美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大先生の講義と真面目な生徒たち 

大先生とは、言わずと知れたジギング界の大御所


その大先生Amberjack代表のT羽さんのご厚意により、チームGACHIメンバーを対象にジギング講習会を開いてくださることになった。




メンバーを対象とした講習会の開催は、今回で2回目
前回は、主に週末が休みのメンバーが参加した。

そして今回は、平日が休み組を対象に開催されたもの




場所は前回開催同様、メンバーのきろさんのお店 Garage café SORA


IMG_0001_20151218095251c34.jpg





IMG_0022_2015121809533265f.jpg





IMG_0008_20151218095308b44.jpg











参加メンバーは、jiggerさんおっちゃん文也Y本に職場後輩のうっちゃん
そして、参加打診に「いいねぇ~!」と反応したフリーランのK太さん関ちゃん









ジガーにとって、大先生は憧れの人
誰もが雑誌やDVDなどでその姿を見たり、記事を読んだことが有る。


今回は、その大先生に直接指南いただける、非常にありがたい企画なのである。





参加メンバーは、一言として聞き洩らさぬぞと仕事中でも見せないような真剣な表情で聞き入る。


1450305176885.jpg










講習時間は、10時に開始
そして、ランチタイムを挟んで18時まで


午前中は、主にリールのメンテに正しいノットの作成と破断強度について












ランチタイムは、SORA特製のナシゴレンプレート


1450305203100.jpg










午後からも、更に有意義な講義が続く。


IMG_0017_2015121809532777c.jpg













熱心に取材?をするAJ店主



IMG_0021_20151218095330978.jpg












主な項目は


リングの形状と強度

リーダーとジグやリングとの結着、ライン同士の結合


IMG_0015_20151218095312244.jpg
(なぜ寒い屋外なのかというと、老化のため細部の視認性が低下した者が明るさを求めるため)





フロロカーボンとナイロンの特性、屈折率による視認性、強度、破断(引っ張り、傷、根ずれなど)、伸び率


IMG_0012_2015121809531041e.jpg









PEラインの特性、撚りによる抵抗、感度、破断(引っ張り、傷、根ずれなど)、伸び率

フックの特性、強度、貫通力、ホールド性、形状、加工

アシストフックの作成方法、留意点、特性

アカムツジギングについて、ジグの特性、操作、4本フックの作製方法と留意点


IMG_0019_20151218095329e29.jpg











などなど、聞く話すべてが、まさに「目からウロコ」





わしもジギング歴は長く、大抵のことは理解しているつもりであった。
何なら簡単なHowto本でも書いてやろうかというくらいの自信を持っていた。




ところが・・・


その知識がいかにいい加減なものだったのかを思い知らされた。
中には自分の理解と真逆だったこともあり、衝撃を受けた。

しかし、これはわしらに限ったことではない。

同時に、世間には、いかに間違った情報と知識が蔓延しているかということも知った。
確かに雑誌などには眉唾物の情報も多い。


ここには詳しく書けないが、大先生の講義によって今まで思っていた多くの疑問がすぅ~っと解けた。






途中に休憩がてら、コーヒーを飲みながら、大先生が「何か聞きたいことあれば」と質疑を受け付けてくれた。


そこでわしが、「適切なリーダーの長さ」について聞いてみた。

すると大先生から、「GACHIメンバーで、魚に応じてリーダーの長さを使い分けている者は居るか」と逆に質問された。


わしらは皆、「・・・・・」




ここからの話が圧巻であった。

内容は主に魚の運動性能捕食特性
それらを正しく理解すれば、狙い方はおのずと決まってくるというもの

大先生もスイッチが入り、熱弁が止まらない。
その話を聞くわしらは、全員目がハートマーク




ほんとうにタメになる話ばかりだった。
ただ、その話を単に「へぇ~」とか「ほぉ~」と感心しているだけではいけない。

得た知識を自分のものにして、今後どのように実釣に繋げていくかを考えなければならない。

あくまで咀嚼するのは自分
大先生は、それを手助けしてくれただけに過ぎない。



チームGACHIが少しは知られた存在になったとしても、その実力や存在感が伴わなければダメ
だから、メンバー皆が一層のスキルアップを図らなければならない。








今回開催にご尽力いただいた皆様に感謝して、最後に皆で記念撮影


1450305210822.jpg









AJ店主からは、GACHIとAmberjackのコラボTシャツのプレゼント


IMG_0029_2015121809533302f.jpg













さぁ、次回釣行に備えよう。






これはAmberjack新人の浩平君


IMG_0010_20151218112814d8d.jpg
(本文とは関係なし)















おしまい・・・






な、何!?
この冬一番の寒波だと!
当然海は大荒れ?
上等である。
水温が下がればアソコを大きくするヤツがいる。
そいつがわしと持っているので、寒波など関係ない(^^v
   ↓


にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

Name - てるやん  

Title - 

お疲れ様です(^-^)
その講習会はお金を払っても参加したいですね!
いいな~
いいな~
いいな~
2015.12.18 Fri 12:37
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - てるやん

教えてもらった内容を、自分が講師として有料で講義しようかな♪
2015.12.18 Fri 20:50
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。