プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

魚の生ハム!?

前々からこんなものを準備していた。



IMG_0419_20141114211549c8d.jpg





これが、知ってる者は知っている、知らない者は全く知らないピチットシート



実は、魚料理系のブロガーお間では、じわりじわりとになっていたもの

これを早速ネットで取り寄せてみた。

シートは、何やらサランラップみたいなものの間にジェル状のものが挟み込んである。


あとは、いい素材が手に入るのを待つだけ






そして先日、手ごろなマダイハマチが手に入ったので、さっそく調理してみた。



ハマチというか、ツバスサイズ
あまり脂も乗っていない。
実は、この魚を待っていたのである。





まずこれをサクにとり、全体にたっぷりとクレイジーソルトを振り掛ける。


IMG_0423_20141114211548789.jpg






そして、ピチットシートでしっかりと包んで料理完了


IMG_0425.jpg







ついでにマダイも仕込んでおいた。


IMG_0427.jpg






後は冷蔵庫で1週間寝かせるだけ
これで、生ハム?風の刺身が出来あがるらしい。





ときたま取り出して、ニヤニヤしながら食べごろを待つこと1週間

さっそく薄く切り分けてやる。




予想どおり、身がキュンと引き締まっている。

味が沁み込んでいるはずなので、粗挽き黒胡椒EXバージンオイルをあしらうだけ。


IMG_0432.jpg







IMG_0435.jpg






まずはハマチから



ほほお~

なるほど、なるほど・・・

確かに今までにない食感である。

しかし生ハムと言うにはちょっと違うような気がする。






続いて、ついでに作ったマダイ


こちらは、身の透明感が増している。


IMG_0440.jpg




あまり期待せずに、口の中に放り込んでみる。



ん?



もぐもぐもぐ



んん!?





生ハムやん!!






何という事だろう。

巷で「生ハム」と言われているが、魚で生ハムなどあるものかと半信半疑でいたけれど
これは、紛れもなく生ハムの食感である。


しかも、余分な水分が出て身が絞まった分、ギュッと甘みが凝縮されているのである。






美味い!!






ただ、初めてなので少しクレイジーソルトを控えたが、もっと塩気を効かせた方が、ぐっと生ハムになるかもしれない。



チーズを巻いて・・・
バゲットの上に乗せて・・・
ソースを振り掛けて・・・


可能性は、工夫次第で無限になる。
間違いなくわしの定番になるだろう。





役目を終えたピチットーシートは、水分を吸ってタプタプになっていた。

いい仕事をしたものである。





魚を開き、潮水に浸した後にこのシートに包んで、冷蔵庫で一晩寝かせれば、一夜干しにもなるらしい。
他にも使途はいろいろ





さぁ、次は何を作ってみようか










おしまい・・・





美味い魚に美味い酒を堪能した。
さて、明日に備えて寝ることにしよう(^^V
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す