プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

高松沖鯛カブラ ルーティーンの先にあるもの

ルーティーン


わしらは「ルーチンワーク」というように、「日常業務」を表す意味で普段から使っていた言葉である。

最近は、世間でもこの言葉をよく耳にする。
おそらくそれは、ラグビーワールドカップの試合中の五郎丸選手の行動が注目されたからだろう。


ルーティーンとは慣習の一種で、日常の中で規則的に繰り返される生活様式、つまり一定の手順で行われる行動を意味するもので、日本語では「慣例」と訳される。

元々それは、生活や業務を習慣化し、いちいち頭で考えなくても自然と繰り返されるものであるが、先の五郎丸選手のキックや大リーガーのイチロー選手が打席に立つ際の行動などは、いわゆるパフォーマンスルーティーンと呼ばれるもので、一連の規則的な動きを通じて集中力を高めることを目的とされるものである。








ピピピ・・・  ピピピ・・・  ピピピ・・・

アラーム音で目覚めるが、一度だけスヌーズでやり過ごす。

そして二度目のピピピ・・・でアラームを止めて、起き上がる。



水道の蛇口をひねって頭から水を浴び、そのままごしごしと顔を洗う。
タオルで拭きながら、歯磨きし、テレビのスイッチを入れる。

いつもどおりの動きである。


ここで、西宮名塩に住むメンバーの寝坊の報が入る。
しかし、わしの一連の動きには影響はない。



メンバーが順次集合し、車に荷物を積み込んで予定通りの時間に出発
阪神高速のETCゲートを潜る。

「料金は、930円です」
この金額も、いつもと変わらない

進路を西にとり、順調に走行



途中、神戸淡路鳴門自動車道の室津SAに立ち寄る。
その目的は、併設されたコンビニでの買い物と、う○ちをするため

しかし、ここのコンビニに、365日、24時間居る店員の、比類なき濃さの体毛と眉毛を持つおっさんが居ないことに気付く。

マズい・・・

いつもと違う流れに少しうろたえる。





気を取り直して先に進める。




高松自動車道の高松中央ICで降りる。

目的地までもう少し
ナビの設定を間違えて違う港に向かったり、コンビニで氷や弁当を買い足したり・・・
元々ギリギリの時間設定をしているので、集合時間には間に合わない。

「すいません、AN会長が寝坊しまして・・・」と言う言い訳も、いつもと同じである。





今回もお世話になるのは、高松から出船するポセイドン遊漁船さん



IMG_0001_2016063009125628d.jpg







DSC_0512.jpg











参加メンバーは、チームGACHIAN会長ABちゃんおっちゃんに、CoCo塚さんCoCo地君荻先生クリちゃんを加えた総勢8名
(せっかくなので、全員で一匹長寸を争うプチ大会を開催)







行くぞ!




天候は、分厚い雲が深く垂れこみ、今にもが落ちてきそうだが、いつものことなので気にはならない。



IMG_0007_20160630091258cea.jpg











AN会長の、ライジャケの位置もいつもと同じ



IMG_0003_20160630091257f5a.jpg









船長に状況を聞くと、最近は好調らしい。
前日も、予想どおりのタイミングで活性が上がり、上々の釣果だったという。
しかし、降り続いた汁のせいで、やや汁潮になりそうなのが懸念されるという。

「前日までは好調だったが・・・」というのもいつもと同じ
むしろ、がきカブラVer.Ⅲをテストするには持って来いの状況である。


水深30メートル前後にカブラを落とす。

最近は、濃いカラーでシルエットがはっきりしたカブラがいいらしい。
なので、わしは黒ヘッドに茶系のショートカーリーと、赤ヘッドに赤のストレートネクタイをチョイス

まずはショートカーリーで攻めてみる。



すかさず隣で釣るおっちゃんに、いい引きを見せた50サイズ
いきなり優勝サイズだと騒いでいるが、そんなわけはない。

カブラを見れば、〇〇スライド(市販品)茶系のストレート



そこそこ活性がいいようで、船中でもアタリが続く



IMG_0012_20160630091316417.jpg








DSC_0514.jpg
(この日はこのカブラが大当たりで完全に他を圧倒していた。確かG社の何とかQ・・・)

















もちろんわしも、いつもどおりにコツコツ稼ぐ



IMG_0009_20160630091300080.jpg









IMG_0011_20160630091301141.jpg















しかし、その後潮が動かなくなりアタリが遠のく。
船長も、少しでも潮が通るポイントを順に探ってくれるが、沈黙の時間が流れる。

再び潮が動き出すタイミングに期待するが、この頃から大粒の汁が落ちてきた。



雨雲レーダーを見ると、猛烈に濃い汁雲が接近中
その予報に船中がざわめく。

ド素人達は、あまり汁慣れしていないので仕方がないが、わしにとってはいつもと同じ




そして、遂にヤツが、分厚く黒い雲を連れてやって来た。



IMG_0027_201606300913219b1.jpg














所かまわず、情け容赦なく叩きつける豪雨



IMG_0020_20160630091318994.jpg












悲鳴を上げて逃げ惑う子羊たち



IMG_0028_201606300913225c0.jpg











そんな中で、ひたすらカブラを巻き続けていたのが、本日初カブラのCoCo地君



IMG_0029_201606300913398a9.jpg










ロッドをギャル持ちし、リールをカクカクと三角巻きするところからのスタートだったが、AN会長の愛の指導を受けて見違えるようにスムーズになり、最後には軽くキャストすらできるようになっていた。

特筆すべきはその真剣さ
どんなにアタリが無かろうと、どんなに汁に打たれても、弱音、文句を一言も吐かず、ひたすらカブラを巻き続けていた。


そんな者に、神が微笑まぬわけがない。

待望のアタリを掛け合わせ、見事釣り上げた初マダイは、堂々の60サイズ
(大汁のため画像なし)








その後も汁は勢いを増すばかりで皆の戦意は徐々に喪失


一方、汁の勢いに応えるようにわしの活性も上がってきた。


マダイがさかんにがきカブラVer.Ⅲを噛みに来る。



良型の50オーバーを頭に連発
(これもよく目にする光景)


IMG_0023_201606300913199ef.jpg













そうして、AN会長の口から「グラッチェ」が出て終了

これもいつもと同じである。





プチ大会は、先のCoCo地君の60が最大魚となり、見事栄冠を手に入れた。



IMG_0030_20160630091341eca.jpg








こうして、9時間に及ぶ激闘が終了した。
(林船長、長時間お世話になりました。)











その後、いつものように温泉に入って疲れを癒し


いつものところに向かう。


IMG_0040_20160630091358ac3.jpg








ルーティーンの先にあるもの



それは、源内うどんさんの、大人気メニュー

かしわカレーうどん(これは中盛り)



IMG_0034_201606300913422a3.jpg







和風出汁が香るスパイシーなカレーの汁は絶品



IMG_0036_20160630091344568.jpg









大ぶりの丼に入れられた山盛りのうどんを抱きながら、「永遠に喰っていたい」と思う。

ご馳走様でした。



IMG_0038_20160630091345375.jpg









これが喰いたくて、高松まで足を延ばして鯛カブラをやりに行くのである。
(もちろんウソ、でも半分は本当)













おしまい・・・







この日のアタリカラーは、船長が言うように濃いカラー
特に、赤のストレートにアタリが集中していた。
がきカブラのテスト結果?
もちろん「わしの考え」の正解を証明することができた。
詳細は、また機会があれば書いてみよう(^^v
   ↓


にほんブログ村




スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す