プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

タチウオ喰うか喰うか!?  喰う喰う!!

久しぶりに義妹が遊びに来るという。


せっかくなので飯喰っていけという。
「何か美味しいもんあるか?」というので、「タチウオあるけど喰うか?」と聞くと、ふたつ返事で喰いついてきた。





では、お口に合うかは分からないが、ひとつタチウオ料理をご馳走しよう。

とはいうものの、大半を塩焼き用に捌いて実家に置いてきたので、手元にあるのは刺身用(とはいってもF4サイズ)




タチウオ喰うか喰うか!? 

喰う喰う!!





まずは刺身から味わってもらおう。 


皮付きのままのタチウオを盛り付けて



IMG_0038_201610111144479e4.jpg








IMG_0039_20161011114448866.jpg













それをバーナーで炙ると、チリチリと香ばしい煙を上げながら身がそり返る。



IMG_0047.jpg










そして、どぼどぼとポン酢を回し掛ければをこうなる。

タチウオの鏡面造り



IMG_0048_20161011114453969.jpg








さぁ、喰え喰え!!







今度は皮を引き、筋に沿って棒状に切ってやる。


タチウオの拍子木造り



IMG_0040_201610111144500b5.jpg









さぁ、喰え喰え!!








刺身にした尾の部分は唐揚げ

この喰い方は、わしのオリジナル
もともと甘酢で南蛮漬けにしていたものを、めんどくさいのでポン酢を使う。
なおめんどくさいので、揚げたしりから油を切らずにポン酢を入れたタッパにジュっと放り込み、タッパの蓋を閉めて振り回してポン酢を絡めてやる。


タチウオの唐揚げポン酢



IMG_0051_20161011114511e0c.jpg







さぁ、喰え喰え!!




唐揚げに、小麦粉を使えばサクッとなり、片栗粉を使えば餡のようになる。
お好みで使い分ければいいが、いずれもポン酢がよくしみて美味い








タチウオはここまで


次は、外道のイシモチ

結構型がよかったので、何か酒の肴にでもと持ち帰ってきた。

これを三枚におろし、昆布で包んで冷蔵庫へ



イシモチの昆布締め



IMG_0056.jpg









さぁ、喰え喰え!!




よくイシモチはの身は柔らかいというが、いい感じに昆布で締まり、しこっという歯ごたえ。
しかも昆布がいい仕事をしており、山葵醤油にあわせてやるととても美味い

合格である。





義妹も美味い魚料理に満足した様子

ただ、このタチウオ、もちろん十分美味いのだが、わし的にはやや物足りない。

いつものような、むせ返るような旨みを感じないのである。
サイズもあるだろうが、あまりいいエサを喰っていないのかもしれない。
いいエサが居ないのかもしれない。

エサが居ないから釣れないのだろうか
エサが居ないからそれほど身が肥えず、旨みが足りないのだろうか


大阪湾のタチウオも、そろそろ状況が上向いてほしいところである。




















おしまい・・・








先日、少し時間があったので黒門市場をのぞいてみた。
ちょうど昼時と重なり、市場には多くの客で溢れかえっていた。


DSC_0583.jpg

客の大半は外国人観光客で、彼らの目的は明らかに買い物ではない。
市場の店(鮮魚店)のほとんどがイートインスペースを設けたり、寿司や魚介類などをテイクアウトできるように陳列されている。


DSC_0585.jpg

付けられた値段が高いか安いかの判断はお任せするが、それらは次々と売れていく。

DSC_0588.jpg

外国人観光客による国内消費をインバウンド消費やインバウンド需要といい、日本経済に大きな影響を与えているのは事実である。
日本の美味いものを喰いたい外国人観光客と、儲けたい店との利害が一致する。
しかし、フードコートのような状態となった市場で、わしの目には特段の接客を要さずに商売をする者達の目が死んでいるように映った。
それはそうと、インバウンド消費により生ずる大きな利益で一体誰が潤っているのだろうか。
経済効果は限定的なのか、日本の経済は一向に好転を見せない。
かつて誰もが永遠に続くと信じたバブルが弾け、巨額の負債が生じた。
大してバブルの恩恵を受けなかったわしの給料も、長い不況のせいで未だ減額され続けている。
誰もが続くと信じるインバウンド消費が衰退して再び不況が訪れたとき、そのあおりを受けるのは、もう御免である(^^;
   ↓


にほんブログ村







スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す