プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

トッププラグ用のシングルフック作成

キャスティングでは、とにかく魚がよくバレる。

ジギングでは、ちゃんと掛かってっからバレるのは、フックのせいだという。
まぁ、掛かりどころにもより、一概には言えないだだろうが理解できる。



プラグを用いたキャスティングでバレるのもフックの要因は大きいと思う。

ただ、キャスティングで使用するはほとんどがトレブルで、フック選びはジギングほど選択肢が無い。
なので、バレはフックの良し悪しよりは、そもそもトレブルの構造的なものなので、ある程度は仕方がないのかもしれない。



トッププラグのシングルフックについては、かなり以前から試されている。
しかし、そのメリット、デメリットがよく分からず、またどのようにセットすべきかが分からないまま、トレブルを使っているというのが一般的だろう。


シングルフックの特徴としてよく聞くのが、「トレブルに比べて乗らないが、乗ればいい所に掛かってバレにくい」

それは、何となく理解できる。


流行りモン好きのわしは、当然それに喰い付いてフックを買うには買ったが、イマイチ信頼できず、無難トレブルを使っているというのが現状である。







そんな中、先日の玄界灘夏マサ釣行では、本場に乗り込んで、フックのセッティングについて船長や地元のエキスパートからいろいろと教えてもらうのも目的のひとつ

船に乗って積まれたロッドを見れば、予想どおりプラグにはシングルフックが付けられていた。
それらをひととおり観察したうえで、船長にいくつかの疑問をぶつけてみた。




「やっぱりシングルフックがいいんですか」

「それは、●×%◆#やから絶対にシングルがいい。今やトレブルでヒラマサやるなんてあり得ない」





「フックは、単体か、抱き合わせのダブルのどっちがいいんですか」

「それは、▽&□◎Ωやから抱き合わせがいいが、まだまだ検証の余地がある」





「シングルフックは、直付けと、アシストラインを介するのとどっちがいいんですか」

「それは、&■△∞$やからおのずと答えは出る」





「結局この形がベストなんですか」

「◎δ●#×・・・・・」
(船長のロッドに付いてたプラグとフックについて尋ねると、某社に頼まれてテストしているといい、ここには書けないテストにまつわる裏話も聞くことができた)








このプラグは、つい最近こんな形で製品化された。



14224841_604812423026724_5211317245116751263_n.jpg
















そうそう、わしはまた休みを台風に襲われた。
何とか釣行できないかと悪あがきをしてみたが、残念ながらすべてキャンセル


ぽっかりと時間ができたので、トッププラグ用のシングルフックを作ってみることにした。







まず、既製のフックを買ってきて、その構造、重さ、バランスなどを観察



IMG_0006_2016090818264670c.jpg















今回作るのは、これをベースに抱き合わせダブルと単体の2種類



ほとんどのメーカーは、主にそのプラグのフックバランスをカルティバのST-66で表しているのはご承知のとおり。

オフショアでのキャスティングで使用するサイズは、ST‐66の2/03/04/0ぐらい

フック単体の重さは、それぞれ約5グラム7グラム9グラム
なので、その重さを目安にフックを作ってみた。



IMG_0004_20160908182645130.jpg










フックは、バンフックのブルーバックスショット5/0と4/0に、ブリッジのオートセットフック#26
アシストラインにシャウトのブルーアシストPEの200Lb







それらを組み合わせ、こんな感じで完成



IMG_0008_20160908182648f3f.jpg













4/0相当



IMG_0011_2016090818264909a.jpg










IMG_0015_20160908182703658.jpg















3/0相当



IMG_0012_201609081826516a5.jpg










IMG_0018_20160908182704350.jpg
















2/0相当



IMG_0014_2016090818270187c.jpg











IMG_0019_201609081827065ec.jpg










IMG_0021_20160908182707f3a.jpg
















トレブルに比べてややゴテゴテ感があるが、その分掛かりもよさそうな気がする。





フックを取り付けたプラグを手に想像してみる。

プラグの後ろから、横から背びれを出してガボンと飛び出してくるナイスサイズのヒラマサ
「出たっ!」
派手な水柱のあと、やや置いてティップが引っ手繰られる。
その後は、ひたすら暴力的な引きを全身で耐える。










あっ、ちょっと漏れた・・・




















おしまい・・・










先日、台風の影響が出る前の一瞬をついて沖に出た知人が見事キハダを釣り上げた。
それは、40キロオーバーの良型
実はわしも、2年前からタックルを整えて、虎視眈々と狙っている。
しかし、ついつい目先のイカや魚を追うのが精いっぱいで、「夢」を「夢のまま」で置いている。
それはいけない。
追わない「夢」が叶うわけはない。
信じて追う者だけが手に入れることができるのだろう。
まだチャンスがあるのなら、わしも追ってみるかと思う。
とりあえず、まずは身近なところから(^^v
   ↓


にほんブログ村



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す