アシストフックについて

2009.11.06(21:24)

アシストフックについて、ずっと悩んでいた・・・
(今日は長いぞ

かなり前から自作のものを使っている。
もちろん市販のものも使うが、消耗が激しいことと、いまいち市販で気に入ったものがないため
また、自分で作る時間が好きだからである。

先日も述べたが、昔のアシストフックは、あくまで「テールフックの補助」という考えからスタートしているので、とてもしょぼいくてサイズも控え目であったと思う。

しかし、「アシスト」が「メイン」となるに従って各メーカーが開発を競い、どんどん専用のフックが生み出されていったのである。

それまでは、管付きムロアジ、石鯛針、ヒラマサ針、伊勢尼などの針が流用されていた。
これらのフッキング性能に惚れて、今も使い続けておられる方も多いと思う。

また、時代とともにアシストフックの大型化が進んでいった。
当時聞いた「大型青物の口では、小さいフックを吸い込んでもフッキングせずに吐き出されてしまう。だから大型のフックを使わなければならない・・・」という理屈から、わしのフックも大型化し、遂に5/0やがまかつの30号を使うようになった。

しかし、フックがでかい分重たいし、アシストラインとのバランスも悪く、よくジグに噛み付いて上がってくる。
これでは、バイトがあってもフッキングしないではないか!
市販品を使ってみても同じ結果である。

そこで、アシストラインには、ケブラーをはじめいろいろなアシストラインも使ってみたのだが・・・
結局張りのあるシーハンターの太目のものを使うようになったのである。
まぁ、これはこれで一応釣果も揚がっていたが・・・



長々と退屈であろうが、今しばらくお付き合いいただきたい・・・


以上は、主に日本海や和歌山がメインの話であるが、今シーズンから、結構明石に通うようになって、60gのジグでツバスやサバを狙うとき・・・
合うフックを持っていないのに気が付いた

ここはやはり、軽くて吸い込みの良いフックが必要である。
慌てて市販品を探したのだが、イマイチ気に入るものが無い。

そこで自作しようとしたのであるが、そこで前々からの疑問が再び持ち上がってきた。

今までは、
○ でかいフック
○ 長さは、ジグの1/3程度
○ 張りのあるアシストライン
を意識して作っていた。

しかし・・・
でかいフック⇒重くてバランスが悪く吸い込みが悪い?、太いのでフッキングが悪い?
         ふところが広い分、可動範囲が大きく、魚が暴れることによるバラシの原因になる?
長さ⇒ロングジグや大型ジグの1/3とすると長すぎてジグから離れ、これまたフッキングしない?
張りのあるアシストライン⇒単に吸い込みが悪い?

よしっ、原点に戻ろう!!

きっかけは、先日寄った須磨のルアーショップライトさんである。
スタッフとフックの話をして、今までの疑問が一気に吹き飛んだ。

「みんなジグに合わせてフックを大きくするが、ジグが大きくても狙う魚の口の大きさは同じである。」
「フックが大きいと、その分動いて針穴が広がりバレやすい。」
「長いラインは、ジグに絡むし、やはりジグから離れてフッキングし難い。」

やはりわしの考えは正しかった!!
(今更何をいうとるんやと思われるが

そこでフック形状の悩みを打ち明けて、勧められたのがこれ!

アジ針

オーナーのアジ針!!
(こんなんで真剣にアジを狙うわけないと思うし、何で「アジ」なんかは分からんが・・・)

わしが探していたのはこれである!!
(残念ながら、わしの近所の釣具屋さんには置いていない・・・)
形状、サイズ、フィーリング!!
まさにわしのイメージどおりである!!

サバやツバスに16号
ハマチメインで18号
メジロ~ブリで20号

形状比較

左から、18号、20号、バンフック ブルーバックスショット3/0、シャウト クダコ5/0



そこで、早速

わしのアシストフック作成を紹介しよう!!

前置き長~っ


まず、道具準備しますわなぁ
用意するもの

ザイロンをカットしますわなぁ
ザイロンカット

ショートジグ用に6センチ
ロングジグ用に10~12センチ
(少し長い目に切って、後で調節するほうが作りやすい)

ここがミソ
芯を抜いたザイロンの中にフロロを通し(7~8号でOK・これによって、ジグへの噛み付き格段に減る)
これを5mmの段差を付けてふたつに折りますわなぁ
二つ折り

短いほうからニードルをセット
ニードルセット

非溶接リングを通しますわなぁ
非溶接リング

絞め込んでアシストラインができたら、端から5mm位のところにフック刺しますわなぁ
そのままアシストラインが内側に来るように反転しますわなぁ
針を通す

セキ糸でグリグリとテンションかけながら根付しますわなぁ
ボビンで根付け

瞬間接着剤で仕上げますわなぁ
瞬間で補強

熱収縮パイプ通して、ドライヤーで固めて完成!!
完成!

まさにプロの作品である。

セッティングはこんな感じ

イノセント150gにナムジグ160g
日本海ジグ

スティ80g
スティ80g

ナムジグ100g
ナムジグ100g


まだあまり実績はないが、先日のヒラマサ、メジロ、ハマチが無事に掛かっているので問題は無いと思う。
これからいろいろ検証して精度を上げていきたい。
とりあえず、非溶接リングをフックに対して直角にセットするか、平行にセットするかの検証をしている。
水平にするのが普通あるが、今は直角を試している。



雑誌やいろんな方のブログを拝見していると、フックについても皆さんかなり研究され、またこだわりを持たれている。
いい情報があれば、是非教えていただきたい。


海に行けない時は、なんやかんやとタックルいじりが楽しいのである(^^




おしまい・・・



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/63-09ef8b61
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ