謎の現象Ⅱ

2009.12.19(22:03)

先日の、ハマチの身が奇妙な状態だった話の続編である。

皆さんから、いろいろと教えていただきながら、その道のプロ(自治体の水産課、大学研究所、漁業協同組合)にも問い合わせてみた。

しかし、これはかなりレアな現象のようで、事例が少ないせいか明確な答えは見つからなかったが、その中で「自分は見たことが無いが、よく似た事例が紹介されている・・」と某大学の水産研究所の方に愛知県の食品衛生検査所のホームページを教えていただいた。


引用すると

① カンパチの身の中に黒色の異物が点在している。
 ⇒ ブリ糸状虫の死骸の一部が身の中に取り残され、変性・萎縮したものと推定する。
② カンパチをさばいたところ、体腔内に黒い膿状の物質が付着していた。
 ⇒ 当該異物と血合い部分を対照としてヘム鉄の検査を行ったところ、異物、対照共に文献データの吸収スペクトルパターンが一致したため、当該異物はカンパチ体内での出血後の凝血像と推定する。

この2点がかなり当てはまると思う。
血液が凝固したものならば、成分分析をすれば分かるのも理解できる。

いただいたコメントの中にもビンゴなものがあった。
さすがである。

わし的には、事例の少なさから②ではないかと推測する。

また、新事実がわかれば紹介したい。

この件に関してコメントをいただいた皆さま及びご協力いただいた機関の皆さまにお礼を申し上げます。
(某自治体の水産課には黙殺されたが・・・



おしまい・・・



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント
がきさん、こんにちわ(^o^)丿
あれ以降も調べてはったんですね!
確かに、さばいて先日の写真のような状態だったら気味悪いですし、体に害を及ぼすものとかだったら安心できないですからね!
これで、私もがきさんのお陰で賢くなりました!
ありがとうございますv-238
【2009/12/20 12:38】 | えんばどん #ZsvL8H96 | [edit]
大寒波、北の大地は大丈夫ですか?

結局、コレっていう答えが見つかりませんでしたが・・・
でも、寄生虫とかについて、いろいろ調べましたが、有名なアニキサス以外はほとんどが「食べても人体には影響なし。」のものでした。
でも、自然界の生き物なので、ある程度は共存しないいけないですね。
また、わかったことがあれば、お知らせしますね!
【2009/12/20 20:30】 | がき #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/75-0adfc059
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ