明石沖でケンサキイカに癒されたわし

2016.09.01(20:20)

前々から予定してた釣行が、大型台風によってキャンセルになった。

当初は29日の予定だったが、台風の進路や風予報から中止が濃厚
なので、31日にシフトして臨んだが、それも風が残ってアウト

どうも同行者の中にとんでもない荒男が居るようである。




せっかくの夏休み、このままどこにも行けずに終わりそうな可愛そうなわしを救ってくれたのは、愁輝丸船長のアッキン

「がきさん、明石でケンサキイカよう釣れと~で」



毎年晩夏から早秋にかけて、一時明石に姿を見せるケンサキイカ
それが今年は少し早くに入ってきて、また群れの規模もかなり大きい様子

サイズはヤクルトサイズが中心だが、中には胴長30センチを超える大型、いわゆる「がきさんサイズ」も混じるという。

このケンサキイカが日本海のマイカや和歌山のアカイカと同種かどうかは分からないが、明石でケンサキが釣れるのは、お手軽でありがたい。



この日はまだ台風の風が残るようで、とりあえず16時ごろに出船可否が決まる。
そして、アッキンから「GO!」の連絡



行くぞ!







「何でもいいから竿を出したい」と参加したのは、CoCo塚さんKeitaro

そこに、ダイキツバサゆういちろうの地元アングラーも久しぶりに顔を見せてくれた。







出船の19時にはもう薄暗く、すでに秋の気配を感じる。



IMG_0001_201609011951073ff.jpg












さて最近の釣果だが、差はあるものの平均30パイ程度
手返しよい者なら100パイ近く釣るらしい。

本場日本海でイカメタルをこなすわしにとって、明石のケンサキなど敵ではないと勢い込んで乗り込もうとしたところ、アッキンから待ったがかかった。



やはりご当地の釣り方があるという。




まず狙う水深はだいたい5~15メートル

え!?



胴突き浮きスッテ仕掛けが有利

え!?



胴突きの枝間は○○センチ

え!?



使うサイズは、エギなら○号、スッテなら○号

え!?







イカメタルでもいいけど、数釣れるのは、やはりご当地の仕掛けがいいらしい。

望むところである。



イカメタル導入こそ出遅れたが、もともとわしのイカ釣り歴は長い

浮きスッテなど最も得意とするところである。








出船時には残っていた風も、沖に出ると急激に落ち着いた。




まずは水深15メートル前後を流す。

仕掛けを落とし、「誘いとかした方がええんか?」と聞く間もなく竿先が入る。
よく分からんまま最初の1パイ



IMG_0002_20160901195108621.jpg









先に出港した僚船からは、「台風で散ったのか、イカおらんようになった」という連絡


そうなのか?








しかし、いいラインに入れば船中をイカが舞う



底中心に、ゆっくり誘いあげたりステイしたり

大きくしゃくってフォールを入れたり

ぼ~っと放ったらかしにしていいたり






クンクン



クイん



パチン



ぎゅん






いろんなアタリで次々と乗ってくる。






Coco塚さんKeitaroも最初は戸惑っていたが、すぐに要領を掴んでこのとおり



IMG_0006_201609011951115de.jpg











さすが地元の名手達も、コンスタントに竿を曲げている。



IMG_0005_201609011951104f0.jpg














わしも小型中心ながら、何とか数を重ねる。

結構おもろい



明らかに小型なのだが、水深が浅いためかサイズ以上の引きを見せる。









そして、23時前


ポイントを移動して最期のひと流し




すると、艫のツバサがきさんサイズ



1472663308873.jpg













「そのサイズが釣れたら嬉しいねぇ~」と羨ましがっていると、わしにもいいアタリ



これも嬉しいがきさんサイズ



1472663302490.jpg














Keitaroもすかさずがきさんサイズ



1472663293375.jpg
(釣れたらもっと嬉しそうな顔をした方がいい)











またまたわしにもダブルがきさんサイズ



1472663298417.jpg













しかしCoCo塚さんは、リールにトラブルで残念ながらがきさんタイムに参加できず。







そして、23時過ぎに終了


結局わしは40パイと、今シーズンで1番の釣果を揚げることができた。


荒天、荒天続きで諦めかけていたときに、明石のケンサキイカがわしを癒してくれた。

優しいケンサキイカに満足し、帰路に就くことができた。



1472663262679.jpg









1時間と少々で帰宅して、至福のときを迎えることができる。

これも癒しのひとつである。




















おしまい・・・










やいやいカカァ
わしが喰おうと思って冷蔵庫に入れていたイカに砂糖塗しやがって
しかも頼みもしないのに、しこたま味の素まで振り掛けただろ!?
せっかくのイカが台無しじゃねぇか、一体どういう料簡でぃ!?

やいやいやいやい、何言ってやがんだい、このおたんこなす
砂糖? 
味の素?
てめぇはイカの味も分からねぇのかい
そんな奴はよっちゃんイカでも喰ってやがれ

マジかカカァ!?
イカの甘み、旨みってぇのはこんなに凄いのかい!?
これが釣りたてのイカの味だってのかい!?
おったまげたなぁ~


IMG_00021_20160901195113b63.jpg

IMG_00041_2016090119512487e.jpg

IMG_00071_20160901195126801.jpg

1時40分
おやすみなさい・・・
   ↓


にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/753-5de62812
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ