びよよよよ~ん 田辺沖のエビング

2016.09.17(11:49)

今や勤務体系が違い、ほとんど一緒に釣行できなくなった同僚の中みっちゃんと、久しぶりに休みが合った。


どこか行こう!

すると、何を思ったか、前回の丹後マイカ釣行丸ボウズを喰らった副ちゃんも、「ボ、ボクもイク」と参加を表明





どこにいこうか



紀北や明石も賑やかだが、レンタルタックルを主な武器として戦う副ちゃんにとって、多くのタックルが必要となる海域は厳しい。





そこで、わしからの提案

実は今年は4年ぶりに、田辺沖に浮かぶ波浪ブイ周りのエビングが好調だという。
先日の大型台風により大型のカツオの姿は減ったが、ビンタ(キハダマグロの幼魚)が連日姿を見せている。


エビングなら、ワンタックルで、ジグなどもそれほど多く準備しなくてもいい。
何よりも、ビンタならボウズの心配もない(と思う。)



よし、エビングに行こう。







ここで、エビングについてご存知無い方のために少し説明を



「エビング」だからといって、何も海老を釣るものではない。
名前の由来は、オキアミに付いた魚をオキアミに模したワームを使って釣るからだと思う。
何でもかんでもINGを付けようとする、釣り業界らしいネーミングだが、今やその呼び名と釣法は広く浸透している。

仕掛けは、リーダーの先にジグを付けたストレート天秤を結び、60lbのエダスを約2ヒロとって、
エダスの先に、ヒラマサ針13号を結んで専用ワームをチョンがけにしたら完成


とてもシンプルな道具立てなのがいい。


これをジギングのようにワンピッチでしゃくるだけ
4年前のエビングでは、要領を分からぬままバンバン釣り上げた。







今回お世話になったのは、波浪ブイまで最短距離の田辺市から出船するジャンボさん



IMG_0024_20160917093637a39.jpg












まだ暗い午前4時半に、8人のエビンガーを乗せて出港



IMG_0001_201609170935577d0.jpg













ベタ凪の海を走ること1時間弱
ポイントに到着するころには、空も明るくなっている。




これが、波浪ブイ
(正確には、白浜沖約17キロメートルの位置に設置された和歌山南西沖GPS波浪計)



IMG_0004_2016091709355800d.jpg












ここはパヤオのように、水深200メートルに設置されたブイの周りに小魚が集まり、それを捕食するために回遊魚が集まるというもの
ターゲットは、カツオに小型のマグロ類
これらを狙う釣り船が、撒き餌として連日大量のオキアミを撒くため、ジグなどのルアーには反応しなくなる。

だからエビングの出番となるわけである。




最近の状況を聞くと、ビンタ中心によく釣れているが大型のサメも多く、魚を掛けてもほとんどサメの餌食となるらしい。
もともとバラシの多い釣りなので、キャッチ率が非常に悪いという。


まぁ魚の活性が高いのはいいことである。





それ程潮も早くないため、わしは160グラムのジグをセット
事前にワームは多数準備でより取り見取り



IMG_00061.jpg









やはりここは、鉄板のピンク系から様子を見ようかとパッケージを破ったところで船長からダメ出し

聞けば、色付きは喰わないという。
クリアケイムラがいいという。

まずこの時点でアウト
準備したワームは、オキアミに似せたピンク~オレンジがメイン


しかも、ワームのサイズは1インチ以下と、ここでもダメ出し





気を取り直し、写真右上のネオンピンクのDRスティックのクリアなテール部分をカットし、ハサミで全体的にボリュームを落として使用することにした。








タナは、水深20~40メートルの間
仕掛けを50メートルほど落として10メートルぐらいまで巻き上げてくる。


巻き方は、しゃくり幅を抑えたややハイピッチ
フォールはほとんど喰わないらしく、イメージとしては電動で巻き続けながらしゃくりを入れるという感じ




すると、さっそくわしにがツンとヒット
しかし、すぐにバレ



活性が高いのか、いい群れなのか、船中ボツボツとアタるもバラしが多い。






それでもビンタが顔を見せて活気付く。



IMG_0013_20160917100832e29.jpg











前回ボウズ副ちゃんも、見よう見まねでしゃくっている。





喰った!!



IMG_0015_20160917093617dab.jpg








IMG_0016_20160917093618400.jpg











が、残念ながらバラし


でも、最初はぎこちなかったしゃくりも、徐々にそれなりになってきた。







すると・・・




喰った!!



IMG_0015_20160917093617dab.jpg








IMG_0016_20160917093618400.jpg










が、これも残念ながらバラし




前回ボウズの副ちゃんは、何とか魚の顔が見たいところ

しかし、わし的にはブログの構成上「今回もボウズ」の方がおもろいのだが・・・





中々魚が釣れず、前回ボウズ副ちゃんの口数がだんだん減ってくる。

「頑張れよ! 集中力を切らすなよ!」と、わしは半笑いで激を飛ばす。








すると



前回ボウズ副ちゃんに久しぶりのアタリ



IMG_0015_20160917093617dab.jpg








IMG_0016_20160917093618400.jpg










ここまでは何度か見ているが










前回ボウズ副ちゃんも、今度は見事に釣り上げて満面の笑み



IMG_0017_20160917093620055.jpg





















それはそうと、乗船時からずっと気になっていることがある。






何か居るのである。








IMG_0009_20160917105448be6.jpg













しかも、そいつはわーわーとうるさい



IMG_0019_2016091709363347b.jpg














その後ろ姿をどっかで見たことがあるなと思ってたら・・・



IMG_0011_20160917093614811.jpg














な、なんや、ひとみオババ姐さんやん!





実は前に、「がきちゃん、どっか釣りいこうよ~」という話をしていて、この日のエビング釣行を伝えていた。
しかしこの日は都合が合わず、同行がお流れになったのだが、何となく妙な気配を感じていた。

聞けば、急きょ釣友を募って同行し、わしを驚かせてやろうという魂胆だったという。





前夜、うなされた夢が正夢となった。



1474006528307.jpg











餌食となって急遽呼び出されたのは、手下?のつーちゃん

聞けば、以前わしがブログで姐さんの居酒屋を紹介したとき、そのブログを見て来店したのだという。
それ以来、姐さんにとっ捕まったらしい。
ジギングが大好きで、旺盛なボランティア精神をお持ちのつーちゃんとは、是非わしも今後お付き合いさせていただきたい。








さて話を戻そう。


状況は、非常に厳しい。
モーニングタイムには一瞬潮が動き、魚も口を使ったのだが、その後は潮が止まってサッパリ


ぽつん、ぽつんと思い出したように喰うものの、相変わらずバラシが多くで数が伸びない。
しゃくり幅、スピードといろいろ変えて試すのだが手も足も出ない。






そうして、状況が好転しないまま10時に終了







厳しかった。




8人でたったこれだけ



IMG_0021_20160917093634c0b.jpg










結局竿頭は8本




初エビングの中みっちゃんは、健闘して5本



IMG_0022_20160917093636b65.jpg







「あ~、結局ビンタ1本3000円や」とうるさいオババ姐さんは4本



147400400074776365177_IMG_0098.jpg
(つーちゃんは、「あんたは1本12000円やなぁ!」と言われて苦笑い)










もうブイ周りのエビングは終わりかと思ったが、魚はまだまだいっぱい居るらしい。
潮次第であだまだ狙えるらしい。






田辺沖のエビングは、近場ながら、南国パヤオのような雰囲気を感じながらの釣り。
機会があれば、また訪れたい。




















おしまい・・・











さて、お楽しみのモチビンタ
釣り上げればナイフを使わず、船べりでゴチン
血抜きもせずにそのままクーラーにイン
そうすることにより、幼魚も美味く喰いえるという。
帰宅後早速刺身にしてみた。


IMG_0001_20160917093650f66.jpg

う~ん、見るからにもっちもち!

IMG_0008_201609170936525ef.jpg


合わせるのは、生姜醤油とニンニク醤油

IMG_0013_20160917093655728.jpg

IMG_0015_20160917093656d8b.jpg

どちらも美味い!
その肉質はモチモチでねっとり
旨みこそ少ないが、この魚は口当たりで味わうものである(^^v
   ↓


にほんブログ村










スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/756-3367dd1a
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ