絶好調男 友ヶ島沖に現る

2016.05.14(12:00)

先日は、久しぶりに大型魚の気持ちのいい引きを堪能したわしは、腕や腰に心地よい張りを感じている。



やはり、イメージどおりにジグを引いて、イメージどおりに喰わせることができれば楽しい。
もちろんそれは、タックルやルアーに助けられた部分も大きいが、操作する者の卓越した技術を抜きには語れない。


釣り師というものは、それがエサであれルアーであれ、釣れればついつい調子に乗って語りたがるのという性を持っている。
しかし、人の講釈を聞くのはとてもめんどくさい
だから、聞きたくなければそれ以上に自分が釣ることである。

そんなことを考えながら、わしも少々イキってみた。



さて、鰤は十分堪能したので当分顔も見たくない。
次は、そろそろシーズンを迎えるアジサバがいいなぁなどと考えていたところ

「がきちゃん、大アジとサバの乱舞なんかどうや」Aカラーさんからお誘いの電話

「もう鰤は要らんやろ」


さすがにこの御仁、第一のがきファンを公言されるだけあって、わしのことをよく分かっていらっしゃる。

もちろんわしは、ありがたくその話に喰い付いた。







朝5時30分にマリーナ集合

この日は、久しぶりに快晴で、朝日がキラキラと眩しい。


IMG_0027_20160514111849b96.jpg












潮回りから、朝イチにちょとだけマダイをやって、後はチョクリで本命のアジサバ

さっさと釣って、さっさと帰る戦法である。






マダイの時合いは短いので短期決戦

したがって、使う仕掛けは効率性重視の高ラバ


IMG_0035_20160514111855661.jpg












そして、作戦通りにさっさとマダイ


IMG_0033_20160514111854565.jpg











その後、何度かマダイのアタリは出るのだが小さいのか乗らず。

一気にロッドを引っ手繰るようなアタリを見せたのは美味そうな大アジ


IMG_0028_20160514111851357.jpg











秋のベストコンディション時に比べるとやや引きが弱いが、釣って嬉しい魚である。




ここまでほんの1時間

まだまだわしの好調が続いている。






そうこうしているうちに潮が無くなったので、大きくポイントを移動して、本命のアジ、サバ狙い

このポイントは、あまり知られていないが、この時期のAカラーさんの十八番



さっそくチョクリの仕掛けを落としてみる。

水深は60メートルほど




「40メートル付近に反応出たで」と言い終わらないうちにギュンギュンと魚の引き

柔らかいムーチングのロッドが弓なりで、元気一杯のマサバが鈴なり


IMG_0036_20160514111912d3a.jpg











引きが強くてむちゃくちゃ楽しい


群れによってはマサバ
また群れによってはマルアジ

これが空で仕掛けを上げることがないぐらい釣れ続く。


マルアジは、まだ細くてあまり脂が乗ってなさそうなので、できるだけ船べりで針を外してリリース



「また反応出たから、仕掛けを40メートルに合わせて」と言うが、落とす仕掛けが勝手に40メートルで止まりよる。

一瞬で何匹も喰いついて、またロッドが弓なり




その分仕掛けも絡みまくり

「どんどん新しい仕掛けに替えや」と言うが、絡んだ仕掛けを解きながら休憩でもしないといくらでも釣れよる。



もうこれ以上釣ったらあかんって


IMG_0039_201605141119149ba.jpg









仕掛けを落とせば釣れてしまう。
本気で釣れば、簡単に3桁に届くだろう。

このままでは、海中のマルアジとサバを釣り尽くしてしまいそう。



わしらのせいで、「アジ、サバが原因不明の不漁」とか、「遂にアジ、サバが絶滅危惧種に指定」などと報じられたらかなわない。


ここらで打ち止め



さぁ、とっとと帰ろう




晴天のもと、身体の張りが取れぬまま、またしても魚の乱舞を楽しんだ。


IMG_0030_20160514111852d85.jpg








アジにサバは十分堪能したので当分顔も見たくない。

次は、深いところで紅い宝石がいいなぁ・・・







それにしても、最近わしは調子がいい

この絶好調ぶりは、まだ当分続くのだろうか?











あたり前田のクラッカー!!


あたり前田の






























おしまい・・・







ここにきて、再びゲスなタレントの話題で持ちきり
「あざとい」だとか、「可哀そう」だとか
「復帰が早い」とか「ちゃんと謝罪したので復帰を許す」だとか
見ていてほんま、笑ってしまう。
イメージ重視の商品なので、ユーザーざそっぽを向けば価値は無くなるのだろう。
それがわしの釣果に影響するなら問題あるが、ほんまにどうでもいい話
それより東京都民達
曖昧な言い訳に終始して、平気で「説明責任は果たした」などというヤツを怒れ!!
   ↓


にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/725-cedde149
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ