プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

丹後沖 何が何でもヒラマサ

今年の丹後はヒラマサが多いのか、高確率でその釣果が見られる。


丹後で狙ってヒラマサを釣りたいと、わしはそのタイミングを計っていた。
また、丹後では珍しいキャスティング便(人数限定の乗合)を出す、前から気になってる船がある。






というわけで、舞鶴市から出船するノースポイントさんにお世話になってきた。



IMG_0001_20161019085957ad5.jpg















事前に船長から聞いたところ、最近ヒラマサはやや下降気味だという。
まだ水温が高いのと、潮の動きが悪いのが理由だが、そろそろ喰いだしてもおかしくないという。



もともとトップのヒラマサなぞ博打と同じ。
1日投げ続けて1発も出ないことも多く、釣れたら儲けものである。

それが嫌なら手を出すべきではない。


必ず出ると信じて投げ続け、何も起こらず1日を終えても充実感を得る。









お土産!?

欲しけりゃ舞鶴とれとれセンターにでも行けばよい





ジギングタックル!?

そんなもん束ねてキャビンにでも放り込んでおけ






今日は、思い切り投げてやる。
肩が抜けるまで投げまくってやる。



新しく揃えたプラグの動きも見たい。
シングルフックの掛かりやバランスも検証したい。

必ず出ると信じて1日中投げ続けてやる。









ポイントは、水深30メートルぐらいから3メートルの瀬まわり
それを、ラインをズラシながら丁寧に流していく



IMG_0004_20161019085958ccd.jpg







この日は潮も効き、ベイトの反応もあっていい気配を感じる。





乗船者は、わしを入れて4人

じゃんけんで釣り座を決め、1時間ごとにローテーションするというルール





皆一斉にキャスト


ビシっとロッドを振り抜く
ラインスラッグを上手くコントロールしてプラグを潜らせる。

水を噛んだプラグは水中で泡を纏いながら、魅惑的にボディをくねらせる。

そして、ポンと直立に浮上した瞬間



ガボっと・・・




出ない。





いい感じに潮が動き、時折ベイトがパチャっと跳ねる。
海面もややざわつき、いつ出てもおかしくないシチュエーション



出る。

必ず出る。





全員がそう信じて一心不乱に投げ続ける。



13時00分
ここまでノーバイト



やや表情に疲れが浮かぶ者も居る。
やや表情に諦めが浮かぶ者も居る。


ここでロッドを振るのを止めれば終わってしまう。
投げなければヒラマサが出ることは無い。


次、次こそ出ると信じなければ、決してヒラマサに会うことはできない。





しかし、次第にわしの両腕の筋肉には乳酸が溜まり、肩が悲鳴を上げる。
それでもフルキャストを続けるも、手首に関節を引き裂くような痛みが走る。



もういいのでないのか

何故そこまでして・・・



と人は思うかもしれない。



しかし、ここで止めるわけにはいかない。

たとえ、わしの選手生命が終わろうとも
も二度と投げることができなくなろうとも


今日という日を悔い無く終わるためにも止めるわけにはいかない。
最後の一投は、この海で終えたい。



それがわしの男気である。








と、その時






視界が霞み、もはや気力だけで引き続けるBC‐γ75‐190の後ろから派手な水柱とともに襲いかかった



IMG_0006_20161019090000adc.jpg









のではなく、





水深90メートルのボトム付近でジグに噛みついたのは



IMG_0008_20161019090056c55.jpg












丹後では良型といえる87センチのナイスなヒラマサ




まさに執念のヒラマサである。










えっ、トップはどうしたって?

いやいや、釣りは釣ってナンボである。



image_2016101908595574b.jpg
























おしまい・・・








何やらピコ太郎という者の動画が話題になっている。
見ると確かにパンチがあって妙にオモロイ
そのピコ太郎が先ほどスッキリという番組に出演し、「ペンパイナッポーアッポーペン♪」と生唄を披露していた。
いくら動画再生回数が増えてもテレビに出なきゃ金儲けにならぬのかと思っていたら、何と動画再生による広告料として約2500万円支払われているという。
いきなり旬を迎えた感じである。
元々下積みの長い芸人さんらしいので、一発で消えないように頑張ってほしい。
何ごとも、信じて続けることが一番なのである(^^v
   ↓


にほんブログ村




スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す