるのである。

だからこうしてやれば美味い



トゴットメバルの昆布締め


IMG_0027.jpg



これは、予想以上の美味さであった。





そして初めて会った魚は、ついついこうしたくなる。


ギンメダイの握り寿司



IMG_0030.jpg




美味い!!



もうひとつ感じたことは、この魚は酢飯に合うということ

その理由を問われれば、魚と対話することができるわしだからこそ分る感覚だとしか言えない。



釣れてくる魚には、高級魚として喜ばれる魚もあれば、外道として邪険に扱われる魚もある。
しかし、身に毒がある魚以外、工夫次第で美味くいただくことができるのである。

この魚はどうして喰おうか・・・
そう考えるのも、釣りの楽しみの一つではないだろうか。








おしまい・・・





よく波止などで干乾びたフグなどを見る。
憎っくき外道だとしても、海に戻さず波止上に叩きつける奴
そんな奴には釣りをする資格などないと思う。
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3932:No title by ヌッシー on 2014/03/25 at 06:30:04 (コメント編集)

なるほど〜
やぱりなんでも取り敢えず食ってみるもんですね!(笑)

3933:お疲れ様ですm(__)m by てるやん on 2014/03/26 at 00:01:36 (コメント編集)

こんばんは(^-^)
さすが母なる海ですね♪
銀目鯛!!
ネーミングはうまそうですけどね!
がき様の手にかかればうまそうな料理に(^.^)
感銘しました!!
そうなんだよね。
外道って、勝手に人間が決めているだけ。
毒があったり、食味が人間の口に合わない魚類だってオンリーワンであることを忘れたらいけませんね。
釣りしている限り、一方的に魚類を殺傷しているわけだから、食べない魚はしっかりリリースすべし!
間違いないですね!
あと、チームガチの夏Tシャツ楽しみにしてますよ。メッシュ生地でおしゃれなヤツ待ってます(笑)←本気です(^-^)

3934:ヌッシーさま by がき on 2014/03/30 at 13:45:00

そうですね。
今回は、かなり不気味でしたが捌いているときに、これは美味いかもと思いました(^^
でも、もっとメジャーな魚が良い!

3935:てるやんさま by がき on 2014/03/30 at 13:46:43

マジですか!?
多分今年の夏前に作ると思うので、その時はお声掛けさせていだきます(^^
しょぼいチームですが、ありがとうございます!

3937:始めまして! by たつこめ on 2014/03/31 at 22:56:24 (コメント編集)

いつも楽しくブログ拝読しております。
どこかの船でリアルにお会いしてからネット上で絡ませて頂こうかと思いつつ、それが叶わず数年が経過してしまいましたが、この度の記事についてはあまりに共感できるものであり、思わずコメントを残してしまいます。
「身に毒がある魚以外、工夫次第で美味くいただくことができる」というお言葉、そして末尾コラムでの「干乾びたフグ」の話...。まさに同感です。
特に後者については、以前からそのような事をする人の精神構造が理解できず、波止等でそういったものを目にする度、非常に不快を感じていたのですが、影響力のあるこのブログでそういった行為をバッサリと一刀両断して頂き、痛快な思いです。
釣り関連の話題のみならず、とても共感できる話(特に末尾コラムネタで)も多く、読み物としてもいつも更新を楽しみにしています。
港等でお見かけした際にはお声かけをさせていただきたいと思っていますので、その際にはよろしくお願いします!

3939:たつこめさま by がき on 2014/04/02 at 20:26:08

コメントありがとうございます。
多分同じような行動パターンなので、ニアミスしてるんでしょうね。
魚を粗末に扱う輩は許せません。
釣りって、リリース前提のものは除き、命をいただくものだと思っています。
やはり自分は喰いたいので釣ってるわけなので、無用な殺生は釣り師の恥だと思いますね。
同感いただけて感謝します。
釣り師のマナーについてよく言われますが、若いルアーマン達は皆本当にマナーがいいですね。
それに引き替え、マナーが悪いのはオッサンというか爺さん
船からでも平気でエサや仕掛けのパッケージをぽいぽい捨てるし、件のフグも良く見るのは爺さん達
見本にならないといけないのにねぇ。
後は一部のファミリーアングラー
普段釣りなどしないけど、シーズンになれば家族でサビキでもって方々で、実はゴミの放置が一番多いのがこの
方々ですね。
波止の隅にゴミをそっと置いて行って、その上に次の者が置いて行って、さらにその上に・・・
臭いアミエビの袋を持ち帰るのが嫌なんだろうけど。
子供が見てますよね。
人のふり見て我がふりを直す。

また釣り場でも絡みたいですね!
今後とも、よろしくお願いいたします。

3941: by たつこめ on 2014/04/03 at 22:20:18 (コメント編集)

丁寧なるコメントをいただき恐縮です。
「命をいただくもの」...まさにそうですね。
どのような魚であれ、キープした以上は美味しくいただくことを追及されるご姿勢にも、いつも大いなる影響を受けています。(私の場合、料理については完全な初心者ですが...)
マナーについてはなかなか難しい問題(「三つ子の魂百まで」ともいいますからね...)ですが、少なくともこの世界に新規参入してこられる方々に良い見本を示すことができるアングラーではありたいですね。

3943:たつこめさま by がき on 2014/04/05 at 20:50:04

マナーについては、これまでもいろんなブログやネット上でも話題になりましたよね。
リリースの是非
コロッケアオリの乱獲
ゴミの問題
駐車の問題
ポイントの暴露等々
それらは結局自分たちの首を絞める結果にしかなりませんよね。
これからも、いい釣りをしたいものですね(^^

▼このエントリーにコメントを残す