美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなご/明石の「まえもん」 

明石市とは、兵庫県南部に位置し、瀬戸内海に面した人口30万人弱の都市である。


何よりわしら関西のアングラーにとって、その豊かな海の恵み、美味い魚になじみがある。

明石の港には、数々の美味い魚が水揚げされるが、中でも、マダイマダコあなごは明石ブランドとして全国でもその名が通っている。




マダイもいいなぁ



早くマダコを釣って喰いたいなぁ・・・




あなごかぁ

わしはあなごが大好きで、コイツを狙って何度か釣りに出かけたが、なかなか満足に腹を満たすほど釣れない。
やっぱりあなごを腹いっぱい喰うことなんかできないのか・・・と、半ば諦めていたのだが・・・









と、その時




ぴんぽ~ん♪




何と、何と、明石の海から「まえもん」あなごが届いた。



IMG_0002_20160522184753742.jpg









確かに神は居た。




脂の乗った、明石産の焼きあなごがたっぷり1キロ





さっそくいただこう。




まずは、あなご丼


丼に盛った熱々ご飯にやや甘めのタレを回し掛ける。



IMG_0004_20160522184755fcc.jpg








そして、バーナーで表面をさっと炙り、て香ばしさを引き立たせたあなごを贅沢に1本半並べて完成



IMG_0006_20160522184756cef.jpg











決して、うひょひょひょひょ~!!などと言ってはいけない。


ひたすら集中し、ただ心を無にして味わうのみ






美味い!!









その味に、何の説明が要ろうか。



ただあなごとの会話を楽しめばよい。

合間にアサリの赤だしなんかで舌を洗いながら、ひたすら喰い尽くせばよい。


IMG_00011.jpg















まだまだたっぷりと残っている。




翌日いただいたのはこれ

あなごの棒寿司



IMG_00021.jpg











切り分けて、喰う直前にバーナーで表面を炙り、たっぷりとタレを塗ってやる。



IMG_00051.jpg














決して、うひょひょひょひょ~!!などと言ってはいけない。



艶々と光る一切れつまんで口の中へ
そして、ひたすら集中し、ただ心を無にして味わうのみ







美味い!!









その味に、何の説明が要ろうか。

ただあなごとの会話を楽しめばよい。



すると、幸せなひとときが訪れる。


















おしまい・・・









こうして釣れないあなごは、お友達のおかげで十分味わうことができた。
さて、いよいよマダコがシーズンイン
こいつは自分で釣って、たっぷりと味わいたい。
とりあえず、新たにタコ釣り専用機を投入


DSC_0455.jpg

攻めるは今年も「鳥羽一郎」

IMG_0006_20160522184825942.jpg

しかし、決して新しいものも拒まない(^^v

IMG_0008_2016052218482675a.jpg

さぁ、行くぞ!!
  ↓


にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。