プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

鳴門沖 6人の侍の散りざまをお見せしよう

年末年始が仕事であるわしは、本日25日が釣り納めとなる。

その地に選んだのは鳴門


毎年この時期には巨鰤が期待され、また同時に釣れるサワラも全身が乳白色のトロ
こいつらを釣り上げるのが目的である。


心配された天候は、寒気が南下するというものの、何とか出船できそうである。





しかし、問題は別のところにあった。



今年の鳴門は、イマイチ調子が上がらない。
11月半ばに一旦盛り上がりを見せたものの、爆発しきれていない。
しかも、先日の大荒れ以降、濁りが入り、ベイトも飛んでしまった様子
魚自体の数も少ないという。



前日に船長からの電話

「がきさん、明日は相当厳しいで。 無理せず中止にしてもええで」

何と回避の勧告が出された。



ここは素直に勧告を聞き入れて中止にすべきか

どこか違う場所に転進すべきか・・・




しかし、潮がいい
もしかして、爆発するとすればこの潮のこのタイミング

鳴門に賭けてみるか




同行のチームGACHIAN会長に相談すると
「がきちゃん、ボウズ上等やで! 引いたらアカンで!!」と威勢のいい回答

わしも同感である。




男には、それが分の悪い戦いだと分かっていても逃げられない時がある。
男には、それが負け戦だと分かっていても引けない時がある。
男には、ただ単に「プライド」というものを守るためだけに戦いに挑まなければならない時がある。



なぜなら・・


男はいつの時代であっても「侍」なのである。




そんな戦いに賛同したのは
AN会長うっちゃんなかみっちゃんCoCo塚さんみやじ君



IMG_0004_20151225222353a61.jpg










そして、6人の侍が乗り込んだのは、達磨さん


IMG_0002_20151225222351c18.jpg










この日の天気予報は、曇り時々晴れ
寒気が南下するといっても、気温は例年より高めの13℃
風は西北西の3メートル



沖に出てみると、何やら怪しい雲がわしらを出迎える。


IMG_0011_20151225222412c8a.jpg



風も、どこが3メートルやねんという感じのボーボー


先の怪しい雲もどんどん接近して、次第にバチバチバチと冷たい水滴を落とす。

いわゆるがき汁というやつ。
(しかも、この後徳島沖を震源とする地震まで発生するというオマケ付き)







肝心の魚の反応は、無い。


それでも、侍たちは怯まずに戦いを続ける。










では、それぞれの侍たちの戦いざまをとくとご覧いただきたい。




AN侍のライジャケは、いかなる時でも寸分の狂い無く着装されている。

これこそ平常心の現れである。


IMG_0009_201512252223568f3.jpg








CoCo塚侍は、ボーズレステスターの立場を忠実に守り、
つまりタチパターンだとしても、つまり釣れなくても自社のジグでやり通している。






うっちゃん侍は、接近戦で善戦するも、相手に先手を取られて剣を根元から折られ無念の涙を流す。


IMG_0016_20151225222414c7e.jpg













みやじ侍は、ロッド1本だけで戦に挑む、文字通りの「侍」であった。


100.jpg








あまり戦慣れしていないようなので、激励がてらに様子を見に行ったところ、速い潮に苦戦している。
「底取りが難しいです」と言うので、サミングすることとラインの色を見ることをアドバイスするついでに脇挟みしているロッドエンドを軽く突いてやると、バシっと見事な反応を見せた。
しかし魚は乗らず、首をかしげるみやじ侍
いくらいいアワセをしても、魚が乗る訳は無い。
そのあまりにも見事は反応に、わしは「頑張ってや」と言うことしかできなかった。





がき侍も善戦してサワラを掛けたが、相手は水面に姿を見せながら、フッキングが甘かったのか首を振るまでもなくペっ!とフックを吐き出して、悠然と海の底に還って行った。







そして、潮が終わるのと同時にわしらの戦いも終わった。



結局魚は、なかみっちゃん侍がワンチャンスをものにしただけ


IMG_0020_20151225222415f01.jpg












勇猛果敢に戦った6人の侍たちは、鳴門の海で見事な散りざまを見せた。




無念である。




しかし、男たちの戦いざまは、後世にまで語り継がれることだろう。





我が2015年に悔いなし

















おしまい・・・










こうなることを予測した船長は、ちゃんとお土産を用意してくれていた。
ブランドもんの鳴門金時とトロ大根
それに群がる侍たち


IMG_0025_2015122522241774c.jpg

IMG_0028_2015122522241818b.jpg

何事にも動じずに、何があってもめげないわしたの前途は明るい(^^V
   ↓


にほんブログ村














スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4618: by てるやん on 2015/12/26 at 00:15:38

こんばんは(^-^)
前夜の船長勧告、海の色、がき汁、最後の大根。
まるで私が行った14日の回想を見ているかのようだ(笑)
2015年お疲れ様でした‼

4619:No title by genesis on 2015/12/26 at 04:32:24

おはようございます&初めまして

らしい「納竿」、お疲れさまでした

時期的にあちこちのブログで「今年のアクセスTOP3」などが
掲載されていますが
勝手ながらここは「記録ではなく記憶に残る・・・」にこだわりたい

マイベスト
「成るか、完全試合!?」
最後まで読んじゃいました バントのあたりで「そうかな」とは思いましたが(^^♪

あっ、これも「坊主」の話か

4620:てるやん by がき on 2015/12/26 at 10:52:22

何か「らしい」終わり方でした。
これにめげずに来年も頑張りましょう!!

4621:genesisさま by がき on 2015/12/26 at 10:55:40

コメントありがとうございます。
いろいろ読んでいただいているんですね。
感謝です。
「成るか、完全試合」は、自分も大好きな話です。
何度読んでもおもしろいですね~

しかし、ボウズの時はどのように書こうかといつも悩ましいものです。
だから、もうボウズは止めにします(^^v

▼このエントリーにコメントを残す