中紀コーストパトロール 異常の有無!?

2016.06.11(10:49)

深い所に行きたい・・・


重いジグを300メートルの海底に沈めたい。
そのジグをすぅーっと持ち上げて、すぅーっと差し込みたい。


海底からゴトゴトというシグナルを感じたい。
そして、300メートルを巻き上げる、最後の最後までドキドキしたい。



水面に赤い魚が浮かんだら、キャンタマがキュンと収縮
無事にネットに納まったら、今度は安堵でタマがフッと弛緩して


魚を手にして、福笑いのように、目、鼻、口の位置がおかしくなったような笑顔になりたい・・・





そんな想いで釣行を計画すること数回

しかし、ことごとく悪天候で中止


仕事カレンダーとにらめっこして懲りずに計画

そしてまた中止



そんな数か月を過ごし、やっと沖に出ることができた。



そんなわしに、無理やり仕事の都合をつけて付き合ってくれたのは、チームGACHIの中でも数少ない「中深海倶楽部」池ちゃん






そして今回お世話になったのは、和歌山県は三尾から出船する泰斗丸さん



IMG_0002_20160611093259ca2.jpg










ちょっと氷川きよし似の若き船長は、漁の経験も豊富で潮の読みとポイントに精通し、多くの魚を釣らせてくれると評判


とても楽しみである。







事前の話では、潮が早くて二枚、三枚になり、非常に厳しいという
いわゆる夏潮というやつである。

それでも何とか潮が素直なポイントを探しましょうということ
望むところである。

潮が動いているだけ望みがある。





結構うねりがあり、前後左右にローリングしながら走ること1時間弱







天候は、もちろん快晴



しかし、予想外に風が強い

というか、ボーボーやんけ!!



IMG_0003_201606110933010ce.jpg












水深は、やや浅めの250メートルからスタート



うんうん、それほど潮はややこしくない
これなら十分いける





うんうん、ちゃんと魚も喰って来る。
ひと流しごとに必ずアタリがでる。



クロだがこれも悪くない。



IMG_0004_201606110933163a8.jpg











池ちゃんも、某ブランドの新作ジグを付け、「これ、どないして動かすかわからん」とか言いながら、一投一匹ペースで魚を掛けている。



DSC_0481.jpg
(仕事→釣り→仕事→釣りの生活で散髪する暇が無く、だんだん頭がデカくなってとても重そうだが大丈夫だろうか)














そんな中、ちょっと潮がややこしいかもしれないが、アカムツがよく出るというポイントを見に行くことに




水深は300メートル



重いジグを海底に沈め
ジグをすぅーっと持ち上げて、すぅーっと差し込み

ゴトゴトというシグナルを感じ
ドキドキしながらゆっくりと300メートルを巻き上げ



水面に赤い魚が浮かんだらがキュンと収縮して
ネットに納まった瞬間にフッと弛緩する。






そして、魚を手にすればこんな顔になる。



DSC_0485.jpg








祝! アカムツ!!














楽しすぎる。


しかし、この後潮が止まり、魚が全く口を使わなくなってしまった。

それでも何とかポイントを探るも時折ユメカサゴが掛かるだけ





これにて中深海探索は終了

後半失速したとはいえ、久しぶりに楽しかった。










本来ならここで「おしまい・・・」となるところだが、今回はまだ終わらない。

一旦港に帰り、キャスティングタックルを携えた常連さん達とともに再び沖へ



DSC_0492.jpg










実は、事前に船長からマグロもやるから飛び道具も持って来るように言われていた。
しかし、結局ずっと深いところに居たのでマグロはやらず。


「この後マグロの様子を見に行くけど、よかったら一緒にどう?」というお言葉に、YES!!








メンバーを見れば、「シーズンに入ればマグロのみ」という猛者揃い



IMG_0006_201606110933184c9.jpg









これは、ご当地の釣りを教わる絶好のチャンスである。



こうして、今度は海面監視となった。







ハマチ、メジロ、ヨコワの混成ボイルが出るも喰わず

池ちゃんは、時折ペンペンと飛ぶペンペンと戯れる。



IMG_0007_20160611093319d69.jpg
(むっちゃカッコいいが、頭がデカくてバランス悪そうで本当に大丈夫だろうか)














そうして、結局マグロにプラグを打ち込むことなく日没を迎えた。



IMG_0011_20160611093321683.jpg









日の出から日没まで、実に14時間にも及んだ釣行

初夏の日差しを浴び、爽やかな風を受けながらの海上に浮かび、船長や常連さん達から和歌山のクロマグロについていろいろなことを教わった。



ご当地のタックルや攻め方には少々戸惑ったが、その釣の魅力は十分
機会があれば、態勢を整えて是非挑んでみたい。















おしまい・・・







水深500メートルオーバー!?
メヌケ!? バラ!?
ロッドは!?
リールは!?


イカメタル開幕!?
タコリベンジ!?
がきカブラニューバージョンのテスト!?
夏マサ!?
マグロ!?
仕事・・・
神様、あと一つ、いや二つぐらい身体貰ってもいいですか(^^v
   ↓


にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/732-92fff78d
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ