プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

快適なスローライフのためのロッドチューン

タイトルを見て、スローな方なら、「あぁ、あれをやったんか」と気付かれると思う。


ご名答



大先生によって、かなり前から提唱され、今やスローなジガーには定番となったイモムシグリップ
カスタムパーツとして販売もされている。

しかしスローでないわしにとって、今までなぜそれが必要なのかが分からなかった。


その必要性が理解できたのが先日の中深海釣行でのこと




理由はいろいろある。
本当に理解できているのかの疑問は残るが、なるほどと必要性を感じた。



当日同船した方々に聞けば、簡単に自作できるという。

その方法を教授いただき、後でネットで調べれば、結構ブログなどで紹介されている。



わしも早速取り入れることにしたので、僭越ながら簡単に紹介したいと思う。






準備するのはこれ


IMG_1409.jpg






テーピングテープの38mm25mm12mm幅のもの
それと、熱収縮ラバーグリップのΦ40mm×500mm










まずは、グリップにテーピングテープを幅の広いものから順に重ねて巻いていく。


IMG_1412.jpg





これは、38mmの上に25mmを重ねた状態






巻く回数は、7~9周とされているが、わしは段差のボリュームが欲しかったので、38mm5周に25mmを9周
それに12mmを9周重ねてみた。


IMG_1414.jpg













途中ぼ~っとしながら巻いてると、少し橋がずれたりするが、後でラバーを被せるので特に気にする必要はない。








これで、テーピングテープの下巻きが完了


IMG_1415.jpg












主に浅場やタチウオに使用する#2はリアグリップのみ

中深海メインの#4は、フォアグリップの必要性を痛切に感じたのでフォアも巻いてある。





仕上げとして、巻いたテーピングテープの上に熱収縮ラバーグリップを被せる。



もともとプロパゲートのグリップの外径は30mmあるため、3重に巻いたテープ分を加えれば、そのままでは入らないので、ラバーグリップを少しずつ引き伸ばしながら全体を覆っていかなければならない。



ラバーグリップは、熱を加えることにより直径で50%縦方向に10%の収縮性をもち、約120℃で収縮が完了するとされている。



ロッドをコンロで炙るのにはやや緊張感を伴ったが、距離を保って徐々に加熱すれば綺麗に収縮を始める。








そして完成


IMG_1418_20150506191011c01.jpg









IMG_1421_2015050619102961f.jpg









まるで既製品のような出来栄え

握ってみると、とても気持ちよく掌にフィットする。






イモムシグリップが必需なのかといわれれば、分からない。

これが必須であり、かつ、需要が高ければロッドの設計段階でそのように形成されて販売されるはずだが、今のところそれはみられない。
おそらく使用するスタイルや、ロッドの握り方により個人差や好みが分かれるためだろう。
それだけスロー系は、開発途上ということなのかもしれない。
その分楽しみが広がるジャンルなのだろう。





早くこれを使ってみたい。













おしまい・・・







ゴールデンウィーク!?
何、それ(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4496: by てるやん on 2015/05/07 at 18:39:23

こんばんは。
私はまだスローライフ開始していないけど、スローがまだまだマニア向けのときに餌とルアーの混合便で出たときにそれらしきものを見ました。
熱収縮被せないままテーピングだけでやってましたね。
必要性はやればわかるんですね!?
なんだろう?

4497:てるやん by がき on 2015/05/08 at 11:11:23

自分もまだ分り切っていませんが、普通のジギングとは力の入れ方というか、支点、力点が違うように思います。
それをより快適にするために必要なのかと・・・
また使用感レポートしますね(^^

▼このエントリーにコメントを残す