スロージャーカーのイモムシグリップ作製

2016.03.07(16:56)

前回の釣行には間に合わなかったが、使ってみて改めてその必要性を感じた。

だから、早速作ろうと思う。




イモムシグリップの作製については以前紹介しているが、今回は、ポセイドンのスロージャーカーのもの





スロージャーカーのグリップを見てみると


プロパゲートに比べ、リアグリップが少し短い


IMG_0001_20160307155632db0.jpg









一方、フォアグリップは同じぐらい


IMG_0004_20160307155634f61.jpg












スローピッチでしゃくるとき、わしはこのようにロッドを持ちたい


IMG_0008_20160307155635bf0.jpg










しかし、グリップが短い分小指が余ってしまい、うまく力が伝わらない。


IMG_0010_2016030715563677e.jpg



















よし、やろう


IMG_0011_20160307155638183.jpg











まずは、この差を埋める作業から


IMG_0013_201603071556515a7.jpg











リアグリップの幅を38mmまで拡張したい。


IMG_0015_201603071556522fe.jpg












いきなりここに12mmのテーピングテープを巻いてもいいのだが、せっかくなので一工夫


IMG_0017_20160307155655453.jpg











シールタイプのクッションゴム


IMG_0016_20160307155654423.jpg











これを約12mmの幅にカットしてリアグリップの後ろに巻いてやる。


IMG_0019_20160307155657194.jpg










高さを稼ぐために2重巻き


IMG_0021_20160307155716bb4.jpg










その上から12mmテープを巻いて高さを揃え、さらに38mmテープを1周だけ巻いて形成


IMG_0023_201603071557189d6.jpg







IMG_0025_2016030715571917d.jpg










さらに、25mm12mmのテープを重ねてそれぞれ7周程度巻き、下巻きが終了


IMG_0027_20160307155721242.jpg
(お婆さんの口元みたいなシワができるが、上からラバーグリップを被せるので気にする必要は無い)












ラバーグリップは、縦方向に約10%収縮するので、その分を考慮した長さにカットして下巻きに被せてやる。


IMG_0029_20160307155722dbb.jpg









これをコンロで炙ればこんな感じ


IMG_0034_20160307155737481.jpg













フォアグリップも同様の手順で完成


IMG_0035_20160307155738c09.jpg
(今回はややスリムにしたかったので、グリップの上に38mmは巻かず、25mmと12mmだけ)












とてもしっくりした握り心地

これはいい。


IMG_0039_20160307155740708.jpg















わしもいろいろと頑張ってるんやけど、報われんなぁ・・・


IMG_0042_2016030715574167f.jpg


















おしまい・・・









嗚呼、アカムツ釣りたい(^^;
   ↓


にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/713-a989651b
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ