プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

タチウオフックはこう作る。

暑い

毎日ほんまに暑い


ニュースでは、連日のように猛暑が伝えられており、今や気温が34度だと「マシやな」とか思ってしまう。

また、「熱中症で○人が救急搬送されました。」という報道も今や定番
しかし、決してその報道に慣れてはいけない。
命を落とすこともあり、真夏でも釣りに出かける者にとっては決して他人事ではないので、くれぐれも気を付けていただきたい。



さて、8月に入り、そろそろお盆を迎える季節となったが、今年も大阪湾に銀色に輝くヤツがやってきた。

まだ本格的なシーズンとは言えないが、好ターゲットを迎えるためにしっかりと準備しておきたい。


前にも書いたと思うが、いままでわしはタチウオジギングといえば、切られて失くしてももいいような2軍のジグを投入し、なるべくジグを動かさずにゆっくりソフトに、かつ、なるべく横に向けないようにしていた。

またタチウオ狙いは、ジギングとしては決して面白いものではないため、青物やマダイの合間にちょこっとやるだけで十分だと思っていた。
ましてや一日中タチウオを狙うなんてことは考えもしなかった。

しかし、昨シーズンに、スローピッチでタチウオを狙う面白さを覚えてからその考えが一変し、このシーズンを心待ちにしていたのである。


わしの釣りには、前言撤回なんて当たり前
それを「ポリシーがない」「ブレる」と捉えられることもあるが、わしは的には「柔軟に対応」とか「臨機応変」という風に解釈している。







前置きが長くなったが、要はタチウオフックを作ろうという話である。



ルアー、餌を問わず、タチウオ釣りはとても人気がある。
だからその分いろんな仕掛けが用意されている。


ジギング用としても多くフックが販売されているため、わざわざ自作する必要はないのかもしれない。
しかしワイヤーを使うため、すぐにチリチリやクリンクリンになって非常に消費が早い。

そして何よりも、自作によっていろんな長さを自由に揃えることができるという利点がある。
だから、是非自作してみよう。







では、早速その作り方を紹介




使用するのはワイロンの#39


IMG_18941.jpg











それを必要な長さにカットして、その先端の7~8mmを二つ折りにする。
それをフックのチモトに添えて、根付け糸をしっかりと巻く。


IMG_1900.jpg





IMG_1902.jpg









根付けした糸には瞬間接着剤を垂らしておく。


IMG_1907.jpg











フックを結んだのとは反対のエンドをシームレスリングに通すため、アルミスリーブのSSを準備


IMG_1908.jpg













ワイロンのエンドにバイトを作り、シームレスリングに通してアルミスリーブを専用ペンチでかしめる。


IMG_1911.jpg






IMG_1912.jpg

















先に巻いたフックの根付け部分には、エポキシ系の夜光塗料を塗ってやる。、


IMG_2026.jpg











A液とB液をよく混ぜ合わせ、添付されたへらで塗っていくのだが、これがなかなか難しい。
油断すればすぐに団子になって不細工な仕上がりとなる。
またこれを20分以内にやらなければエポキシの硬化が始まってしまう。


IMG_2030.jpg











エポキシが十分に硬化すれば完成


IMG_2134.jpg




















ジグへのセッティングはこんな感じ

巻きの時


IMG_2136.jpg













フォールの時


IMG_2137.jpg










どのような状態であっても、どこを噛みに来てもフッキングするようにセットする必要がある。

だから、ジグに応じたいろいろな長さのフックが必要なのである。






あまりジグを動かさず、巻き上げ中心に釣るときはテールにこれをセット


IMG_2140.jpg



タコベイトを付けるのは、集魚というよりも抵抗を与えてジグの動きを抑える効果があるらしい。








これらはあくまで一例

その考え方が正しいのかどうかも分からないが、今のところ自分なりに納得しているメソッドである。



よくタチウオは捕食が下手だと言われるが、ターゲットを狙ってピンポイントを確実に喰いに来ているのだという。
しかし、その体型から他の魚のような急な転回ができず、また噛みつき型の捕食をするためにスカ喰らってラインを切ったりスレで掛ったりするのだという。

だから、ちゃんと喰えるようにジグを操作してやればいい。


いやいや、結局それが一番難しいのである。





ここで紹介したパーツは、すべてAmberjackさんで揃えることができる。
しかも、その作り方がもっと丁寧に紹介されているので是非ご覧いただきたい。



















おしまい・・・









このブログの訪問者を見ていると、最近釣りには関係ない方?の訪問が多いことに気付いた。
どのような経緯で覗いていただいたのかは分からないが、案外料理の検索によるものかもしれない。
それとは別に、「この前がきさんのブログ見たっていうお客さんが来たで」とブログをご覧になった方が店や船を訪れられたり、
紹介したタックルを購入されたりなどといろいろ参考にしていただいているみたいである。
わしもいろんな方のブログから多くを学んだように、このブログをご参考いただくのは非常に嬉しいことである。
とても拙いブログだが、いよいよわしもワールドワイドだということだろう(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す