美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

極寒の釣りに強い味方 

冬の釣りは、寒くて辛い。
しっかりとした防寒対策をしないと釣りどころではなくなってしまう。


防寒を効率的に行うには、よく「3つの首」を暖めればいいと聞く
いわゆる、手首、足首と首

これらには、太い血管が通り、その血液を温めることで血行をよくすればいいのだという。
だから、この部分にカイロを貼るのが効果的だと言われている。

逆に循環する血液量が少ない手足の指先は冷えやすい。


しかし、元々わしは、真冬でもほとんどグローブは使わない。
もちろんグローブは何種類か持っているが、グローブによる暖かさよりも、指先の感覚を大切にしている。
またジグを触るときなどにいちいちフックが刺さり、うっとおしいのも理由のひとつである。






そんなわしが、今冬から採用したものがある。




リバレイ RBB タイタニュームグローブ-15


DSC_0228_20160117191207db6.jpg












これは、寒冷地仕様の5本指グローブ本で、チタン合金フィルムを1mmのクロロプレン素材にサンドした「Titanium α」が使用され、抜群の保温力と感度を兼ね備えた優れものである。


DSC_0230_20160117191208361.jpg












掌部分はラバーメッシュによる滑り止め加工が施されてグリップ力も抜群


DSC_0234_2016011719121181e.jpg














はめてみると、抜群のフィット感により指先の感覚がほとんど損なわれず、グローブ嫌いのわしもご機嫌


DSC_0233_20160117191210ec1.jpg
(わしのサイズはL)


















先日の島根釣行でも、晴天ながら爆風で、移動の度に波しぶきががき汁となって四方八方から襲い掛かり、全身がずぶ濡れに。


指先冷えて、徐々に感覚が無くなる。



冷たい・・・


冷たい?




いや、全然冷たくない。




むしろポカポカと暖かくさえ感じる。


IMG_0014_20160117191213ae3.jpg












分かりやすく説明すると、

冷たい北風が吹く屋外から戻り、リビングのドアを開けると、暖炉の火に温められた空気が全身を包んでくれるような


吹雪のゲレンデとガラス一枚隔てただけのリゾートホテルの温水プールに、ビキニのお姉ちゃんが寝そべってトロピカルドリンクを楽しんでいるような






その光景を思い浮かべるだけで、うっとりとしてしまう。

それが、お手頃価格で味わえてしまう。






おひとつ如何かな。


















おしまい・・・









ここのところ、わしは公私に渡って非常に忙しい。
あれやこれやといろいろなことが起こり、その対応に追われている。
やっかいな問題を解決するために、いつもわしの持つ調整力が求められる。
しかし、それらはわしの手を煩わせるだけでブログネタにもならない。
これを「貧乏暇なし」という(^^;
   ↓


にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

Name - てるやん  

Title - 

お疲れ様です。
私も似たようなのを持ってますわ。
あとはネックウォーマーの内側にカイロを貼ると全然寒さが違いますね。
低温火傷の可能性は自己責任で(笑)
2016.01.18 Mon 13:35
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - てるやん

冬の釣りは寒くて辛いですが、何とか文明の利器を活用して快適に過ごしたいですね♪

2016.01.19 Tue 21:25
Edit | Reply |  

Add your comment