美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

マイカの持ち帰り方 

マイカとは、剣先イカのことを指す。


そのイカは、釣り上げた時は真っ赤
そして死ねば真っ白

その後、保存がよければ再び鮮やかな赤色が蘇る。

だから、地方によってアカイカシロイカなどとも呼ばれている。




また、マイカは非常に高価で美味なイカとして知られている。
わしらアングラーは、そんなマイカが釣り放題の喰い放題なので、釣ったイカは是非とも美味しくいただきたい。




今回は、そんな美味いイカの持ち帰り方に関する話である。

持ち帰りの状態がよければ、鮮やかな赤色が楽しめ、マイカの表面を指で触れれば細胞がキラキラとネオンのような瞬きを見せる。



釣り上げたマイカは、真水に触れるのはよくないことが知られているため、さすがに氷が入ったクーラーにそのまま放り込む者は見られない。






マイカの持ち帰り方は大きく分けて二通り


ある程度まとめてジプロックに入れるか、または平たいザルかトロ箱に重ならないように並べるもの
いずれも十分に氷が入ったクーラーに入れることが大切である。

マイカを釣り上げて十分に墨を吐かせて持ち帰っても、帰宅後には透明感が消えて白味がかり、下になったイカは変形し、墨袋が破れて真っ黒な泥亀みたいな残念な状態になっている。

かといって、ザルにしてもそれほど数が入らず、数釣れたときには結局下敷きになったイカは墨まみれになる。


わしもいろいろ試したが、結局今はザルとジプロックを併用している。

見た目は汚くても味は変わらないのでよしとしているが、できることならきれいな赤色で持ち帰りたい。

そして何よりムラなくしっかりと冷やすことが味を保つのに一番大事で、ちゃんと冷やさなければ確実に味が落ちるという。








さて本題



実は、前々からイカの持ち帰り方をいろいろ調べてて、とても気になっていたものがある。



キーストンアルミ製イカ用トロ箱




これは、一般的な木製のトロ箱の形状をそのままに、アルミの熱伝導性に着目されて開発されたもの

重ならずにマイカを並べ、かつ、熱伝導性の良さから満遍なく均一に冷やすことができる。





欲しい・・・




しかし、マイカを持ち帰るのに、果たしてそんなに高価なものが要るのか・・・

でも欲しい・・・


そんな葛藤を繰り返しながら、1年以上が経過




先日も焼酎をちびちびやりながら、ご機嫌でネットを見ていた。

わしの視線の先には、クールな光沢を帯びたアルミ製のトロ箱のページ






そして、翌日




なんとなく嫌な感覚を覚えた。


例えばそれは、夢の中で尿意を感じたものの、「ええい!」と小便し、翌朝「もしかして」とそっとパンツを確認するような・・・

ややお腹が緩いにもかかわらず、「ええい!」と豪快に放屁し、「もしかして」とそっとパンツを確認するような・・・


そんな例えが分かりやすいだろか。





「もしかして」とそっとパソコンのメールを確認したら・・・

「ご注文ありがとうございました」というメールを受信していた。



予感は見事に的中した。



どうやら酔っ払って「ええい!」という感じだったのだと思う。

しょうがない。

結局こうなる運命にあったと諦めることにした。



こうして、キーストンのアルミ製トロ箱を手に入れることになったのだが、人気で品薄な状態のようで、わしの元に届くまで1ヶ月近くかかった。







そしてわしは、運命の出会いを果たした。


IMG_2228.jpg










IMG_2232_20150817194620271.jpg










IMG_2235.jpg











IMG_2234.jpg
(これはオマケ)












アルミ製のトロ箱は、S・M・Lの3サイズが用意されており、わしはその中のSサイズをチョイス





Sサイズの大きさは、50リットルクーラーでこんな感じ


IMG_2238.jpg








これでもいいが、最近マイカだけの釣行では大型のクーラーは使わない。

だから35リットルに合わせることにした。


IMG_2245.jpg









ダイワの35リットルにジャストサイズ


IMG_2249.jpg











Mサイズで40リットルクラス
Lサイズは50リットル以上のクーラーに適合するように作られている。







値段を考えればややセレブだが、これ以上ない好条件でマイカを持ち帰ることができるようになった。




美味いぞ!!


インプレはまた後日

















おしまい・・・






また今年も24時間テレビの季節がやってきた。
もともと捻くれ者のわしは、この番組のわざとらしさというか何ともいえない臭さが苦手である。
もちろんチャリティーというコンセプトには大いに賛同する。
しかし、上手く表現することができないが、とにかく苦手なのである。
特にマラソン
「負けないで!」といいたいのだと思うが、タレントや芸人がほとんどを歩いてゴールする姿の何に感動すればいいのか
何で他人の「自分探し」と感動の押し売りに付き合わなあかんのか。
チャリティーとかいいながら、出演者には高額のギャラが支払われているという話にも興ざめする。
まぁこの番組が多大な寄付の一助となっているのは事実なので、それはそれでいいのだろう。
ただ、チャリティーをダシに儲けるのはよくないと思う。
嫌なら見なければいいだけだが、わしはどうも気持ちが悪い。
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

Name - sato  

Title - 

いつもむちゃくちゃ楽しませてもらってますm(_ _)m

私は、今年イカメタルに手を出し始めた、まだまだ初心者ですが、がきさんのイカの持ち帰り方などについては凄く勉強になりますm(_ _)m

それで、もっとがきさん流のイカの持ち帰り方を書いていただけたら嬉しいです。(あつかましくてすみませんm(_ _)m)

クーラーに移すタイミングなどなど……よろしくお願いしますm(_ _)m
2015.08.18 Tue 07:55
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - satoさま

コメントありがとうございます!
そんなお声がとても励みになります。
自分のブログなんか適当で、参考になるものなど何もありませんが、まぁうだうだやっとるなぁとご覧ください。

さて、お尋ねの件ですが、釣り上げてからクーラーに入れるタイミングなどですね
今までは、中途半端にバケツとかに入れてましたが、そんなことをしてるといつまでも墨を吐くか、そのまま死んでしまうので、今はやってません。
釣り上げてからは、ザルに放置→墨を吐きながら窒息死
→墨を流してクーラーにインというだけですよ。
1パイずつ丁寧に絞めていたこともありましたが、あまり締める利点が見つからず、めんどくさいので止めました。
時合は短いので、その時はなるべく水中に仕掛けが入っている状態にしておきたいですね。
あまり参考にならなくてすいません。
近いうちに釣行予定しているので、その時にNEW持ち帰りを披露させていただきます。
是非楽しみにしていてください(^^v
2015.08.18 Tue 19:13
Edit | Reply |  

Name - sato  

Title - 

がきさん

丁寧な返信、本当に感謝申し上げますm(_ _)m
がきさんの文面から、その様子がとってわかるようにイメージされてきました、さすがです!!

そのわかりやすい文面が、人気の一つだな〜っと感心いたしました。

私も丹後でジギング、イカメタルをやる身です。
いつかがきさんとたまたま同船することを夢見ながら釣りを楽しみます( ´ ▽ ` )ノ

次回の更新を、楽しみにしてますm(_ _)m
2015.08.18 Tue 20:44
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - satoさま

えっ、マジですか?
そんなこと言われたら、ガラにもなく張り切ります‼
何処かで一緒になれば、是非声を掛けてくださいね。
また、明石や紀北にもお越しくださいませ(^-^)/
2015.08.18 Tue 21:28
Edit | Reply |  

Add your comment