プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

美味い魚が我が家に乗っ込んで来た!

わしの週末は大体こうである。

土曜日に釣行して美味い魚どっさりと仕入れてくる。
そして、翌日曜日にはその美味い魚を心行くまで味わうというもの



昨日は、紀北産の美味い魚を仕入れてきた。
当然今日は、皆のご期待通り「美味い!」編と続くのは当然の流れ


では、さっそく行ってみよう。



やや小振りのハマチは昨夜喰ってしまった。

今日の食材は、浜値3,500円マサバ


IMG_0016_20140405210149f81.jpg




このサバは、乗っ込みのようで、腹にはたっぷりの真子白子を湛えていた。



そして、なぜか我が家にマダイ乗っ込んで来た


IMG_0002_20140406202835226.jpg



見事な桜色に輝いたコイツらは、Aカラーさんからのいただきもの
この2枚とも、十分に成熟した真子を持っていた。




特選の素材を目の前にすると、わしの腕が疼いてくる。




まずはブランドマダイのカルパッチョ


IMG_0017_2014040620283318a.jpg



これは、素材お味を最大限に生かすため、シンプルにさっと荒挽きコショウで下味を付け、ドレッシングビネガーとオリーブオイルのみ
そこに軽くドライバジルを振り掛けてやる。


数切れの身を箸でつまんで口の中に入れると




美味い!!


春めいた爽やかな風味が口いっぱいに乗っ込んできた。

真子は、さっと煮つけて実家に提供




さて、ここから特選マサバのフルコースに移りたい。

ご覧の皆様は、よく冷えたビールを片手にご覧いただきたい。




これは前々からやってみたかった調理法

マサバの酢昆布絞め


IMG_0004_20140406202835909.jpg



簡単に作り方を紹介しよう。

まずたっぷりの酢に昆布を浸しておく。
この昆布は、決してケチってはいけない。
別に羅臼産を使う必要は無い。
業務スーパーなどで安く売ってるもので十分なので、惜しまずたっぷりと使いたい。
三枚におろしたサバの身に塩をして約30分間締めて水分を出す。
要するにキズシの要領である。
塩で締めた身を軽く水洗いしてキッチンペーパーで拭き、その身を酢昆布で包み、さらにラップで包んで冷蔵庫で一晩寝かせる。
それを刺身に切り分けるだけ



艶々と輝いた身を箸でつまみ、生姜醤油をちょぼっと付けていただくと



美味い!!



美味すぎる!!



濃厚なサバの旨みが、酢と昆布によってさらに濃縮されている。
良いサバが手に入ったら、是非試していただきたい調理法である。


実をいうと、以前海猫洞さんに教えてもらった喰い方である。

美味そうだと思いながら、なかなか試すチャンスが無かったところだが、今回極上の素材が手に入ったのでやってみたというわけである。





ここで少し箸休め



マサバの真子の煮付け


IMG_0007_20140406202834a04.jpg



これもこの時期限定の逸品である。
当然美味い




次は、わしの定番

マサバの焼きサバ寿司


IMG_0011_20140406202834467.jpg




極太の身を棒寿司にし、喰う直前に表面をバーナーで炙ることにより、ジューっと良質の脂が沁み出してくる。


IMG_0014_20140406202833b7f.jpg


もう味の説明は不要だろう。


これはチマチマと味わうものではない。
豪快に口の中に放り込み、目を閉じてひたすらサバから伝わる味を楽しむ。



美味い!!



ジューシーで、旨くて、香ばしくて・・・
もぐもぐと喰えば、ひたすら至福の時が訪れるのである。



あ~ ほんまに美味いなぁ~






「どれも美味いけど、何か違った味のものが食べたいわぁ~」とかと工作員が贅沢なことをぬかしやがる。



実は、そんなヤツを黙らせるものも用意してある。



マサバの白子焼き


IMG_0021_20140406202843433.jpg



プリプリの白子が入っていたので、一晩酒に漬け込んでいたものを、グリルでタレを塗りながら焼いてみた。

お好みで山椒を振り掛けても美味い


湯気をあげた熱々を一切れ口に運んでみると




美味い!!



表面はこんがりで、中はとろっとジューシー

白子はこれが一番
白子焼といえばフグ料理を思い浮かべるが、それは「フグ」の白子焼きが美味いのではなく、「フグの白子焼き」が美味いのである。
つまり、白子をこうして喰えば、ほかの魚でもみな美味いのである。




これには、さすがに味にうるさい工作員も白目を剝いて黙ってしまった。





こうして紀北産の特選素材を紹介したが、如何だったかな?

これをご覧になった皆様は、さぞビールが進んだことかと思う。




酒の肴に困ったら、いつでもここに遊びに来ればいい。

美味い魚をつまみながら、一緒に釣りの話でもしよう。









おしまい・・・





「わしの夢は居酒屋を開くこと」
やるなら釣り師が集う店にしたい。
そう公言しているが、それを実現するには勇気が必要
わしの周りでは、一歩踏み出して既に実現している者も居るが、現実は厳しいのは分かっている。
釣った魚で居酒屋ごっこをしているままでいいのかもしれない。
しかし、仕事を定年まで勤め上げ、その後同じ職場に再任用なんてまっぴら御免
「人生は一度やからなぁ」と言った友人の言葉が今もわしの胸に焼き付いている。
そのとおり、人生は一度なので悔いなく生きたい。
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





 
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3945: by ふぁきら on 2014/04/08 at 08:48:01

はじめまして。
毎回、よだれを垂らし、指を咥えながら楽しませて貰っております。
足跡ばかりで(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
マサバの白子焼き!?
聞いた事無いです。めっちゃ美味そうですね(●´ω`●)
鯖は釣ってすぐに内蔵等取らないんですか?
白子だけ別に置いておくんかな?
質問ばかりですみません
釣ってからまな板までの処理方法御伝授下さい 
_(._.)_

3948:ふぁきらさま by がき on 2014/04/08 at 20:56:16

コメントありがとうございます!
マサバに限らず、白子焼は美味いですね。
これからの季節、マダイやイサギの腹にもでっかい白子が入るので楽しみです。
さて、お尋ねの件ですが、

釣ってからまな板までということですが、
自分は釣ってすぐには内臓は取りません。
よくカツオなんかでもそう言いますが、すぐに内臓を出す理由が無いと思います。
今回は、帰港直前まで生簀で生かしていたのですが、普通は釣れればすぐにナイフで絞めて海水氷で
キンキンに冷やします。
だから、この時に腹を裂くと水っぽくなり、かえって身割れの原因になります。
よくサバは足が早い(痛みやすい)と言いますが、普通の魚だと思いますよ。
もうひとつ、すぐに内臓を出すという理由の一つにアニサキスがあると思いますが、これも腹膜の中にも入りこんでる個体があるので、内臓を出すだけでは完全には防ぎきれません。
捌くとき、よく見れば分りますのでその時に選り分ければいいです。
と言うわけで、釣ってからまな板までの手順は、
①釣る ②ナイフで絞めてすぐに海水氷の中に入れる(血抜きもここでやる。) ③できればこのまま持ち帰る。 夏の明石のゴマサバが良く釣れる時期は、サバ専用のクーラーなんかも使います。
④まな板に載せて捌く(刺身は当日のみ、後は酢で絞める。) この時、白子が入っていたら、タッパに入れて酒で漬けておくとGOOD! という感じですね。
是非美味いサバを釣って美味しくいただきましょう!

クーラー保冷力UP記事 面白かったです。
今後とも、よろしくお願いいたします。


> はじめまして。
> 毎回、よだれを垂らし、指を咥えながら楽しませて貰っております。
> 足跡ばかりで(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
> マサバの白子焼き!?
> 聞いた事無いです。めっちゃ美味そうですね(●´ω`●)
> 鯖は釣ってすぐに内蔵等取らないんですか?
> 白子だけ別に置いておくんかな?
> 質問ばかりですみません
> 釣ってからまな板までの処理方法御伝授下さい 
> _(._.)_

3949: by てるやん on 2014/04/10 at 12:12:40 (コメント編集)

こんにちは(^-^)
がき様の料理ブログを見るときはかなりハードルをあげて見ています。
平常を装い見ていたが、焼き鯖寿司で瀕死の重傷を負い
白子焼きで昇天しちゃいましたm(__)m
殺傷力半端ないです(笑)

3950:てるやんさま by がき on 2014/04/10 at 20:05:15

まさにこちらの思惑通りに反応していただき、大変嬉しく思っています(^^
今後とも、美味い編は心してご覧くださいね!
ありがとうございます。

▼このエントリーにコメントを残す