丹後産ヒラマサの味

2009.09.25(20:58)

冷蔵庫からお宝を取り出す。

本日の特選素材

ヒラマサ57センチ

昨日釣って、一晩寝かせた丹後産のヒラマサである。
ヒラマサを口にするのは・・・ 数年ぶりのことである。


やや透明感を帯びた、筋肉質でありながら滑らかな身に包丁を入れる。
丁寧に、丁寧に扱う。

今日のメニューは・・・

刺身握り寿司アラ炊きである。
カマは、後日塩焼きにするため冷凍庫へ・・・


まずは刺身から

マサ刺身

湯浅たまりをちょぼっと付けて口の中に放り込む。
しこっとした歯ごたえのあと、噛み締めるほどに甘みが広がる~

美味い!!

文句なしに☆☆☆☆☆である。

同じ青物でも、ブリ族とは別物である。
ブリ族のまったりとした旨味に対し、とても攻撃的な美味さである。
カンパチの味も同質であろう。

続いて握り寿司

握り寿司

美味い!!

値打ちもんですなぁ~!
チビは、よく味わって喰えと言ってるしりから「あかわり!」だと・・・
まぁ、しょうがない。

そしてアラ炊き

アラ炊き

美味い!!

魚の煮物は、よく色付くようにと炊きすぎて、その結果辛くなる失敗が多いが、今日の素材はヒラマサ様である。
失敗は許されない。

今回は、砂糖を多めに入れ、強火で短時間で仕上げることにより、煮汁を照りのあるタレ状にしてアラに絡める作戦であるが・・・

大成功である。
寿司屋で出てくるアラ炊きと同じ味である。


あっという間にマサやんの頭、皮、内臓、骨以外が皆の胃袋に納まった。

ご馳走さんでした(^^

また、釣りに行きたくなった。




おしまい・・・


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/52-c9b9dc30
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ