プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

チームGACHI始動! まずは新年会から!!

最近スマホを手に入れたAN会長精力的な活動により、チームGACHIの活性が上がっている。

その中でもいろんなチーム、いろんな方々と、幅広い交流情報交換を図り、釣りの世界がどんどん広がっている。




新年会も、そんな雰囲気の中で行われた。

お世話になったのは、おなじみの浜番長さん



参加したのは、チーム顧問のAカラーさんをはじめGACHIのメンバー


その中に、クラブらから、近々GACHIに移籍が噂される又やんが参加




そしてこの日のスペシャルなゲスト

チームFree Runを率いるK多さんが多くの仲間を連れて、わざわざ遠くから駆け付けていただいた。







総勢20名で開催された会は、自己主張の塊のようなメンバーばかりなので、いつもどおり乾杯から一気に絶頂へと上り詰める。


1421553690624.jpg






仕事や釣り以外のプライベートはバラバラなので、話すのはもちろん釣り談義





楽しい時間を過ごす時、皆こんな顔になる。


IMG_0915.jpg









IMG_0919.jpg









IMG_0917.jpg









誰?


IMG_0931.jpg










誰??


IMG_0925_2015011811442127e.jpg










1000グラムのジグって、何?


IMG_0928.jpg
(最近よく500m~700mのド変態なディープに行こうと誘われるが、わしは嫌である。)









IMG_0926_201501181209136ad.jpg










この日の刺身


右上から時計回りに、アカヤガラシマアジハチビキ炙りヒラスズキタチウオ炙り塩ネギ添え


IMG_0908_201501181143560f1.jpg



大将にI橋さんが手招きされ、「がきさん、これちょっと食べてみて」とそっと渡されたのは、赤ムツの炙り


何これ!?

赤ムツと言えば、今まで干物や塩焼きしか喰ったことが無かったが、これは絶品であった。

「これ喰ったら深海に行きたくなるはずや」とニヤリと笑う。
(誘われている・・・)








イベントも準備している。


Amberjackさん米源釣具店さんから協賛をいただいた豪華景品を賭けたじゃんけん大会である。




IMG_0933_20150118114439690.jpg








進行はわし


10929211_1406978812930041_2052414830679353367_n.jpg








熱戦を制し、見事優勝したのは


IMG_0939_20150118114440476.jpg







Free Runの凄腕釣りガール K原さん


IMG_0940.jpg








入賞された皆さん


IMG_0942_201501181144434d5.jpg









楽しい時間は、あっと言う間に過ぎていく。
盛り上がりを見せた新年会も、Aカラー顧問による中締めでお開きになった。


IMG_0944.jpg







この日は、おなじみの海猫洞さんミキオちゃんは、残念ながら仕事のため欠席
次回の参加をお持ちしている。





同じく、隣の席では別の釣りチームも新年会をされており、その中でDRESSのモニターをされているというK村さんからは、2015カタログとステッカーをいただいた。


1421565497542.jpg





これも、また新たな交流である。






そして、新メンバーのBBちゃんは、初対面の又やんに拉致されて、深夜のミナミに繰り出していった。



これも、また新たな交流である。









~ SpecialThanks ~


  Amberjack

  米源釣具店

  浜番長

  愁輝丸










おしまい・・・





1.17
あれから20年が経つ。
震災直後、わしもその地に立った。
一度も負けたことなぞ無かったわしらだが
燃え盛る炎を前に、初めて完璧な敗北を喫した。
それから「防災」への取組みが進められたが、
人間に災害を防ぐことなんかできない。
災害による被害を防ぐこともできない。
しかし、災害による被害を軽減することはできる。
役所をはじめ、消防や自衛隊の力が整うまでには少し時間を要するので
まずは、一人ひとりが自分を守らなければならない。
南海トラフ巨大地震、直下型地震は必ず訪れる。
だから、しっかりと備えていたい。
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す