プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

おっさん万歳! 美味いもん喰って梅雨を乗り切ろう!!

先日は、初もんの明石ダコ喰ってタウリンをたっぷりと補給した。


カブラでも初もんの明石ダイが釣れたのは先に書いたが、このマダイのコンディションがすこぶる良かった。

大体6月のマダイは産卵を終えた魚体が回復しきっておらず、1年で一番味が落ちると言われる時期である。
そうはいうものの個体差があり、中にはよく肥えたヤツも居る。





まさにコイツがそうであった。


IMG_1505_20150607150847f33.jpg











40センチに少し足らないサイズながら、ポテッとした腹回り。
皮を引くと、皮目にしっとりと脂を纏っていた。


IMG_1526.jpg










これを平造り


IMG_1537.jpg










そぎ造り


IMG_1530.jpg







にしみたが、予想どおり大変美味かった。





余談だが、最近わしは刺身の皮を引くときに、いかに皮目(銀皮)を残すかに拘っている。

あたり前のように思われがちだが、意外とこれが難しい。
調子よければさらっとできるのだが、皮が切れるのを嫌がって怯めば皮目を削いでしまう。
ビビらずに、どれだけギリギリを攻めることができるかが肝である。


IMG_1529_20150607150850269.jpg













そうこうしていると、ピンポ~ン♪とクールで荷物が届いた。





わくわくしながら発泡の箱を空けると




キラキラと輝く、箱いっぱいの甘エビ


IMG_1538_20150607150909676.jpg








秋田県の友人からの、嬉しい贈り物である。





サイズもデカく、軽く10センチを超えていて、しかも抱卵


IMG_1542_201506071509105c1.jpg








IMG_1546.jpg







そういえば、以前見た旅番組で、同じく抱卵したエビが紹介されていた。
その中で旅館の女将がバリバリと皮を剥いたのはいいが、卵もきれいさっぱり取り除かれ、「はいどうぞ♪」と差し出された身には違和感を覚えた。


わしはもちろんそんな不粋な喰い方はしない。
大切に皮を剥き、卵とともに山葵醤油でいただく。


すると口の中で、身は甘みを残してとろりと溶ける。





美味い!!






先日近畿地方も梅雨入りした。
またジメジメとした日が続くのだろう。
その梅雨が空ければいよいよ


おっさん達よ、身体が怠いとか重いなどと弱音を吐いてはいけない。
夏バテだとかヤワなことを言ってはいけない。
おっさんだからこそ、美味いもんをたらふく喰って、しっかり夏を乗り切ろう!!












おしまい・・・







これを見て、拳を握り締めるのは・・・
思わず目頭が熱くなるのはおっさんだからなのだろうか?




年輪を重ねたおっさんの背中は逞しい。
そして戦うおっさんはカッコいい!!

     
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4509: by てるやん on 2015/06/10 at 19:46:12

こんばんは(^^)
さすががきさん!
銀皮がついた刺身は本当にうまそうに見えますよね‼
なんかこう、新鮮さが溢れているというかなんというか(笑)
勇気がある包丁の角度としっかり包丁研ぎができているかを試されていますね。
包丁を均等に平らで研げてないと銀皮は難しい。

▼このエントリーにコメントを残す