美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

愛機リョウガのメンテナンス 

わしは、鯛カブラ用のリールとしてダイワのリョウガ2020を使用している。

リョウガシリーズがリリースされた当初には結構トラブルが見られたようだが、わしのは未だノントラブルで、重宝して使っている。




鯛カブラでは、一部に「炎月」「紅牙」といった専用リールがある以外、ジギングとは違って「これ」といった定番リールが無い。

それだけに、使用するリールにはそれぞれ好みが分かれるので、見ていて面白い。





鯛カブラ用のリールの選択基準として、だいたい次のようなものがある。

巻きのスムーズさ
ギア比(巻き上げ長さ)
大きさ・形状(パーミングのし易さ・手のフィット感)
その他の付加機能(リールのセールスポイント)
見た目のカッコよさ(好み)



わしも上記理由を検討してリョウガを選んだ。

中でも、ローギア(ひと巻き60センチ)を選んだのは、超スローでしか喰わない時にハイギアをゆっくりと巻くのは非常に辛気臭い
それでなくても辛気臭い釣りなので、ローギアを早めに巻いた方が気持ちよく釣りができるという理由
まぁ、これも人それぞれの好みが分れるところ

また、もともとバス用?に開発されたものなので、他のリールに比べてキャスト性能が抜群によい。
これは、非常にアドバンテージとなる。


その他にも、パーミングしやすいし、堅牢で見た目もとてもカッコいい。






そんなリョウガだが、先日カブラを巻いていて、やや違和感を感じた。
そういえば、永らくコイツのメンテナンスをしていなかった。




という訳で、久しぶりにリョウガを分解掃除をすることにした。


IMG_2771.jpg









分解したパーツは、その順番と方向が分るように並べておく


IMG_2787.jpg








メンテナンスは、基本的に分解し、パーツクリーナなどにより油分や汚れを落として清拭
そして、注油やグリスアップしながら組み直していくだけ。
これだけで驚くぐらい回転がよくなる。




見ると、ドライブギアまわりには錆や腐食は見られない。
古いグリスを落とすだけでよさそうである。


IMG_2779.jpg









IMG_2780.jpg













ベアリング類も洗って注油すれば回転が復活


IMG_2795.jpg




IMG_2786.jpg













最後はギア周りにグリスを塗り込んで、組み直す。


IMG_2791.jpg







同じリールがもう1台

こちらは、少し前から巻きにシャクシャクと乾いた感じでが見られていた。





分解してみると、予想どおり油分が流れていてカスカス
同様に清拭し、潤いを与えて組み直し


IMG_2793.jpg










これで作業が終了


IMG_2801.jpg









作業後の最大の楽しみは、何といっても復活した回転性を確かめる瞬間



あ~気持ちいい!!















おしまい・・・






1台目を組み上げて、意気揚々とハンドルを回したら、グリっ、グリっと何やら変な感覚
ん!?
よく見るとパーツ1つ余ってたというマンガのような話
慌てて組み直したのはナイショ(^^;
   ↓


にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

Name - Kazuhiro  

Title - がきさん

自分のリョウガもお願いします(笑)
息子の名前に似ているだけで3台も購入しました。60㎝代のベイトリールはメバルでも重宝するんですよ。
2015.11.10 Tue 20:28
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - Kazuhiroさま

「堅牢で安定した巻き! ヒョウガ2020登場!!」みたいな感じですね(^^
2015.11.12 Thu 19:03
Edit | Reply |  

Add your comment