果たしてイラは美味いのか!?

2015.02.16(19:30)

さて、美味いカワハギ料理をいただこう。

今回は、数が少なかったが、結構型が揃っていたので、味わうには十分である。






まずこれは、外せない。




魔味 肝あえ


IMG_1100_201502152043031ec.jpg










全体的に、肝の入りは良くなかった。

でも、きれいな肝もあったので、それらを丁寧に裏ごししているのでとてもクリーミー


IMG_1102_20150215204305c3a.jpg








これは、決して裏切らない味である。






次は刺身だが、いつもの薄造りではない。


サクにした身の表面をバーナーで炙り、やや厚めに切り分けてみた。


カワハギの炙り


IMG_1081.jpg










フグをイメージしてみたが、如何かな


IMG_1088.jpg










薄造りもいいが、厚めに切った身は歯ごたえが十分



薬味を絡めたポン酢でいただくと







美味い!!







とても贅沢な一品は、その分カワハギの旨みも厚い。







カワハギが美味いのは分りきったこと

本番はこれからである。







食すのは、外道で釣れた良型のイラ


IMG_1074_201502152042388b9.jpg









ガツンとアタり、トルクのなる引きを見せたので、掛かった瞬間にカワハギではないことは分かった。

期待を持たせて上がってきたのはドデカいイラ





釣り上げた瞬間は、何やら複雑な気分であった。



しかし、未知の魚を味わうのは非常に楽しみである。


いったい味の評価はどうなのかと調べてみたところ

その評価は真っ二つに分かれていた。




美味いという意見では、

甘くて身がしっかりとしている。
薄造りが最高で、また喰いたい。
煮付けにしたら、身がほっこりしている。
皮下のゼラチン質が美味い。
いいダシが出る。
などなど・・・






一方不味いという意見では、

身が柔らかくてぶよぶよ
身に味が無く水っぽい
磯臭い
どう調理しても美味くない
などなど・・・





魚の味とは、個人の好みはもちろんあるが、
その海域や季節
また個体によって味は様々




魚の味を評価するには、やっぱり自分の舌で確かめるのが一番である。







魚の味を知るには、まずは刺身で



イラの刺身


IMG_1096_20150215204303d23.jpg







山葵醤油で一切れ






う~ん








イラの薄造り


IMG_1093_20150215204243458.jpg









ポン酢で一切れ






う~ん









決して不味くは無い。

歯ごたえは、悪く言えばぶよぶよ
良く言えばもちもち


しっかりと噛みしめれば、あとからゆっくりと旨みがしみ出てくる。

確かに悪くは無い。

しかし、「これがイラの味」だという主張がないように思う。



画像は無いが、ヅケにもしたが、これは醤油タレの味が勝ち、一層イラの味が分からなかった。






う~ん






そう言えば、いいダシが出るっていうのを思い出した。
皮下にはゼラチン質がたっぷりだとか




よし、あれをやろう!!






取り出したのは、以前GACHI兵庫県支部のKazuhiroさんからいただいた、
播州手延べそうめん 揖保の糸


IMG_1080_20150215204239b63.jpg








アラを甘辛く煮詰めてツユを作り、
そうめんをさっと湯がいたら出来上がり




イラの魚そうめん


IMG_1105.jpg








魚のダシがたっぷりと出た濃厚なツユに、白ネギをたっぷりと入れて山葵を溶く。
(これは、必ず山葵でないといけない。)



絹糸のようにキラキラと輝くそうめんを箸で掬い、このツユにくぐらせてズズっと一口







美味い!!





これは、ほんとうに美味い!






多めに湯がいたそうめんが、あっという間に売り切れてしまった。






「あんな奴居たっけ?」と思いながら卒業アルバムをめくるような・・・
「前にどこかで会ったことあるような・・・ でも誰やったっけ?」と言われるような・・・

イラって、そんな感じかもしれない。



でも、決して悪いヤツではない。















おしまい・・・






まだ鍋にはデカい頭を煮たヤツが居る。
ひとサクは昆布締めにして冷蔵庫に
あとしばらくは、イラと付き合いたい。
それにしても寒い日が続く。
スキーも海水浴もやらなくなった今
冬も夏も要らないと思うのだが
季節の美味い魚を喰うには、やっぱり四季はあった方がいい(^^
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント
がき板長の食材、ナイスチョイスですね。
揖保の糸の特級は12~翌2月までの厳寒期だけしか造れない超ブランドですよ。
エビっさんのコブは珍味と聞いたことありますがどうなんでしょかねぇ?
【2015/02/16 20:17】 | Kazuhiro #- | [edit]
魚出汁のタレにはやっぱり特選!!
歯ごたえ、のど越し、最高に美味かったです!!
御馳走様でした。
ちなみにコブですが、皮下に大量のゼラチン質が詰まってました。
これ、コラーゲンで肌ツルツルになるでと言うたら、工作員が全部食べてしまいました。
結構美味かったそうですよ(^^
【2015/02/17 20:07】 | がき #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/614-838be1c3
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ