プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

雨中の友ケ島沖 ジギングの怖さと面白さ

またしてもわしが釣行を予定する日が近づくにつれて天候が下り坂

この日も降水確率が高く、北風が強まる予報
しかも、気温が前日よりも5℃近く下がるというので出船が危ぶまれていた。

恐る恐る船長に出船を尋ねたところ、「全然大丈夫」という心強い回答


少々の荒れなら、それは自分の力になるはずである。







お邪魔したのはケイズさん


DSC_0209.jpg









同行するのはチームGACHIAN会長



出船は8時とゆっくりめ
しかしAN会長は、何と6時半には着いていたらしい。

「久しぶりの釣りやから嬉しくて、早く目が覚めたねん」

と、うれしょんしそうな勢い

確かにわしもそう


天候も何とかもちそうで、楽しい一日になりそうである。


DSC_0212.jpg














話は変わるが




「しょせんジギングなんか交通事故や」というのはAN会長の名言

上手い、下手やベテラン、初心者というが、釣れるときは関係ない。
時にハマれば初心者がボコボコ釣ることもあるという意味

そうはいっても当然腕は大事
ジギングをやり尽くした名手ならではの言葉である。









話を戻そう。



この日の潮まわりは大潮

潮が緩いうちにタチウオを狙い、その後本命の青物というプラン
前日も10キロオーバーの太いヤツが出てるので期待十分


しかし、タチウオポイントでは、潮が緩むとはいえ結構な流れ
魚の反応はあるものの、まったくと言っていいほど喰わない。

2時間近く流して、結局船中4本のみ
わしとAN会長は1本ずつ。

まぁ、名手にすれば当然の結果である。




さっさと青物に行こう。

しかし青物狙いの僚船からの情報は、あまり芳しくない。
まだいい潮が入らずに、アジの飲ませでも喰っていない様子

まぁそれほど心配する必要は無い。
この船は必ず釣らせてくれる。

そんな中、とりあえずジグを落としてみる。





AN会長のライジャケは、いつもの位置に寸分違わず装着
そこからは、溢れんばかりの気合いやる気を感じる。



「ライフジャケットを正しく安全に着用しましょう」を画にしたら、おそらくこんな感じになるのだろう。


DSC_0216_201511260656328a2.jpg











古志船長が「ちょっとやる気のある感度が入ったなぁ」とつぶやいた途端
ゴン、ゴン、ゴンと同時に何本かのロッドが曲がる。


潮上に船を戻し、再び流し始めると、ゴン、ゴン、ゴン

いきなりお祭りが始まった。

「喰うで!これ絶対喰うで!!」

「早よ落とし! 底まで落とさず巻いても喰うで!!」

「凄い反応や! 喰うで! 喰うで!!」



皆を鼓舞する古志節も絶好調


そして終了


しかし、何本も喰わせるもオマツリやフックオフにラインブレイクで、もの凄いラッシュだった割に数が上がらず。


その後は、お祭りとはいかないものの、反応が入れば誰かのロッドが曲がるという感じで数を伸ばしていく





そんな船中では

満足そうに笑っている顔

少し悔しがっている顔


そして・・・




首を傾げて納得できなさそうな顔


ん?



その納得できなさそうな顔の中にAN会長の顔も




なんで?




「がきちゃん、全然アタらんわ」


何とここまでノーヒットらしい




そこから時間が過ぎ・・・

次第に「GA」(頑張れAN会長)的な空気が濃くなってくる。



そして船下にいい感度が入り、遂にその時が来た。



喰った!!


DSC_0221.jpg









ややズレたライジャケが、苦悩した心境を語っている。


DSC_0222.jpg






わしも安堵して、ファイトするAN会長に「ひゅーひゅー」と囃したてたり、
また脇腹をこちょばしたり、お尻をツンツンしていた次の瞬間


ぶちっとバレてしまった。




完全に「GA」(がっくりAN会長)な雰囲気


DSC_0223_201511260656490a0.jpg








その後、再び同じようなシーンが訪れたが



GA・・・







そして、そのまま終了








船中の釣果は、鰤3本メジロ18本


DSC_0225.jpg





何とこの日初めてジギングをしたレンタルタックルの若者が、メジロ4本釣って竿頭

素晴らしい。
これで、どっぷりとジギングにハマるのだろう。

いい話である。




歯車が少し狂うだけで、名手がボウズで初心者がトップということがあり得るという話
これがジギングの怖さであり、また面白さでもある。





わしか?

言いにくいが、実はわしも「GA」だったのである。


特に名手ではないわしは、鰤1本メジロ2本

つまり、「GA」(がきあっぱれ)である。














おしまい・・・





某ネットショップの店主が、自身のブログで、「ロッドを持たない高知遠征」の話を書かれている。
その中で紹介される、SFCの工場でジグを作るクラフトマン達のこだわりと、そこから出来上がった圧倒的な機能美を誇るジグには思わず見とれてしまう。
それは、単なる「釣りの道具」ではなく、製作者の心のこもった作品なのである。
だから使う方も、心を込めてその思いに応えたい(^^
     ↓


にほんブログ村



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4604:昨日はありがとうございました。 by 荻田 卓 on 2015/11/26 at 11:52:05

昨日はオマツリでご迷惑をかけました荻田です。今回もすごく面白くまとめたブログ拝見して感服しています。うらやましくなる文才です!
しかし…悪天候呼び寄せパワーはもっと凄かったですね。今後仲良くしていただきたいですがパワー発揮は今回限りにして下さいませ(_ _).。o○

4605:荻田さま by がき on 2015/11/26 at 17:24:48

早速コメントいただきありがとうございます。
先日は、何やかんやと面白かったですね。

文才などありませんよ。
ただ、せっかく書くのだから読み手にも楽しんでいただけるようなブログを心掛けております。
拙いブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。
また、釣りにも機会があればご一緒させてください。
ちなみにその時の天候は保障できないのであしからず(^^

▼このエントリーにコメントを残す