プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

鰆という魚

久しぶりに「お魚コラム」というカテゴリで書いてみる。

「お魚コラム」では、わしと魚との出会い、付き合いや味わいなどについて綴ろうというカテゴリである。




今回はサワラ

サワラとは、魚偏と書く


その名の通り、に産卵のために大挙して接岸するためによく獲れることからその字が充てられている。




今から15年ほど前、わしがジギングを始めたころは、青物を狙っていてコイツが掛かると、皆嫌がったものである。
その味を知らないうえに、釣り上げたときにサワラ臭という独特の臭気を放つからだろうか
口の悪い輩は、〇〇の匂いや!といってリリースしていた。


しかし、わしは昔からサワラの美味さを知っていた。
だから釣れれば大切に絞めて持ち帰った。

とはいうものの、わしが知るサワラ料理は西京焼きや鍋といった料理であり、刺身では喰ったことが無かった。


持ち帰って捌く身は、真っ白で全身トロ
初めて刺身にして喰った時には、あまりの美味さに悶絶したものである。



そのサワラ、実は瀬戸内では昔から美味い魚として重宝されていた。
本当か嘘か分からないが、瀬戸内サワラがブランド化し、漁師がこぞって獲ったために絶滅しかけたとう話も聞いたことがある。


春から初夏が旬といわれるが、「寒サワラ」と呼ばれる水温が下がった時期のものも抜群に美味い。


今では、ジガーの間でも美味い魚だと認知され、リリースする者は皆無となった。




サワラの調理法は、刺身はもちろん、わしの大好きな炙りは外せない。
他には西京焼き、煮付け、鍋、ムニエルなど
全身に上質の脂をまとい、旨みの強い身質なので、どのように調理しても美味い。

よく「足の速い魚」と言われ、刺身は釣った日にでしか喰えないと思われているが、それほど気にしなくてもよい。

2日目でも安心♪

十分に刺身で美味しくいただくことができる。




そんなサワラが、いよいよわしらのホームグラウンドの明石や紀北でも狙えるシーズンになってきた。

昨年は、サワラの当たり年だったようで、一面にサワラがボイルしていつまでも沈まなかったという話も聞いた。




しかしこの魚

わしはいつも釣りたいと思っているのだが、釣ってやろうと鼻息を荒げると釣れない。
かといって、油断をしていると高価なジグをスパスパっと切っていく、とても厄介者でなのである。

追えば逃げる。
油断をすればすっと近寄っていたずらをする。

まるで魅惑の悪女のような奴なのである。

今シーズンも、奴に弄ばれることになるのかもしれない。





さて、先日釣ったサワラを西京焼きにしてみた。

白みそをベースに、味醂と砂糖でやや甘めの西京味噌風にを練り上げる。
そこにサワラの切り身を並べて漬け込んでやる。



3日間漬けた身はこのとおり


IMG_0001_20140429193949cdc.jpg




艶々と飴色に輝いて、見事な漬かりっぷりである。

すでにこの時点でわしは我を忘れている。






さっそく焼きあげると


IMG_0004_20140429193948048.jpg




もはやその味の説明は不要



ただひたすら・・・




美味い!!










おしまい・・・





よく登山家は、「そこに山があるから」と言って山に登る。
アングラーはやはり「そこに海があるから」釣りに行くのか
いや、違う。
わしは、「そこに美味い魚が居るから」釣りに出かけるのである。
「お魚コラム」をご覧になった方に、「美味い魚が喰いたい!」と思わせることが出来れば、わしの勝ちである(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3981: by てるやん on 2014/04/30 at 02:14:42 (コメント編集)

こんばんは(^-^)
がき様のブログを読む常敗者です(笑)
しまいにはブログの写真で白米いけそうですわ(^.^)
ヒラスズキは船から狙いますよ。
磯からよりは安全でより多くのポイントをうてるから必然的にゲットする確率は上がりますね♪
タックルは磯竿でも良し、シーバスタックルでも良し。
ライトなキャスティングタックルなら問題ないですよ(^-^)

3982:てるやんさま by がき on 2014/05/01 at 20:10:06

なるほど・・・
どうもヒラスズキって、波浪警報が出てそうな磯場で波をかぶりながら延々と投げ続けるという
一種変態的なイメージを持っていましたが、意外と身近なんですね。
今度徳島の船で試してもらいます。

3983: by てるやん on 2014/05/02 at 22:59:25 (コメント編集)

わたしも最初は波を被りながら変態的にねらってました(笑)
ボードヒラスズキに出会ったらやめました(^.^)
実際前に出船した日は波と風が相殺して、磯際に水溜まりほどのサラシ?いや、濁りっていうほうが正しい(笑)
そこへピンポイントにルアーを入れて、ワンアクション…ドカン!(^-^)たまらんですw

▼このエントリーにコメントを残す