マダコという魚?

2014.06.07(12:28)

マダコは、もちろん魚ではない。

軟体動物門頭足綱八腕目マダコ科



わしとマダコの付き合いは古い。

昔は、専ら沖波止に渡り、タコジグを連結して波止際を縦に探り歩き、100~300グラムぐらいの新子を狙っていた。
たまに1キロクラスも出るが、大体500グラムで良型

梅雨明けぐらいから本格化し、真夏にピークを迎える。
夏の風物詩である。


この新子を丸々1パイ煮付けたものが、柔らかくてとても美味い。

永い間で掛けていないが、また機会があれば出掛けてみたい。



そんな身近なマダコだが、最近は船から狙いいている。

もちろん明石沖の、ブランドもんの明石ダコ

昨年は、どれだけ居てるねんと思うぐらいのアタリ年
多くの船が、毎日流しても尽きないぐらい釣れ続いた。

マダコは1年ものなので、釣れ過ぎた翌年が心配だが、今年もいよいよシーズンイン
まだ本格的ではないため、広く散らばらずにピンポイントに着いているようだが、これからが楽しみである。


狙い方は人それぞれ

タコテンヤにキャンディーと呼ばれるキラキラしたビニールやゴム製のカニを付けるもよし
また、イワシサンマ豚脂鶏手羽などを括り付けるもよし

昨年は、胴突き下オモリのタコエギが流行したみたいだが、やはりエサに分があるように思う。



わしは、専ら「手羽一郎」


IMG_0002_20140601085104237.jpg



テンヤを工夫して自作されてる方もいるが、わしは市販品を使用している。



釣り方は簡単で、テンヤを落とし、着底すればそのままずるずると引きずるだけ
ゴツゴツとした手ごたえで底を感じながら引いていて、グゥ~ンと重みが乗ればそれがマダコ
そのまま緩めずに一気に巻き上げれば一丁あがりである。

底を引きずるだけとはいっても、実は2種類の方法がある。

ひとつは、①ラインを多く出して角度を付けず、テンヤを寝かせて引いてくる方法
もう一つは、②ラインをあまり出さず、どちらかと言えばテンヤをやや立たせる方法
この場合は、時折テンヤをシェイクするようにアクションさせてやればよい。

潮下でラインが出せれば①
潮上では、多くラインを出せば他人とオマツリするので②と言う感じ

その日のパターンを探すことが第一である。


誘いにピニールのビラビラタコベイトを付けた方がよい。
これを付けるなら、なるべくテンヤに近い位置がよい。

しかし、たまにチンドン屋みたいに過剰に付けてる者を見るが、これもオマツリの原因になるのでやめた方がよい。



まだ船のマダコ釣りをしたことが無い方がおられたら、これらを参考に、是非お試しいただきたい。


「ダコ釣りなんか、全然引かずに重いだけでおもろないやん!」とよく耳にする。
まぁ確かにその通りなのだが、やはり釣れれば楽しいものである。




何よりこの釣りの目的は食味


捌き方は非常に簡単

胴の部分をひっくり返し、内臓を取って、塩で揉んでぬめりを落とす。

それを沸騰した湯の中に、足からちょんちょんと漬ければ足先からくるんと丸まってくる。
最後に胴を投入してサッと茹でる。


IMG_0001_2014060320320455a.jpg



煮上げた肌が、小豆色に色付くのが国産のマダコの証
輸入もんは紅色っぽい。

後は、タコブツ、タコ酢、タコ焼き、明石焼き、唐揚げ・・・
どのように調理しても美味い。



その中でも、わしは柔らか煮が一番好きである。


IMG_0005_201406032032042e1.jpg



やや甘めの味付けで、圧力鍋で10分間加熱すれば、簡単にできる。

今回はやや小型だが、太い足でもさくっと歯が通る。


柔らか煮をアテに、よく冷えたビールで喉を洗えば・・・



う~ん である。








おしまい・・・




先日新聞に「歩きスマホ」の法規制の是非が書かれていた。
歩行喫煙と同じ感覚なのだろうが、何でもかんでも法令で絞めつけるのは如何なものかと思う。
本来は、一人ひとりのモラルによるものなので、まずは啓発することから始めるのが筋だろう。
しかし、議論されるのは分からないでもない。
わしもコイツらは大嫌いである。
確かに危ないし、こちらが急いでいるときに、駅のホームや階段をスマホ眺めてチンタラ歩いている奴らを見ると
後ろから蹴り倒したくなる。
何をしてるのかと横目で見れば、ゲームや動画を見てやがる。
そいつらは、まず例外なくアホ面をしている。
もうひとつ
電車の中でスマホ見るのは自由だが、混んでる車内で、必死でスマホを操作する空間を作ろう身体をねじるヤツ
うっとおしい
さらにもうひとつ
混んだ車にで、平然とデカいリュック背負っているヤツ
2人分の料金払え!
以上
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント
こんばんは(^-^)
この前はたこをゲットしましたが、ダブルヘッタ-だったので刺身にする元気がなく…
次に捕獲できれば挑戦してみたいですね。
釣りたい物がたくさん有りすぎて休みが足りん(;つД`)
【2014/06/09 01:43】 | てるやん #6qSTyB5k | [edit]
確かに狙いものが賑やかになってきて、何を釣りに行くか悩みますよね~
自分は、とりあえず来週はマダイです(^^v
【2014/06/15 18:30】 | がき #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/536-e775794e
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ