プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

みんな大好き 丹後のマイカ!

イカが好きで、イカ臭~いのが大好きなわしは、シーズンを迎える頃にはそわそわし、仕事も何も手に付かない状態が続く。

そして、今年もイカにまみれてイカ臭~くなる、わしの大好きなマイカの季節がやって来た。


一昔前は、マイカ釣りといえば浮きスッテがメイン
マイカ釣り歴が長いわしも、あれこれと試し、安定してマイカを釣るには胴突き仕掛けに浮きスッテを10本ほど付けた仕掛けを電動リールで微速で巻くのが最良という結論に達した。

その釣りはゲーム性はゼロ 
釣り味を捨てて、ただひたすら美味いマイカを数多く釣ることに特化した釣りであった。


仲間のルアーマンを誘うも、「イカ釣りなんかおもろないやん」と、まったく興味を示さない。

当然である。

そん中、「美味いで! マイカほんまに美味いでぇ~」と釣友を半ば騙すような形で誘ったものである。



しかし、時代は変わり、今や「イカメタル」というジャンルが完全に確立された。
新しいもの好きのルアーマン達は、挙ってタックルを新調し、目の色変えてこの季節モノを追うようになった。
油断をしていると、週末は予約が取れないほどの人気ターゲットとなった。


その様子を見る限り、マイカ釣りの魅力とその美味さを伝えるわしの、伝道師としての役割は終わったようであり、ある意味感慨深く感じるものがある。






前置きはこれぐらいでよい。

周りがどうであれ、この先もわしのマイカ好きが変わることは無い。





ということで、シーズン初のマイカ釣りに出掛けた。


メンバーは、職場後輩のなかみっちゃんと、うっちゃん
それにKeitaroの同僚のホガキカズミちゃんの総勢6人



お世話になったのは、丹後は浅茂川港から出船するPRECIOUS(プレシャス)さん




IMG_0005_20160704202748747.jpg


















未だ丹後のマイカ釣りの船が定まらず、いろいろ探して見つけた船である。
若い船長に、「去年もやってたか?」と聞くと、昨年のイカシーズン終了後に就航したという。



少し早目の15時30分に出港





天候は、梅雨とは思えないような快晴で、眩しい日差しが降り注ぐ。



IMG_0007_20160704202750cca.jpg










「がきさん、今日はカッパ要りませんよねぇ?」と尋ねる者が多かったが、そんなことはいちいち聞かず、自分で判断すべきである。
(誰と同行すると思ってるねん)




同行のホガキカズミちゃんは、今回初のイカ釣り

何とかその面白さを分かってもらおうと、また美味いマイカを1パイでも多く持ち帰ってもらおうと、ポイントに打擲するまでの間、ひとときのわしの船上レクチャー





約30分走ってポイントに到着

アンカリングしたのは、水深40メートル弱で、波風は穏やかで、潮もそれほど速くなく、イカメタルとしては釣りやすい条件


暗くなり、ライト点灯してからが本番なので、それまではめいめいにイカメタルの操作の確認



IMG_0009_20160704202751bf3.jpg









そんな中、「フォール中にアタりましたわ」と、幸先よくKeitaroにヒット



b467ef_a733c487b5194be482f015034926f19a~mv2_d_3840_2160_s_2








Keitaroは、昨年初めてマイカに挑み、抜群の釣りセンスを発揮してそこそこの釣果をあげていたが、ここでも真っ先にマイカを釣り上げた。

寡黙な中に貪欲な向上心を持ち、なかなか侮れない男である。



一方初心者のホガキとカズミちゃんは、徐々にタックル操作にも慣れ、見る限りいつアタってもおかしくない感じ。

とりあえずわしが見本を見せて、イカメタルをイメージしやすくしてやろうと思った矢先

「何かきましたわ」と言いながらカズミちゃんが巻き上げる。



じゃじゃ~ん!


IMG_0011_2016070420300298d.jpg






こうして難なくカズミちゃんに初マイカ







とはいうものの、この日の状況は・・・

決してよくない。




まず、ベイトの反応が多い割にマイカが浮いてこない。


アタリが出るのは、水深37メートルで、終始30メートル前後

パターンも一定せず、巻き、フォール、止めのいずれにも反応するも、同じパターンが2度続かないというのがこお日のパターン


それでも、みな手を尽くしてポツポツとアタリを拾っている。







うっちゃん



IMG_0015_20160704203005229.jpg











なかみっちゃん




b467ef_c019b4ff11ab493b8392d65219226c50~mv2_d_3840_2160_s_2










ホガキ




b467ef_4828cc16dac34e888097ee3edbf779e8~mv2_d_3840_2160_s_2










わし



b467ef_434db0d790204f30bd380fcaf9a092cc~mv2_d_3840_2160_s_2










しかし、なかなかペースが上がらない。

明確な時合いもなく、アタリタナもなく、アタリパターンもなく・・・



あれこれ手を尽くすも、決めて手も無く、つい集中力を欠きがちになる。







二桁にも届かないのか・・・


絶望的な思いで天を仰いだら




ポツ



ポツ、ポツ



ポツ、ポツ、ポツ



じゃ、じゃ、じゃ、じゃ~!






いきなり大粒の汁が落ちてきた。






あっという間の大汁である。



IMG_0024_20160704202807cb2.jpg







ここから、なぜかわしに連発




巻き上げでホイ



フォールでホイ



止めてホイ



ホイ


ホイ


ホイ



が水中に沁み込んで、底に潜むマイカに伝播したのか

汁の作用により、マイカの脳から大量のエンドルフィンが分泌されたのか


そして、わしの操るメタルスッテの動きに共鳴したのか・・・




その理由は分からないが、土壇場で天はわしに味方した。





おっともう一人



最初にマイカを釣って以降、まったく釣果が伸びず、隣で順調に数をのばしてキャッキャとはしゃぐ、ホガキとカズミちゃんを恨めしげに見ていたKeitaroが、にわかにロッドを曲げだした。

その追い上げには鬼気迫るものがあり、溜まった鬱憤を一気に吐き出しているように見えた。



聞けば、突然脳内で何かが弾けたという。

この者も選ばれし汁男なのかもしれない。






最終的に、トップでも15ハイという貧果
しかし、幸いにもサイズが揃っていたのでお土産には十分


それにしてもマイカ釣りは難しい。
わしのマイカ釣り歴は、かえこれ15年

しかし、未だに「これ」っという決め手を見つけれずにいる。
だから、面白いのかもしれない。





ああ~
マイカ釣りに行きたい。

















おしまい・・・









帰宅後、釣果の中から頃合いのマイカを1パイ捌く
そして、キンキンに冷えたビールと共に


IMG_0002_20160704213931834.jpg

わしは、このためにイカ釣りをしている。

IMG_0008_20160704213932514.jpg

もう何も要らない。
AM4:30
おやすみなさいzzz
   ↓


にほんブログ村





スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4684:がきさん by Kazuhiro on 2016/07/05 at 05:27:44

お疲れ様です。
そういえば自分たちの出会いはマイカ船でしたね。あの時のように今年もマイカ当たり年になればいいですね。また、秘策のレポートもお願いしますよ!

4685:Kazhiroさま by がき on 2016/07/05 at 09:27:39

もうずいぶん前のことですね。
あのときは、手巻きのスッテ仕掛けでよく釣れました。
最近は、好不調の波が激しく、シーズンの中盤以降尻すぼみになるような気がします。
秘策ですか・・・
結局やり通すことができませんでした(^^;

▼このエントリーにコメントを残す